Web関連

OpenPNEを使うと、何が出来るの?

0

こんにちは。ソーシャルメディアを使いこなせていない、コンサルティングの糸井です。
最近、SNSを始めました。Twitter・Facebook・LINEなど、色んなソーシャルメディアがありますが、最近になって、結構使うようになってきました。時代遅れかな。(笑)

「LINE疲れ」というのが世間では話題になっていますが、残念ながら、友達が少ない私にはそんな疲れありません。( ´_ゝ`)ドヤッ
・・・嬉しい疲れなのかもしれないけど。(あ、友達が0なわけではないですよ)
休む暇もなくソーシャルメディアを閲覧している人、それを利用して連絡のやり取りをしている人を見ると、友達100人本気でいるのかな!?と思うことがあります。もし私に友達が100人もいたら・・・毎日遊び歩いちゃうかもしれません。

img_openpne01.jpg

そんなSNSサイトの構築をするときに役立つシステムオープンソースパッケージ、OpenPNEについての紹介をしようと思います。

■OpenPNEとは(OpenPNE公式サイトより引用)
OpenPNEは、株式会社手嶋屋が中心となって、オープンソース方式で開発を行ってきたSNS構築ソフトウエアです。
PC、フィーチャーフォン、スマートフォンの各種ブラウザに対応し、多様なサーバー環境で利用できます。
OpenPNEはオープンソースです。Apache2.0ライセンスを採用し、利用、配布、開発を自由に、無償で行うことができます。

とのこと、前述した通り、SNSサイト構築の際に便利なシステムオープンソースパッケージです。

OpenPNEの機能ってなに?

OpenPNEは、カスタマイズ性が高く、色んな機能を付けることが出来ます。あれやこれや、開発コストをいただければ何だって可能だと思います。
あの「mixi」を基にして作られたシステムパッケージだと噂に聞いていますので、今では常識となっている機能は標準装備されていると思ってよいと思います。(一言のつぶやき機能、コミュニティー機能、日記機能など)

また、公式サイトには、導入事例として「株式会社NHK出版」「札幌学院大学」「ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社」「東京経済大学葵友会」などが紹介されていました。

img_openpne02.png

OpenPNEの中身

※「中身」というのは、プログラムコードの事を指しています。

先日、OpenPNEを利用してサイトを構築する案件に携わりましたが、かなりカスタマイズをしていたため、相当複雑な構造をしていました。
普段コンサルティングの担当をしている私からすると、正直目が回りそうでした。(笑)

フレームワークを幾つか利用しているように見えたため、複雑な構造になっているのだと思います。(推測レベル)
カスタマイズをするとなると、少々厄介かもしれません。

その他のSNSパッケージ

OpenPNE関連で色々と調べてみたことの結果ですが、SNSパッケージは世の中に数え切れないほどありました。
調べていく中で身近にあるなと感じたものは、WordPressにインストールしてSNSサイトを構築するプラグイン「BuddyPress」です。
このプラグインは、インストールをするだけで簡易的なSNSサイトをすぐに構築出来るようになり、利便性が高いです。
コミュニティ作成やつぶやき機能などはものの数分で出来てしまうほどのものでした。

比較してみた

OpenPNEとBuddyPressを大分おおまかに比較してみました。どちらの方が優れているのか。

■OpenPNE
・標準装備の機能がとても多い
・サポート面がしっかりしている
・日本語のドキュメントも揃っている
・ユーザー画面・管理画面どちらも作り込まれている

■BuddyPress
・機能は少ないが、WordPressと連携してオリジナリティ溢れるシステムが作れる
・WordPress導入可能環境であれば、どこでもSNSを構築出来る(共有サーバーでもOK)

結論、
会員数が多いSNSサイトを構築する場合はOpenPNE
会員数が少ないSNSサイトを構築する場合はBuddyPress
といったところでしょうか。

個人的には、WordPressと連携することでオリジナリティ溢れる機能が開発出来るBuddyPressに期待しています。

SNSサイト、作るために莫大な費用と期間が必要かな?と漠然に思っていましたが、案外こういったパッケージが世の中には多く存在しているので、制作する場合は便利ですね。

今では、様々な業種・業態においてSNSサイト構築の需要があるのは色んな相談を受けている私は肌で感じています。
「SNSサイトを構築したい!」と考えている方は、このあたりの情報を参考にご検討いただくと良いかなと思います。

次回も、コンサルタントらしくないテーマでコラムを書いていきたいと思います!

0

次のITビジネスフィールドは宇宙だ!!前のページ

動眼(どうがん)でアーティスト気分に浸りたい!次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    インバウンド需要を囲め!多言語音声サービスを事例で紹介!

    訪日外国人観光客が増加の一途を辿る中で、とても大きな注目を浴びているの…

  2. Web関連

    正しいcanonical属性活用でGoogle評価を最適化!

    みなさんはcanonical属性というものをご存知でしょうか?…

  3. Web関連

    スマホ?パソコン?マルチデバイスについて調べてみた。

    今やスマホ全盛期の時代。私たちの身の回りにあるのはガラケーではなく…

  4. Web関連

    健康管理アプリ「あすけん」を一か月使用してみたので、感想を書きます。

    本格的に夏がやって来て、冷たいものが美味しい季節になってきましたね。…

  5. Web関連

    web制作 システム開発時のファイル管理について

    昨年から新聞を購読する習慣を持つようにしたのですが、困っているのは読み…

  6. Web関連

    WEBサーバーの設定に便利な.htaccessの使い方

    WEBサイトを運営するにあたって、切り離せないのがWEBサーバーの設定…

自治体向けDX推進サービス

AIさくらさん for 自治体DX

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    初心者Webデザイナーが「ダサい」から脱却する方法とは?
  2. Web関連

    女子目線で3Dプリンタの今後に期待!
  3. Web関連

    連絡ツールの最大手「LINE」について調べてみた。
  4. Web関連

    作りっぱなしにNO!PDCAを回して、効果的なWebサイトにしよう 第3回:【…
  5. Web関連

    情報を守ろう!はじめの一歩は机のお片付け!
PAGE TOP