Web関連

WordPressをCMSとして活用するためのプラグイン Advanced Custom Fieldsの有料ライセンスの拡張機能(アドオン)『The Repeater Field』インストール編

0

こんにちは! 最近、会社の近くの吉そばに週5で通っているSEの岸沢です。
味は・・・なのですが、冷やしであればなんとかイケます。なんといってもドアtoドア 15分が魅力です。
「時は金なり」やはり忙しい私には短時間でランチを済ませられるのが一番の優先順位ですかね。
最近リニューアルしたのですが、味は・・・変わりありません;;店舗もキレイになり、自動湯切りが導入され、なんと立ち食いそばなのに座れる席があるといったところがポイントでしょうか。新商品のつけ麺(そば)がオススメです。

Advanced Custom Fieldsだけでは物足りない?

WordPressをCMSとして活用する場合、カスタムフィールドがキーになってきます。

WYSIWYGでも良いのですが、あるていどHTMLの知識が無いと使いこなせないかつ、折角デザインしたウェブサイトがめちゃくちゃになってしまうため、オススメできません。
そこで、制作段階で、しっかりとテンプレートと項目を定義して進める必要があります。

ただ、項目を定義していく上で問題になってくるのが、「ここには最大5つの画像を入れたいね」「内容によっては見出し+テキストグループが10個になるかも」といった要望が出てきます。
最大値を決めてテンプレート+項目を定義すると、項目数が最終的にとんでもないことに・・・。

カスタムフィールドを簡単に追加できるプラグインとしては「 Advanced Custom Fields 」が有名ですね。
(色々なところで説明されているので、説明は省きます)
「 Advanced Custom Fields 」を使えば簡単に項目を追加できるのですが、多いと設定も大変です。もっと問題なのが項目数が増えると使う側も大変です。管理画面をデザイン出来ないため、グルーピングも重み付けもされていない項目がただ並ぶだけです。とても使いづらいです・・・。

そんなとき役立つのがAdvanced Custom Fields の有料アドオン「 The Repeater Field 」です。
たったの$25AUD(オーストラリア ドル)です。マルチライセンスなので購入すれば複数のサイトに利用できます。

利用方法

1. Advanced Custom Fieldsをインストール

WordPressの管理画面 プラグイン>新規追加
から、「Advanced Custom Fields」でキーワード検索。
すると「Advanced Custom Fields」が表示されるので、「いますぐインストール」をクリック。

 

2. The Repeater Field(繰り返しフィールド)を購入してインストール

続いて、いよいよ「The Repeater Field」をインストールします。
Advanced Custom Fieldsをインストールすると、左メニューにカスタムフィールドが追加されますので、カスタムフィールド>Add-onsをクリック。

kishi_adf_15012102.jpg

「繰り返しフィールド」というアドオンがありますので、「購入してインストールする」をクリック。
すると、購入サイトに移動しますので、各自購入してください。※購入フローは割愛します。
英語サイトですが、まぁ~なんとかなるでしょうw

以前、出張の際にシンガポール-マレーシア便を英語サイトで購入したことがあるのですが、その時に比べると簡単でした。飛行機のチケット購入は日本語のサイトでも慣れてないのに、英語サイトしか無く苦戦しました・・・。

とりあえず自腹で購入。※決済方法はPayPalだけです。

購入するとダウロードできます。ダウンロードした「acf-repeater.zip」を解凍して、 acf-repeaterフォルダを「/wp-root /wp-content/plugins 」にアップします。

すると、プラグインページに「Advanced Custom Fields: Repeater Field」が追加されますので『有効化』しましょう。
これで、インストール完了です。

kishi_adf_15012103.jpg

3. インストール確認

プラグインを有効化すると、カスタムフィールドのフィールドタイプに、「Repeater」が追加されます。

kishi_adf_15012104.jpg

このプラグインを利用することで、繰り返し項目が簡単に作れます。
例えば、繰り返し項目「画像」+「キャプション」を作成することで、
記事の投稿画面で「画像」+「キャプション」の組み合わせを自由に増やして登録できます。
今までは予め最大件数を決めておく必要がありましたが、このプラグインを使えば、自由に追加可能です。

今回はインストールまででしたが、次回は実践編を予定していますので、ご期待ください。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

システム開発
ECサイト構築
CMS構築

関連コラム

WordPressをCMSとして活用するためのプラグイン Advanced Custom Fieldsの有料ライセンスの拡張機能(アドオン)『The Repeater Field』実践編1

0

野球がしたい人のためのコミュニティサイト活用術前のページ

webに張り付きで疲れている担当者にオススメ!ドクターフィッシュに会いに行こう!次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. SEO関連

    SEO対策とユーザビリティって相反するもの!?

    SEO対策とユーザビリティって関連性があるの?こんな疑問をお持ちの方も…

  2. Web関連

    短時間でクオリティが上がる、Webデザインのテクニック

    こんにちは。育児に家事に大忙しのディレクター、望月です。W…

  3. Web関連

    ちょっとした工夫で劇的に変わる!ユーザーにウケるブログの書き方

    どうも、今回のコラムを担当することになりましたデザイナーの尾崎です。前…

  4. Web関連

    多変量解析は現代のトレジャーハント!

    なんだか多変量解析って響きが難しそう...皆さん、…

  5. Web関連

    果たしてDMPの導入は本当に敷居が高いのか?

    こんにちは!デザイナーの角田です。広告業界で大注目のDMP、ご存知です…

  6. Web関連

    Webサイトのリニューアル前が分かる。Internet Archive(インターネットアーカイブ)

    普段何気なく見ているWebサイトですが、知らず知らずにリニューアルをさ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    Webアプリに対する攻撃手法とその対策
  2. Web関連

    ついに来たか!Web制作者”だけ”が歓喜するお話し
  3. Web関連

    Web制作にも使えるかもしれない面白い心理学を集めてみました。No,2
  4. Web関連

    ブラウザシェアランキングから見るブラウザの特徴
  5. AI関連

    WEB接客と親和性の高そうなサービスを考えてみた
PAGE TOP