Web関連

1から調べてみた「SDGs」について

皆さんは「SDGs(エスディージーズ)」という言葉を聞いたことはありませんか?
最近、新聞やニュースでカラフルなアイコンともに出ていることが多いですが、何故今このキーワードが注目もされているのでしょうか。

注目されている理由の一つとしては、「すべての人が対象」の目標だからです。
すべての人とはどういうことを指すのでしょうか。さらに「SDGs」を詳しく解説していきます。

SDGsとは?

「SDGs」とは(Sustainable Development Goals)「持続可能な開発目標」の総称になります。
2015年9月の国連本部にて「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国の参加のもとにつ作られました。「持続可能な開発のために2030アジェンダ」に国際目標・国際社会共通として、17の目標と169のターゲットが記載されています。
1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロ
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任 つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう
そして、「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)”」を目指して目標が掲げられています。
こちら今回、初めて作られていた目標ではなく、以前は「MDGs(エムディージーズ / ミレニアム開発)」で進められており、加盟国の中でも開発途上国の問題で上げられていた、「貧困の差」や「HIV / エイズ、マラリアなどの蔓延」「ジェンダー平等」に焦点が当てられていました。
しかし、貧富の差などは先進国だけの問題ではなく、先進国にも日本にも当てはまる項目であり、世界各国が解決に向けて動かないと解決が難しいと発表がされました。
特に日本では「ジェンダー平等」については、深刻な問題を抱えています。他の欧米国に比べ、女性の政治家が少ないことや、仕事についても男性が多く比率が偏っている分野もあり、早急な対応が求められています。
そこで、改めて目標が定められたのが「SDGs」になります。
ここまでで目標だけを見直すと、目標の前半は開発途上国に当てはまることも掲げれていますが、
「ジェンダー平等を実現しよう」「つくる責任 つかう責任」などは先進国にも当てはまる目標が多く書かれています。
「でも、17も目標を達成するのは難しいのでは?」「国レベルの問題ではないか」と感じてしまうかもしれませんが、実は書かれている目標を全部達成する必要はなく、むしろ各国、企業、個人の動きに任されています。
つまり、国際的な法的拘束力はなく、目標に向かって動かなくても罰せられることはありません。

なぜ取り組みが必要なのでしょうか?

これから未来の行く先を示すものであるからです。
例えば、紙を作り出すには資源、原材料となる木が必要となります。次に木を加工する工場が必要となります。
その加工の過程で廃棄物を出るかもしれません。これを川や海に流すことで環境汚染になり、魚などが住めなくなるでしょう。
この先も今と同じように生活をし続けたら、地球が壊れていくのは止められません。
データで出ているようにあと地球の資源、「石炭、ウラン」は残り100年、「石油、天然ガス」は50年程で枯渇すると言われています。
このように今の生活だけではなく、未来を見据えて行動することが今後の私たちには必要なのです。
日本でも「SDGs」に向けて、国では「ビジネスとイノベーション」「地方創生」「次世代、女性のエンパワーメント」について行動を進めていくと発表しています。

私たちできることは?

企業だけでなく、個人でも動けることはいろいろとあります。
小さなことでも多くの人が取り組めば、やがて大きな力になりますので、是非とも書かれていることを試してみてください!
難易度 低
・無駄な電気はつかわない
・ごみの分別をしっかりと行う
・「SDGs」関連の記事やSNSをみて、関心をもつ
難易度 中
・エアコンの温度の設定は冬は低め、夏は高め
・電気を省エネのものに取り換える
こちらは企業とも連携を取る必要が出てきますが、ともに協力して動くことができればより良い方へ進むことができます。
難易度 高
・労働環境や労働時間の変更に対応できるように、リモートワークをする
こちらのサイトでも個人でも、「寝ながら出来ること」と項目が書かれていますので、気になる方は見てみてください!
https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/24082/
その他にもピコ太郎やハローキティが「SDGs」をもっと知ってもらうために、動画を出しており、中には歌も作られているので、初めて知る方にはおすすめです!
https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/24082/
目標達成までに期日を決められた2030年まで「あと10年」になります。
いまから少しずつでも始めることが大事ですので、できることを探してみてください。
参考リンク
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html(外務省)

eSportsって何がすごいの?前のページ

騙されるな!ネットのデマで人が死ぬ時代。デマに振り回されないために次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    海外ニーズが高まるネット通販

    皆さまは、「ネット通販」を使って買い物をされたことがありますでしょうか…

  2. Web関連

    トレーサビリティって一体何?

    皆さんは、トレーサビリティという言葉を聞いたことがありますか?言葉…

  3. Web関連

    知っておけば失敗しない?MA導入の失敗談・・・

    マーケティングオートメーションという言葉が日本で広まり始めたような気が…

  4. Web関連

    【インバウンド向けWeb制作】ある日突然、何でも無かった場所が観光名所になる!?

    今回の話はインバウンドに関するある話題について触れたいと思います。…

  5. Web関連

    仕事の取り組み方を変える!「ダイバーシティ」について

    昨今では「日本人の生産性は低い」とニュースなどで取り上げていることが多…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 【3分で解説】これから始まる自動車教習所のオンライン学科教習…
  2. 約1年間のウィズコロナ生活で大きく変わったもの
  3. スマートストアにより、小売業は激変する
  4. 【化粧品業界×最新技術】AIが化粧品のアドバイザーに!?
  5. AI技術の普及により移動も安全に

アーカイブ

  1. AI関連

    スマホサイズの翻訳機など、AI(人工知能)を活用した最新自動翻訳サービス
  2. Web関連

    新米ママをサポートする、子育てIoT新技術
  3. Web関連

    今さら聞けない「WEBの出来ること(活用メリット)」とは?
  4. Web関連

    気づけないWEBサイトの欠点をAIが分析・提案!
  5. Web関連

    ライバルサイトに差をつける!インフォグラフィックを作るための5つの手順
PAGE TOP