Web関連

初めてのFintech

0

Fintechとはなにかみなさんご存じでしょうか?
Fintechとは、金融(Finance)と技術(Technology)を合わせた造語です。
金融サービスにおいて、IT技術を組み合わせ新しいサービスや流れを表す言葉なのです。
IT技術を組み合わせた新しいサービスや流れとはなんなのか?
ITに疎い人からするとなかなかイメージがつかないと思います。
サービスとしてあげられる例は、ネットバンキングやキャッシュレス決済からATMもFintechに含まれるのです。
現代の日本において、Fintechに含まれるサービスとはどのようなものを指しているのでしょうか。
本コラムでは、サービスからFintechに触れていきたいと思います。

キャッシュレス決済

近年、日本でよく言われているのがキャッシュレス決済です。
キャッシュレス決済とはそもそも何なのでしょうか。
キャッシュレス決済とは、現金(Cash)を使用しない(less)で買い物や食事など、支払いをする事です。
では、現金を使用しない支払い方法とは主にどういったものがあるのでしょうか。
近年でこそ様々な方法がありますが、最も使われているキャッシュレス決済方法はクレジットカードではないでしょうか。
外食時や旅行時など使用する機会は様々あると思います。
私自身も通販ではクレジットカードに頼りきりです。

クレジットカードに負けずとも劣らず使用されているキャッシュレス決済方法がスマホ決済アプリではないでしょうか。
国内でも様々な決済アプリがあります。
さらに、交通系ICカードで決済できる店舗や自動販売機も多く増えてきました。
駅構内や駅周辺では交通系ICカードを利用できることが多く、私も使ってしまいがちです。

PFM

PFMはみなさんご存じでしょうか。
言葉は知らずとも、利用されている方は多くいるのではないでしょうか。
PFMとはPersonalFinancialManagementの略語であり、個人資産管理を意味する言葉です。
いわゆる、家計簿ですね。
銀行口座やクレジットカードの利用明細、電子マネーの利用履歴などを一元管理できるソリューションです。
インターネットバンキングの普及に伴い、様々な支払方法が増えた人はぜひとも使ってみては如何でしょうか。

仮想通貨

日本国内でも、一時期大きく話題になった仮想通貨。
名前だけでも聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか。
仮想通貨には定義や分類が複数存在しますが、主には電子的な決算手段や特定の国家などによる裏付けがないものとされています。
ゲーム内通貨などからネットクーポンなどが仮想通貨に含まれることもあります。
仮想通貨と一言で言っても、様々なモノが包含されているのです。

海外のFintech

ここまでは、日本におけるFintechの例を一部上げてきました。
ここからは、海外のFintechについて少し触れてみましょう。
経済大国であるイギリスでは、カレント・アカウントスイッチといったサービスがあります。
銀行口座を複数持っている人の中には、口座の自動引き落としがされている人もいるのではないのでしょうか。
口座を複数持っているのに、転職や引っ越しなどで新しく銀行口座を開設する必要が発生してしまい、自動引き落としを変更する手続きが面倒で更に口座が増えてしまった、といったことがありませんでしたか?
その際に英国で重宝されているのが、カレント・アカウントスイッチというサービスです。
新規銀行口座開設時に、旧銀行口座の残金を新しい口座へ移行することで、自動的に新しい口座から引き落としてくれるサービスです。
アジア圏のインドでは、テック化が年々進んでおります。
ナレンドラ・モディ首相が政権を握るインドでは「デジタル・インディア」を掲げ、様々なサービスのテック化に努めています。
更に2016年には、モディ首相自らが高額紙幣の廃止を宣言しています。
テック化を進めるインドでは、マネーロンダリングや汚職。脱税、通貨偽造などお金にまつわる問題をFintechで一掃することを目標としています。

安全性は?

まだ、Fintech化できていない方々が懸念している事の一つとして安全面ではないでしょうか?
人が日本で生きていくうえで、どうしても必要になってしまうお金。
この世で一番大切なものはお金である。などといった倫理的な話をするつもりはありませんが、お金はやはり大切なものであることに間違いはありません。
日々、汗水垂らし働いて稼いだお金だからこそ、「現金」であることに安心する人も、まだ日本国内では多いのではないのでしょうか。
ですが、銀行やATMといったものも、できた当初は安心できるものでは無かったのではないでしょうか。
言ってしまえば自分が稼いだお金を人に預けているのです。相当な信用がないとできる事では無いと思います。
Fintechも同じではないでしょか。まだまだ発展途上であるが故に完全に安心できないのではないでしょうか。
ただ、日本の技術も日々進歩しています。日本通信もFintechの安全を担保するために、技術の特許を取得しています。
様々なデジタルのサービスが増えると同時に、セキュリティ面での技術も向上しているのです。
利用通知が届くサービスもあります。身に覚えがない利用通知が来た際は、すぐに運営に問い合わせることやサービスを解約するなど、利用者側にも対応する方法は様々あります。

まとめ

日本は世界に比べると、まだまだFintechが進んでいるとは言えません。
本は電子書籍よりも原本が良いといった人がいるように、お金は現金が良いといった人がいると思います。
お金が数字の羅列になることで、お金に対するありがたみが無くなってしまうという人も私の身近にはいました。
では、お年玉やご祝儀などといった特別な時に特別な物として現金を使ってみませんか?
最初から日々の買い物すべてをキャッシュレス化するなどといったことは中々抵抗があると思います。
ですので、飲み物を買うときや、ランチの時など、ちょっとしたことからキャッシュレス化してみませんか?
一つ一つの簡単なことからより生活が豊かで便利なものに変わっていくのではないでしょうか。
7fc86e140142250132a291600bfc4dcf_m.jpg

0

私たちの仕事ってすばらしい!社会貢献度のものさし「SDGs」前のページ

リモートワークで働く際に知っておきたい6個のポイント次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    Webサービスで地域を盛り上げる!

    地域活性化と聞いたときに、どんな取り組みのことを思い浮かべますか?5秒…

  2. Web関連

    そのオムニチャネル、大丈夫ですか?

    オムニチャネルという概念も定着し、取り入れている企業も以前に比べ多くな…

  3. Web関連

    スパイスの効いたWebサイトをまとめてみた

    夏の暑い⽇に汗をかきながら⾷べるカレーはどうしてこんなにおいしいのでし…

  4. SEO関連

    グーグルアルゴリズムとSEO

    先日、「Japan IT Week春」の展示会に参加しました。昨年…

  5. Web関連

    Web制作者必見!!お1人様用コンテンツの需要~旅行編~

    皆さんは、1人で旅行をした事がありますか?友達や家族と旅行、という…

  6. Web関連

    擬人化ソーシャルゲームと経済の関係

    皆さんは、擬人化されたものをモチーフにしたソーシャルゲームをご存知です…

自治体向けDX推進サービス

AIさくらさん for 自治体DX

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. AI関連

    最近、家電量販店で見かける「AI家電」ってどんなもの?
  2. AI関連

    働き方改革で変わる労働環境。AI(人工知能)サービスが生産性向上に大きく貢献
  3. Web関連

    Web制作会社が考える品質管理で重要な3項目
  4. Web関連

    正月太りもこれで解消!?スマート家電を活用してスマートな生活に!
  5. Web関連

    【越境ECサイト構築】爆買い終了!お土産は自宅で買う時代に
PAGE TOP