Web関連

セーラームーンのリメイク版はなぜヒットしたのか?

誕生から20周年を迎えるセーラームーンのリバイバル版「セーラームーンClystal」にドハマリして、毎晩寝不足の日々を送っているIA佐藤です、こんにちは。
今年の新入社員に聞いたところ、セーラームーンという名前は知っていても、実際のアニメを見たことが無いそうです。時代ですね。
今回は、そんな大好きなセーラームーンをテーマに、成功要因とそのマーケティング手法を結び付けてみました。

時代錯誤のコンテンツなのに、なぜ売れたのか?

remake15022101.jpg

セーラームーンといえば90年代の日本を代表する国民的大ヒットアニメのひとつ。
そうは言っても20年前のコンテンツだし、時代背景も今と全く違うバブル期で、ネットも無ければメールもない。恋人との通信手段は固定電話か文通。
いまどきの萌え萌え~?なアニメと比べると古臭いキャラデザインです。いつ見ても主人公・月野うさぎの前髪の造形は奇怪で仕方ない・・

ところが、セーラームーンをテーマにしたコスメやランジェリーなどの関連グッズは即完売、2014年にニコニコ動画から配信されたリメイク版アニメは全世界同時発信で再生数はうなぎ上り。

なぜ、20年前のアニメが、今になって大成功を収める事ができたのでしょうか。
そこには綿密なマーケティング戦略があったようです。

【1】ターゲット層を絞り込むこと

remake15022102.jpg

今回のリバイバルが90年代に当時のオリジナルと決定的に違う点は、ターゲットとなる女性の年代が小学生~高校生の少女ではなく、社会に進出した大人の女性たちだという事です。

毎週のようにテレビの前に座ってセーラー戦士たちの雄姿に心躍らせた少女たちが、20年経った今は20代後半~30代の立派な社会人や主婦、母親。
そんな彼女らが日々の現実を忘れ、少女時代を思い返してときめいたり、ワクワクできるのがセーラームーンなのです。

子供のころはお母さんにおねだりしないと買ってもらえなかった玩具やグッズも、大人になった今は自分で購入できる経済力も身に付きました。
展開するアイテムは、セーラー戦士になりきれるブラ・ショーツセットや、主人公が変身に使うスティックをモチーフにしたルージュなど、完全に大人向け。
値段も数千円から1万円代のものまであり、子供では手の出せない価格帯になっています。
すると、子供向けのコンテンツよりも、1人あたりの購買単価はずっと高くなります。

このように、ターゲットを「自立した大人の女性」と絞ることも、経済効果を高めた1つの要因と言えます。

最近、セーラームーンの一番くじをコンビニで見かけたのですが、1回620円もしました。
うーん、足下を見ている感じも拭えませんが・・2回チャレンジしてしまいました。

【2】共感できるコンテンツを作ること

次に成功要因として挙げられるのは、セーラームーンというコンテンツの「共感性」の高さです。

セーラームーンは、実に様々なタイプの女の子が登場します。
主人公の月野うさぎは、バカで間抜けでドジばっかりするけど、根が素直でまっすぐ。
ジュピター扮する木野まことは、腕っぷしは男以上の喧嘩の達人でツッパリタイプなのに、惚れた男にはメロメロで乙女になってしまう・・と、長所も短所も様々。
決して「完全・完璧な女性」は登場せず、どこかみんな弱点がある。
女性たちは自分に似ているタイプのセーラー戦士に自己投影をして、弱さにも共感ができる、という点があります。

また”自己投影”という点では、セーラームーンが築いた「女の子たちが悪者と戦い、やっつける」という黄金パターンも、キャリアウーマン世代で日々のストレスと戦う大人の女性たちを元気づけることができる、大きな共感ポイントとなっています。
女性の社会進出が目覚ましい今の時代との親和性が高いことがわかりますね。

私は、小学生当時セーラーウラヌス(天王はるか)にめちゃくちゃトキめいて、ショートカットにしていました。
男っぽい口調も真似していました。今となっては黒歴史です・・・・。
ウラヌスは今でも大好きです。

【3】様々なチャネルから発信すること

remake15022103.jpg

リメイク版のアニメ「セーラームーン Clystal」は、ニコニコ動画から隔週で配信が行われました。
なぜ、より多くの人々に見てもらえそうな地上波テレビ放送ではなく、ネットからの動画配信という手段を選んだのでしょうか。

それは、ネット配信を行う事により「世界中に同時配信できる」という点にあります。
日本だけではなく、このセーラームーンムーブメントを世界単位で広げようという意図で行われたそうです。

他にも、 「月に変わってお値引よ!」 というダジャレなキャッチでSHIBUYA109のサマーセールをジャックしたのも記憶に新しく、ネット配信だけではなく様々な媒体で展開し、 ターゲットとなる女性たちとの接見回数を増やしたのも、人気に結び付いた要因といえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
セーラームーンのヒットはその作品自体の素晴らしさもさることながら、様々なマーケティング戦略の上で成り立っている事がわかりましたね。
アニメに限った話ではなく、ターゲットの選定や複数チャネルの連動など、WEBにおいても応用できるマーケティング手法がたくさん登場しました。

これからも大好きなオタクカルチャーにアンテナを張って、どんどん発信していきます!

レスポンシブデザインのサイトをわずか3日で仕上げる驚異的な方法前のページ

タッチパネルはもう古い!?触れることなく画面を操作!次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    【注意して使えば便利!】無料で使えるWi-Fiスポット教えます…

    みなさんWi-Fiは使っていますか?私は最近外でポケットWi-Fi…

  2. Web関連

    こんなのあったの・・!?驚愕のアプリ集

    このタイトルを読んで気になったあなた。世の中に転がっているアプリで、驚…

  3. Web関連

    ブライダルサイトを見て、真剣に考えたこと

    気になって、考えました。最近、周囲で結婚する人が増えてきました。季…

  4. Web関連

    顧客がいないならば育てればいいじゃない。マーケティングオートメーション(MA)ツールで顧客育成をして…

    皆さんは巷で話題のマーケティングオートメーション(MA)をご存知でしょ…

  5. Web関連

    数年後には常識!?開発を変える『APIエコノミー』とは

    最近案件でもAPIを使用して開発をすることが本当に多くなりました。一か…

  6. Web関連

    綺麗だなぁ・・・夜空に浮かぶ冬の星座と流星群

    小さなころから星を見ることが大好きな管理部の川又です。みなさん、理科の…

おすすめ記事

最近の記事

  1. DX(デジタルトランスフォーメーション)・デジタルシフトへの…
  2. テレワークだけでは足りない?デジタルシフトなど、アフターコロ…
  3. デジタル化が旅行・観光業を救う!?ウィズコロナ・アフターコロ…
  4. 非接触がこれからの常識。ウィズコロナ・アフターコロナはIoT…
  5. キャッシュレス決済はウィズコロナでのウイルス対策に繋がってい…

アーカイブ

  1. Web関連

    Webならではの地方紹介
  2. AI関連

    働き方改革と企業が持つ問題を解決する新たな技術
  3. Web関連

    トレーサビリティって一体何?
  4. SNS関連

    災害時に大活躍!ソーシャルメディアを有効活用しよう!
  5. AI関連

    意外と身近なVUI~必要なのはあなたの声だけ~
PAGE TOP