Web関連

W3C日本会員会議に参加してみた!

0

こんにちは!年末年始結局食べ過ぎの影響が未だ残るコーダー須澤です!

気をつけよう、気をつけようと思っていましたが、やはり飲み過ぎ食べ過ぎで体重の方が気になり始めた今日このごろですが、今回は少し真面目な内容になっています!

ティファナ・ドットコムは2014年よりW3CMEMBERとなり、日本本会議という会議にも参加してきました。

一般的に未発表のものはWebでは公開できないので、全てを記載することはできませんが、今回はそのレポートを記載できる範囲で書きたいと思います!

今後もW3Cには参加していくので、数回に分けてW3Cシリーズとして書いていこうと思います!

そもそもW3Cとは?

W3Cとは簡単に言うと「Webの可能性を全て引き出す」事を目的に設立された、Webで使用される各種技術の標準化を行っている組織です。

要はHTMLやCSSの基準を作っており、その基準を元にブラウザの仕様が確定して、Webでの様々な表現が可能になっていくのです。

ティファナ・ドットコムはその一員となり最新のWeb技術をいち早くキャッチし、今後のWeb業界の未来を見据えたご提案をしていく予定です!

 

W3C日本会員会議に参加!!

日本での会議は、先行してアメリカ・サンタクララで行われた会議の内容を共有するという内容で、今回は東京の慶應義塾大学で行われました!

img_w3c_meeting02.png

会場はと言うと100人ぐらい座れる広い会議室で参加者は60人ぐらい。
海外の方も参加されていて、グローバル感に圧倒され少し緊張しました。。

さらに我々のような新規会員の紹介の時間も確保されていて、年間で10社ぐらい増えたようです。

内容はというと、直近はやっているWeb技術というよりは今後実装される予定の技術の発表が中心に行われました。

すでに発表されていて比較的早く実現されそうな技術があったので紹介します!

※内容は実際に実装されるものとは限りませんのであらかじめご了承を!

縦書が簡単に表現できる!

今後の電子書籍のWeb化をにらみ、日本語の書籍を縦書きで表現するためのCSSが登場する予定とのことでした。
今までは、ページ全体を縦書きにすることはできましたが、部分的に縦書きにすることはできませんでした。

試験的にFirefoxというブラウザで動くところまで進んでいるそうですが、まだ試験段階のものですので実際にはそのような表現はできない段階です。

ソースのURLごとにセキュリティーを管理

昨今はアップロードされているサーバー以外からデータを読み込むことも少なくありません。
そうなると参照元のサーバーのセキュリティーも気になります。

そこで、参照元がどのような組織なのかを記述できその情報を元にセキュリティーも強化される、という仕組みが作られているとのことです。

他にも多くの記述が発表されていました!(←しかも4分の1は英語での発表)
このコラムでは公開できる範囲でその内容を共有していければと思います!

0

レスポンシブデザインのHTMLコーディングにある落とし穴(Viewport編)前のページ

レスポンシブデザインのサイトをわずか3日で仕上げる驚異的な方法次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    正しいcanonical属性活用でGoogle評価を最適化!

    みなさんはcanonical属性というものをご存知でしょうか?…

  2. Web関連

    マーケティングオートメーションの導入のポイント

    コーダーの須澤です。まだ聞きなれない言葉かもしれませんが、今アメリカ…

  3. Web関連

    この頃はやりのクラウドサービス

    既に何人かのコラムで紹介されていますが、昨年10/28~30に幕張メッ…

  4. Web関連

    あれ、ここのデザイン変わった?見るタイミングで変化するWebサイト!

    こんにちは!段々寒くなってきましたが、まだまだ薄着の角田です。先日入用…

  5. Web関連

    情報設計する上で押さえるべきポイント ~重要な情報はどこに?編~

    Web制作をするとき、どんなデザインにするのか、どんなコンテンツを提供…

  6. Web関連

    CMS構築としての静的サイトジェネレータの活用について

    Webサイト制作や運用を行っているとセキュリティやサーバー負荷を考えな…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. SNS関連

    マーケティングツールとしてSNSを使いたい
  2. AI関連

    AIはエネルギー問題の救世主か、破壊者か?
  3. Web関連

    情報漏洩に注意!?web制作・運用におけるクラウドセキュティのあれこれ
  4. RPA関連

    専門性の高い不動産会社の定型業務をRPAで自動化
  5. AI関連

    公園の安全な環境を人工知能(AI)で作ろう
PAGE TOP