Web関連

Web制作工程におけるジオターゲティング(Geo Targeting)について考えてみる

目次
– 顧客セグメント(エリア別)を考える
– ジオ(エリア)別のターゲティング手法について考える
– ジオターゲティング(Geo Targeting)広告について考えてみる

顧客セグメント(エリア別)を考える

Webサイトを構築する上で大切になるのが、誰に向けて、どのような商品・サービスを提供するのか?といった、「顧客」を考えることです。
顧客とは、様々なセグメント(分類)があります。
・性別
・年齢
・職業
・収入
・住居
・法人/個人
などの分類に分けることができます。
例えば、業種:飲食店を例に考えてみましょう。
飲食店の場合、法人向けなのか、個人向けなのか?をまず考えます。
<法人向けの場合>
企業がターゲット(顧客)になるため、商材はワンコイン弁当、デリバリーがメインになります。
厳密にいうと、管理部門、総務部門の担当者がターゲットになります。
<個人向けの場合>
個人がターゲットの場合、商材は、飲食、お酒、テイクアウト商材がメインになります。
また、飲食店の場合、エリア(ジオ)、場所が重要になります。
渋谷、表参道、中目黒、麻布十番、自由が丘のようなエリアに住んでいる人に対して、
どのように自社の飲食店を認知、訴求していくのか?がポイントになります。
自由が丘を例にすると、
・(重要度:高)自由が丘駅周辺に住んでいる人
・(重要度:中)自由が丘駅の沿線上(30分以内)に住んでいる人
・(重要度:低)別の沿線上(30分以上)に住んでいる人
上記のように顧客を分類することができます。

ジオ(エリア)別のターゲティング手法について考える

顧客を分類した後は、その顧客についてのターゲッティング手法について考えてきます。
飲食店を探す際、ユーザー(顧客)はどうやって探すか考えてみましょう。
すでにいくお店が決まっている場合は、そのお店に一直線で進みますので、ターゲット(顧客)からは除外しないといけません。
「いつものお店ではなく、今日は違うお店にしよう」
「今日は友達が遊びに来ているので、ちょっとお洒落なお店にしよう」
という気持ちになっているユーザー(顧客)がターゲットになります。
・「自由が丘 ランチ」でgoogle検索する
・インスタグラム(Instagram)でハッシュタグ「自由が丘 ランチ」を検索する
・食べログ、ぐるなびで「自由が丘 ランチ」と検索する
・youtubeで「自由が丘 ランチ」と検索する
・facebookでハッシュタグ「自由が丘 ランチ」を検索する
のようにお店を調べます。
上記の手法でお店を調べる際、お店が検索にヒットしない、もしくは検索結果の後ろに表示されてしまうことになると、
お店の存在に気付いてくれない(認知されない)という状況になってしまうので、
Web制作工程、特に上流工程では、この辺りのマーケッティング手法を考える必要があります。

ジオターゲティング(Geo Targeting)広告について考えてみる

前項の説明では、ジオ(エリア)別のターゲッティングについて考えてみました。
まさに、お店を調べようとしているユーザー(顧客)に対しての手法です。
今回は、お店を調べようとしていないユーザーに対して気づきを与える方法として、
ジオターゲティング(Geo Targeting)広告という手法があります。
例えば、上記の例で言いますと、自由が丘に住んでいる人が、
yahooニュース、LINEのようなニュースサイトを閲覧している際に、
飲食店に関する広告(バナー)を表示するという仕組みです。
極端に言いますと、沖縄に住んでいる人に対して、自由が丘のお店を紹介しても意味がないことであり、
お客さんになってくれるであろうユーザーに対して広告を打たないといけません。
ただし、自由が丘のお店がギフトを販売している場合は例外です。
提供を受けるサービスが、来店しないと受けれない場合に限り、上記の法則が成立します。
この例に近しいのが、美容院です。美容院は来店しないと、カットやヘアメイクができません。
オンライン(Skype、zoom)でカット、ヘアメイクはできません。
エリアという軸がマーケットにおいてとても重要になると考えています。
違った例で言いますと、富裕層向けの不動産投資物件を販売している会社は、
富裕層が住んでいるエリアに対して、ジオターゲティング(Geo Targeting)広告をするようです。
不特定多数に対して、ダイレクトメール等を送付するより、確かに効率的なやり方かと思います。
このようにWebサイトを制作するにおいて、エリアという軸は重要な課題です。
エリアを意識したWebサイト設計を心がえていきましょう。
キャリア会社は、日常利用しているスマートフォンの位置情報を第三者に提供し、利益を出しているようです。
自身の情報を第三者に提供するか?しないか?の判断を自身で管理していきましょう。

Stay Homeだからこそ楽しもう「バーチャル展示会」前のページ

なぜ無料なのか理解出来ない! 3DCGソフトblender次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    整理術を磨くと仕事だけでなくWeb制作の効率も上がる?!佐藤可士和から学ぶ仕事の取り組み方~第1回~…

    私たちの身の回りにはデザインされているもので溢れています。商品…

  2. Web関連

    巷で聞く CCPMってなんだろう?

    皆さんはCCPM(クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント)のこ…

  3. Web関連

    数年後には常識!?開発を変える『APIエコノミー』とは

    最近案件でもAPIを使用して開発をすることが本当に多くなりました。一か…

  4. Web関連

    web担当者必読!注目のLINE@ 企業のビジネス活用まとめ

    日本で大人気のコミュニケーションアプリ「LINE」は、当然皆さんもご存…

  5. Web関連

    ホームページ制作会社が紹介する3つのブランディングポイント

    流行には常にアンテナを張っていなければいけないお仕事だったりするわけで…

  6. Web関連

    パララックスデザインとUI・UX

    jQueryが普及し、フラットデザインの流行もあいまって、最近はパララ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. キャッシュレス決済で財布を持たずにお出かけできる時代がやって…
  2. 「モノ」から「コト」へ。変わる購買理由。
  3. 家で学ぼう
  4. まるでおうちがアクアリウム?家から楽しめるオンライン水族館!…
  5. キャッシュレス決済とAIとコンビニ(とわたし)

アーカイブ

  1. AI関連

    キャッシュレス決済で財布を持たずにお出かけできる時代がやってきた!
  2. Web関連

    ツンデレ美少女を振り向かせる!?マーケティングで悩んだら、基礎に立ち返るべし
  3. SEO関連

    無意味なSEOはもう要らない!Web制作のプロがこっそり教えるSEO対策
  4. SNS関連

    SNSマーケティングって何すればいいの? - 第1弾! –
  5. Web関連

    Web制作における品質管理の問題点と解決方法
PAGE TOP