Web関連

【Webチームリーダー必見】自分のコピーを作る方法について

0

目次
– 自分のコピーを作るってどういうこと?
– 仕事は、任せて任せないってどういうこと?
– Webサイト制作チームの目指すべき方向性について

自分のコピーを作るってどういうこと?

このコラムを読んでいる方の多くは、チームリーダー、中間管理職の方だったりすると思いますので、今回は、自分のコピーを作る方法について話をしたいと思います。
Webサイト制作におけるチームリーダーの仕事は、チーム全員のタスク管理、クライアントのタスク管理、プロジェクトの進行管理、クライアントとのコミュニケーション(メール、電話、チャット)、予算管理、入金管理、請求管理、支払管理、チームのモチベーション管理、チームの体調管理等、多岐に渡り、様々な業務を抱えていると思います。
これらを全て自分ひとりでやるのは、ちょっと現実的ではないのではないでしょうか。
1日8時間労働として、1ヶ月約20営業日、160時間が最大稼働時間として考えると、全ての業務を1人で行うということは、大変難しい状況です。
プロジェクトとは問題が起きる物ですので、様々なトラブルが発生します。
例えば、進行管理をしていく中で、プログジェクトの進捗率が悪くなることがあります。
悪循環の例をひとつ挙げると、チームリーダー自ら作業をしてしまうと、もう他の業務まで手がまわりません。
そんな時、ふと思わないでしょうか。
「あと1人、自分と同じことができる人がいてくれたらなー」「いや、そんなことないよな〜」と。
残念ながら、想うだけでそのような夢が叶うことはありません。
ですが、行動を変えれば夢は実現できます。
今回は、自分の行動を変えることで、自分のコピーを作り、自分が楽になるアイデアを紹介したいと思います。

仕事は、任せて任せないってどういうこと?

Webサイト制作のチームリーダーとして、スタッフへ仕事を任せることに躊躇うことはないでしょうか。
1. 自分がやった方が早いからな。
2. ミスがあるといけないから、仕事をお願いすることが怖い。
3. 結局できなかった時に自分に仕事が戻ってくるから任せるのが怖い。
例えば、上記のことを考えてしまうと、なかなか仕事をお願いすることは怖いですよね。
ですが、それは仕事の任せ方に問題があるのです。
仕事を任せるときに大切なことは、下記だと考えています。
1. 適正な仕事の分量を、適正なスキルを持つ人にお願いしていたかどうか。
2. 仕事を任せる相手の仕事に対する理解度をチェックしたかどうか。
3. 仕事の中途報告をするタイミングを決めたかどうか。
仕事を上手に振れないのは、仕事の任せ方が下手、もしくは慣れていないのだと思います。
仕事をお願いする側が、仕事の難易度、求めるスキルを考慮し、仕事を請ける側に対して、丁寧な対応を心掛ける必要があります。
説明したから仕事ができるだろうとか、質問がないから大丈夫だろうとか、自分都合の物事を考えていませんか。
仕事を任せるということは、相手あってのことなので、自分の視点で物事を判断するのではなく、相手の理解度をチェックしなければいけません。
仕事の途中でも仕事の成果物をチェックする習慣、癖づけをしなければいけません。
本当に自分の期待する仕事かどうかを自分の目で確認しないといけません。
仕事を任せたスタッフから「できました!」という報告があって、そこで初めて仕事内容をチェックすると、指示したはずの仕事とは違う内容になっていたということがないように、
仕事の途中で中間報告をあげさせる、もしくは自分の目や足で仕事内容、成果物をチェックする習慣をつけなければなりません。
なんだ、結構大変なんだなと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
はい、仕事を任せるということは、自分だけで成立することはなく、相手あってのことです。
このように成功体験をお互い積み上げることによって、仕事を任せる側、仕事を任せられた側で信頼関係を築くことができます。

Webサイト制作チームの目指すべき方向性について

Webサイト制作チームのリーダーは、仕事を任せて任せないということを実施し、自分の時間を作る必要があります。
リーダーの仕事で最も重要なのは、チームの向かうべき方向性を決め、チーム全体を引っ張ることです。
そのためには強力なパワー、リーダーシップが必要だと思います。
チームのリーダーは、船で例えると船長さんのような立ち位置だと思います。
船長さんは、船の目の前に大きな岩があると、その岩に激突しないよう船の舵を大きく切り、岩=リスクを回避しなければいけません。
船長が船乗りと一緒に仕事をしてしまうと、目の前の岩に気づかず岩に激突してしまいます。
岩に激突すると、船が転覆し全員死んでしまいます。
船長=リーダーは、チームの向かうべき方向性を正確に見極め、
「こっちだ」「あっちだ」と強いリーダーシップで物事を進めるべきだと考えています。
たとえ船乗りが、「いや、こっちです」とか言ったとしても、
船長自身が決めた決断に従い、前に進むことが重要です。
リーダーは自分の時間を確保し、鳥の目のように全体を捉える必要があります。
そのためにリーダーは、仕事を任せて任せない姿勢でチーム全員の士気を高めるべきだと考えます。

0

E-Sportsは日本で普及するのか前のページ

私たちの仕事ってすばらしい!社会貢献度のものさし「SDGs」次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    グループウェア導入による業務効率化とは

    昨今、多くの企業で「業務効率化」や「業務スピード」が非常に求められてお…

  2. Web関連

    初心者でもわかる!グーグルアナリティクスについて

    みなさんはグーグルアナリティクスを利用されていますか?グーグルアナリテ…

  3. Web関連

    頭と心のストレッチ。 ホッと一息つく脱力系サイトまとめ

    2016年も約半分終わりました・・・。バリバリ仕事をこなしているであろ…

  4. Web関連

    海外ニーズが高まるネット通販

    皆さまは、「ネット通販」を使って買い物をされたことがありますでしょうか…

  5. Web関連

    Webサイトと未来をつなぐ「VR」

    PS4といえば、去年SONYから発表された「PlayStation V…

  6. Web関連

    作成する資料をちょっと良くできる!デザインの2ポイント

    最近は自粛&自粛で運動不足に拍車がかかっている、デザイナーの松…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. SEO関連

    【Web制作会社が教える】不正サイトへ誘導するSEOポイズニングに気をつけよう!…
  2. Web関連

    果たしてDMPの導入は本当に敷居が高いのか?
  3. Web関連

    ITやWebの力を1番借りたい業界は、観光業界かも?
  4. Web関連

    1から調べてみた「SDGs」について
  5. AI関連

    【人工知能(AI)×フィットネスクラブ】人工知能があなただけの専属トレーナーに
PAGE TOP