Web関連

料理が上手い人は仕事も出来るのか

0

今回はちまたでまことしやかに囁かれている「料理が上手い人は仕事もできる」について検証していこうと思う。
逆を言えば、仕事ができる人は料理も上手いのか?料理は美味いけど仕事が出来ない…なんて人はいないのか?
モテたいから料理上手くなりたいというヨコシマなヤツは、結果的に仕事が出来るようになるのか?
検証してみます。

料理が上手い人は仕事も出来るってどういうこと?

 

 

「料理の上手い人は仕事も出来る」といった話を聞いたことがあるだろうか。
料理を作るには段取りが大事で、下準備から調理するタイミング、いつ何が揃っていないといけなくて、どこで合わせるか…見たいな仕事にも通じる要素が満載だ。
だから「料理上手は段取り上手、当然仕事も出来るはず」という話になるのはまあわかる。
では実際はどうだろう。

まず、何を持ってして「料理が上手い」というのか。
オリーブオイルを無意味な高さからスタイリッシュに注ぐと、何となく上手く見えるかも知れないが、そうではないはずだ。
(※ディスってないよ。彼は基本的な技術力があるので良いと思う。)

大前提。
できあがった料理が美味しいこと。これがもっとも重要だ。
料理を美味しく作るには、包丁の扱い方や、下処理、火加減、タイミング、鍋の振り方などなど、関わる要素はとても多い。
「レシピ通りに作ったのに美味しく出来ない…クッ○パッド使えねー」とのたまう方を時々見かけるが、それは調理技術の問題で、○ックパッドのせいじゃない。

次に、料理が終わったときにキッチンが片付いているか。これも重要だ。
美味しい料理はできあがったが、キッチンが地獄絵図…これはお世辞にも料理が上手いとは言えない。
料理の上手い人は、料理を作り始める前より作り終わった後の方がキッチンがキレイになっている…なんて都市伝説もある。

最後にもう一つ、残り物で美味しい料理を作れるか。
レシピ通りに作るのはある程度誰でもできるが、今ある物だけで創意工夫し、独自の味付けで美味しく出来るならば、それは料理が上手いと言えるだろう。

以上3つが、「料理が上手い」の条件として、検証していこう。

仕事ができる人は料理も上手いのか検証

いきなり登場の弊社代表
藤井 亮営業職出身、仕事超できる。段取り力、営業力、右に出る物なし。
料理メチャ上手い。どこのお店でも食べられない、ふわとろのお好み焼きが絶品。
仕事中でもかまわず送られてくる、手作り料理写真の飯テロに、社内が阿鼻叫喚する。
しかも、前に作った料理の残り物で作った的な…死角無し。

条件に合致しすぎでつまらないので、次行ってみよう。

システムの責任者でありながら、営業力も高い弊社の大黒柱
七座さん仕事は豪快且つ繊細さも兼ね備えた…でもやっぱり腕力任せなブルドーザー型。
周りをぶんぶん引き回し、ときどき轢き殺す勢いのパワーと、女性のようなナイーブさを併せ持つ。

料理については……「俺じゃなくて、お前が作れよ!」

これはどうやら合致しなさそうだ…
料理に興味を持てば、ざっくりとした男料理におふくろの味を合わせた様な物を作りそうだが、今のところは料理できないみたい。作ったとしてもキッチンの惨状が目に浮かぶ…

IA女子代表。仕事遂行能力と責任感の強さは社内随一
行方さん某大手通販企業に常駐し、企画を取り仕切っているやり手女史。
「料理なんか出来なくてもなんとかなる」が一頃の口癖。

しかし、近頃料理に目覚め、手作り弁当を持参しているとかいないとか。
「生きる力を付けるため」が料理を作り始めた理由らしいが、本当のところはわからない。
手早く簡単にできて健康的な料理を作るのが好き。

料理はできるが仕事はどうなの?いいのこんな事書いて…の
藤田さんこちらも某大手通販企業で、制作の責任者として色々取り繕いつつ綱渡りをしている男。
アラフォー真っ盛り、料理はそれなりにできる。
「キッチンが汚れるので揚げ物はしない」らしいが、同僚に土足で自宅を闊歩されることもしばしば…

料理と仕事のできに関連性はない派 の急先鋒。

結論

他、社内の様々な人間を調べた結果、料理の上手い人は仕事もできる…という事例に当てはまることが比較的多いように思う。だいたい7割弱くらいは該当している模様。

考えて見れば、料理を自分で作ろうというクリエイティブな思考を持つ人間は、上手くできなかったらどこがダメだったのかを分析し、次はこうやれば上手く作れるのではないか…と改善策を立てて次に挑む。
上手くできたとしても更に上を目指して、こんなアレンジを加えたらもっと美味しくなるかな?と向上心旺盛な思考回路を持っている。

これが仕事にも当てはまるのは当然と言えば当然。例外はあるが、軒並み料理上手は仕事上手であるようだ。
当たり前の結論が出てしまったが、例外の人間を観察するともっと面白いかも知れない。

機会があれば…

では、今回はこの辺で。またね!

0

【web制作会社が考える】ちまたで話題のビッグデータが私たちの生活を変える?前のページ

私が思う、5つの「電子書籍っていいね!」次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. SNS関連

    【オラクルSRM】SNSを活用して自社の売上アップ

    「ソーシャルリスニング」という言葉を皆さんご存知ですか?日本で…

  2. Web関連

    ファッショントレンドはだれが決めるの…?

    皆さんも「今のファッションのトレンド(流行)はこれ!」とテレビや雑誌で…

  3. Web関連

    そうそうコレコレ!複数人でちゃんとデザインの方向性を認識統一できる「ムードボード」 の使い方

    プロジェクトで制作したデザインが「なんかイメージと違う...」とな…

  4. Web関連

    セキュリティ対策はクラウドストレージでも必須!!

    データの保存や共有などにとても便利なクラウドストレージ。中でも無料で使…

  5. Web関連

    ウェアラブルで健康管理

    健康管理といえば、メディアの情報からセルフチェックをしたり病院で検査を…

  6. Web関連

    レスポンシブとは少し違う、アダプティブWebデザイン

    この記事を読んでいる方は「レスポンシブWebデザイン」というワードを耳…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    ネイティブ広告は、有効活用できる?勝手気儘なつぶやき
  2. Web関連

    費用対効果抜群!リマーケティング広告について
  3. Web関連

    【Web制作会社が教える】10分でわかる!?フラットデザイン実践のポイント
  4. Web関連

    クラウドビジネスの動向。世の中のサービスちょっとだけ調べてみました。
  5. Web関連

    Webサイトのリニューアル前が分かる。Internet Archive(インター…
PAGE TOP