Web関連

出会いと別れの時期に!ギフトWebツールまとめ

こんにちは、デザイナーのイゲタです。

あれ、もう11月…あ、もう12月?…あら?1月?
…気づいたらもう年末年始、日々が過ぎるのはとても早いですね。

今や猛勉強をしているであろう受験生たちも、繰り広げられる就活戦争で戦い抜いた就活生も、4月からは新生活がスタートします。出会いの時期ですね。

出会いがあるということは、別れもあります。
この時期は新しい生活にお祝いをしたり、人に今までの感謝を伝えたり、想いを伝える機会が増えますね。

そんな時期に便利なギフトWebツールをまとめてみました。

気軽に送ろう!オンライン寄せ書きツール「yosetti」

「寄せ書き」。その単語だけを聞くだけでも懐かしく感じますね。

ひとつの寄せ書きを完成させるのは、人が集まらなくてはいけなかったり、誰かがとりまとめて管理しなければいけなかったりと、仲間が働いている場合はとても難しいですよね。

そんな問題を解決してくれるのが、オンライン寄せ書きツール「yosetti」です。

使い方

その1:「あ、あの人に寄せ書きをプレゼントしたい!」と思ったあなたが、yosettiに会員登録をして
新しい寄せ書きを立ち上げます。会員へのログインは既に登録済みのFacebookアカウントでも可能です。

その2:メッセージを書いてもらいたい同級生の彼や、バイト先のあの子、学生時代の憧れのあの人に、
寄せ書きへの招待用URLを送ります。

その3:メッセージが集まったら、寄せ書きを締め切りお届け方法を選びます。

わぁ、とても簡単ですね。URLを送って放っておいたら寄せ書きが出来てしまうなんて。
あの学生時代のコソコソとした努力が報われないように思います。(`・?・´)

お届け方法

お届け方法も「プリントでお届け」と「PDFダウンロード」の2種類があります。

プリントでお届けの場合は、あの寄せ書きの形で最短翌日に届けてくれます。最短翌日は素敵ですね。

PDFダウンロードの場合は、その場でPDF形式のデータをダウンロードできます。
自宅で寄せ書き以外のものに印刷、ということも出来ますね。

出来上がった寄せ書きのURLを送る「Webでお届け」という方法もあります。こちらはなんと無料です。

さらに、メッセージのフォントやフォントカラー、スタンプなどでデコレーションをする機能もあります。

「あの人、自分の顔を覚えているかな…」ともし不安になったら自分の写真をつけることもできます。
あの人があなたの顔と名前が一致すれば、思い出してもらえるはずです。あくまでも、一致したらですけれど。

どうでしょうか?こんな簡単に寄せ書きが作成できるなら、色々なイベントごとで送りたくなりますよね。
私はまずはあの人の誕生日の際に作ってみようと思います。すでにワクワクです。

みんなで自由に作成しよう!メッセージ動画アプリ「MINMOO」

2014年は動画が活躍した年でした。HIKAKINを筆頭とするYouTuberが活躍したり、女子中高生の間で人気になった6秒動画投稿アプリのVineが流行したり、動画を利用した販促も人気でしたね。

見ただけでメッセージが伝わる動画は、手紙やメールよりも想いが伝わりやすいかもしれません。

そんな動画を届けるメッセージ動画アプリ「MINMOO」は、リクルート社の2014年度内定者のIT女子大生4人「ミラクル☆ガールズ」が作ったアプリです。

ピチピチの女子大生が作ったとあらば、世のおじさまたちは黙っていないのではないでしょうか。

使い方

MINMOOは、みんながそれぞれ作成した90秒以内の動画を組み合わせてひとつの動画にしてプレゼントをすることができます。

Appストアでアプリをインストールし、動画作成のイベントを作成します。イベントの作成は、「動画のタイトル」と「撮影の締め切り日」を決めたら完了。

わぁ、とても簡単です。今回は「イゲタをお祝いするんだ」というタイトルのイベントを作成してみました。

特にお祝いしていただくネタなどありません。ただ、イゲタが日々生きていることだけに祝福をする動画です。
どうでしょう。どんなメッセージの動画を撮影するか、悩むでしょう。

このイベントのURLをメッセージを撮影して欲しい人に共有して、動画をアップしてもらいます。

締切日になって、みんなが撮影したメッセージ動画を自動編集します。そうすると、一本のメッセージ動画が完成します。

是非使いたい!と心から思った私は、Google Playストアからアプリを探しましたが、見つかりません。
そうです。iPhoneにしか対応していないのです。あー、Androidユーザーの私は仲間はずれということですね。

ピチピチの女子大生たちよ、Androidアプリもリリースしてください。

「あ、」と思ったときにちょこっとギフトを。「giftee」

「あ、この間あの人にお世話になったなぁ。」「あ、同期だったあの人が誕生日だ。」

こういう「あ、」は色々な場面で遭遇するのではないでしょうか。
でも、プレゼントを用意したり、わざわざディナーに招待したりっていうほどでもないしなぁ…。

そんな「あ、」の時に役立つのがソーシャルギフトサービスの「giftee」。

同僚に「お疲れ」の気持ちにビールを一杯。友人への誕生日祝いにケーキをひとつ。
など、500円前後のギフトをSNSから贈れるサービスです。

ギフトの贈り方

その1:gifteeに会員登録。会員登録は、FacebookアカウントやauユーザーならauIDからも登録可能です。

その2:贈りたい商品と、LINE・Facebook・Twitter・メールから贈り方を選択します。

その3:メッセージカードを作ります。短めのメッセージと種類が豊富なかわいいギフトカードの柄が選定できます。

その4:決済をして、ギフトを贈りたい相手にメッセージを送ります。決裁はクレジットカード、au簡単決済、auじぶん銀行から支払いが可能です。

今回、私も試しに利用してみました。サークル・K・サンクスのこだわりチキンを友人にプレゼントします。

時期がクリスマスだったのでメッセージカードもクリスマス仕様ですが……かわいい!
メッセージのイラストがかわいい!!

私の秘めたる乙女ゴコロが発動して、かわいさに思わず「はっ!」と声が出ました。

ギフトの受け取り方

ギフトを受け取るのも簡単です。

その1:ギフトURLが届きます。

その2:ギフトURLからギフトカード・引換券画面を開きます。

その3:店舗に行って引換券を表示、商品を受け取ります。

友人にギフトをしたい、という気持ちももちろんありますが、私はこのかわいらしいギフトカード見たさにギフトを贈りそうです。季節ごとに変わるのがなんともズルいですね。

注意点としては、あくまでも知り合いに贈りましょう。TwitterやFacebookのアカウントを知っているからといって一方的に贈りまくってはいけません。不審者になってしまいます。

まとめ

ギフトWebツールまとめ、いかがでしたでしょうか?

イベント事や感謝の言葉を伝えるために、是非ギフトWebツールを使用してみてください。
なかなか会えない人でも、たまに連絡が来るときっと喜んでもらえると思います。

しかし、やはり感謝やお祝いの言葉は直接伝えると一番想いが伝わりますね。

贈った後に、「贈ったよー!どう?感動した?」とか「今、贈ってみたよ!おめでとう!」と電話などで一言添えることをオススメします。

正月太りもこれで解消!?スマート家電を活用してスマートな生活に!前のページ

ライバルサイトに差をつける!インフォグラフィックを作るための5つの手順次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    アンノウンマーケティングで顧客行動をマーケティング利用する

    以前、アンノウンマーケティング™についての概要を説明しましたが、今回は…

  2. SEO関連

    SEOにも効果がある!意外な問題点!

    SEO対策について、あまり重要視されていないけどサイトを運営していく上…

  3. Web関連

    ブログにコーポレートサイトにどうぞ!WordPressテンプレートの紹介

    こんにちは!ブログを始めてみたものの3日で書くネタに詰まったデザイナー…

  4. Web関連

    ITやWebの力を1番借りたい業界は、観光業界かも?

    あらゆる業界でWebはもちろんのこと、ITの活用やIoTへの取り組…

  5. Web関連

    本当はPerfumeの方が好きだけど話題のSTAR WARSについて紹介します。

    いよいよ来たる12月18日。STAR WARS エピソード7の全世界…

  6. Web関連

    ホントは違った!メールで使う「Re:」は返信という意味では無かった!

    スマートフォンの普及とともにLINEをはじめとするコミュニケーション…

おすすめ記事

最近の記事

  1. DX(デジタルトランスフォーメーション)・デジタルシフトへの…
  2. テレワークだけでは足りない?デジタルシフトなど、アフターコロ…
  3. デジタル化が旅行・観光業を救う!?ウィズコロナ・アフターコロ…
  4. 非接触がこれからの常識。ウィズコロナ・アフターコロナはIoT…
  5. キャッシュレス決済はウィズコロナでのウイルス対策に繋がってい…

アーカイブ

  1. Web関連

    納期遅延しない!仕事の集中力を持続させるオススメお菓子
  2. Web関連

    拡大化するサブスクリプションサービスについて考えてみる
  3. Web関連

    使いすぎ!?目のショボショボを防ごう!!
  4. AI関連

    法務AIは何のために必要か?
  5. Web関連

    富士山から習うサイトのモバイル対応の必要性
PAGE TOP