Web関連

おいしいインドカレー屋さんを見分けるポイント、五か条

0

こんにちは、ティファナ編集部です。
ティファナ社員はみんな仕事熱心(関心関心!)なので、わたしはゆるい記事を
お届けしていきたいなとおもっております。どうぞよろしくおねがいします。

さてさて、寒い季節になりました。デスクワーク中心だと汗をかくことが少なくなってきますよね。(Web制作者としてはありがたい話ですね)
久しぶりにかいた汗は取引先との緊縛感からの冷や汗、なんて方も多いはず。
夏の間のダラダラ汗は嫌なものではありますが、
一方、発汗はストレス解消、また弱くなった身体の新陳代謝機能を活性化するには
もってこいの方法です。
体内にたまったいろいろなものや、心のモヤモヤも汗をかいてすっきり。
できるビジネスマンは、仕事以外で積極的に汗をかいて体調管理したいところです。

じゃあスポーツする?サウナに行く?
手軽な方法があるじゃないですか、
そう、カレーです。まさかの食べ物。

わたしは特にインドカレーをおすすめします。
しかもたっぷりスパイスのきいたやつ。
激辛である必要はありません。
良い店はノーマルな辛さでもスパイスをうまく効かせています。

じんわりと汗をかいて、そこにスパイスの効果が染み込んでいく心地よさ。あぁ、至福のひととき。

スパイスはもともとお薬にもつかわれていたもの。
インド人いわく
『スパイスはサプリメント』
だそうです。(わたしの座右の銘)
インド家庭の主婦は、その日の家族の体調によってスパイスを選んで料理に使うそうですよ。
医食同源とはまさにこのこと。

そこで、数多くインドカレー屋を放浪したわたしが独自の視点からお伝えする、
おいしくて体にも効きそうなインドカレー屋さんを見分けるポイント、五か条をお届けします。
※個人の主観です。万が一、ご満足いただけなくても文句はお控えください。

1.外からお店の中が見えない

本当の理由は定かではありませんが、一説ではインドの宗教的に、
飲食店は中が見えないほうがいいそうです。一見怪しいほうが良いというわけですね。
「昔スナックだよね、ここ」といったような店舗をそのまま利用しているところも
数多く存在しています。
とにもかくにも、店構えを見ただけで、インド系の経営者または店員がいそうだと判断できるわけです。

2.店員さんはインド系の顔立ち、しかも日本語がイマイチ通じない

海外で食べるお寿司、握ってくれるのが日本人だとなんか安心しますよね。
同様にやはりインドカレーはインド系のみなさんにお願いしたい。
もちろん日本語ペラペラのかたもいらっしゃいますが、カタコトと指さしで注文するのもいいものです。
店員さんはネパールのかたが多いようにかんじます。
みなさん優しくてとてもフレンドリー、そして礼儀正しいです。

3.ナンやライスがおかわり自由

これも理由はわかりませんが、おいしいところはセコイこと言わずにナン・ライス食べ放題が多いです。
わたしはインド人のやさしさのような気がしていますよ。
おすすめはナンですが、はじめにナンを食べといておかわりはライス、というナイスなお店も存在します。
なお、ナンは基本的に大きめですので、おかわりするときはご注意を。ご利用は計画的に。

4.ランチが1000円以内

お財布にもやさしくあってほしい、都内の一等地でもヤスイウマイじゃないと。
日本人を使うと人件費がかかってしまう、悲しいかな、外国人の店員さんだと
その辺が抑えられるのだと推測しています。
ということは、この価格帯で勝負しているお店はインド色が濃厚ということです。
ちなみにランチセット内容は「カレー1種、ナンかライス、サラダ、飲み物」がデフォルト。
気前のいいところだと小さめデザートがついたり、飲み物までもフリードリンクなところもありますよ。
飲み物はラッシーかホットチャイがおすすめ。

5.店員さんの数がやたら多い

ホール担当のかたはだいたいおひとりですが、とにかく厨房内のざわざわ感がすごい。
お客さんが少ない時間帯だと、全員でこちらをみてニコニコしているときもあります。
わたし独自の調査によると、どうやら厨房内が完全分業のようなんですね。
ナンを焼く人、チキンを焼く人、カレーを作る人・・・といった風です。
それぞれ得意の分野でその道のプロとして提供したい、という熱意の表れなのか、
はたまたそういう文化なのか・・・

まとめ

どうでしょう?
インドカレーはインド系のかたにおまかせしたほうがいい、というところがポイントでしょうか。
他にも細かいところでは、ヒンドゥー教の神様ポスターが飾ってある、
とかガネーシャ像(顔が象さんの神様像)がある、
レジ横に食後の口臭を抑えるハーブが置いてある、とかもポイント高いですね。

入る前は中も見えないし、店員さんの顏も濃いし大丈夫かしらと思うけれど、
一度入ってしまうと店員さんの人柄の良さと雰囲気のいい怪しさにはまってしまうインドカレー屋さん。
わたしはサービスでラッシーをマンゴーラッシーに変更してもらったり、インドやヨガの話をしたりして楽しんでいます。
結局のところ、あたたかみを感じる人と人のつながりがあるところがいい店
というのはどんな業種、はたまた企業でも同じなのかもしれませんね。

あー カレーたべたい!

0

カッコイイWEBデザインは必要なのか?前のページ

Webデザイナーだからこそ、一味違うものを送りたい!オリジナル年賀状作成の3ステップ次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    これだけ載せておけば大丈夫!リクルートサイト必須コンテンツ!

    1人が3つの内定を持っていると囁かれるこの時代、学生さんの選択肢は…

  2. Web関連

    大切なマイナンバーを守るために

    ついに開始されたマイナンバー制度ですが、使い方や管理方法には注意が必要…

  3. Web関連

    Web制作会社が考える品質管理で重要な3項目

    今回はWeb制作における品質管理で重要な3項目を書きたいと思います。…

  4. Web関連

    面倒な作業を楽にするCSSフレームワーク

    こんにちはサーバーエンジニアの橋本です。WEBシステムを構築している…

  5. Web関連

    末恐ろしい。小学生が開発したスマホアプリ

    今回はサイバーエージェントが実施している小学生向けのプログラミングス…

  6. Web関連

    整理術を磨くと仕事だけでなくWeb制作の効率も上がる?!佐藤可士和から学ぶ仕事の取り組み方~第1回~…

    私たちの身の回りにはデザインされているもので溢れています。商品…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    万能のUIなんか存在しない!?
  2. Web関連

    HTML5の最新技術を知ろう!~その2~
  3. Web関連

    動画を長く見てもらうために、例をもとに考える。
  4. AIさくらさん

    人工知能(AI)を活用し、お客様の疑問を解決し顧客満足度向上できるサイト作り!
  5. AI関連

    【人工知能・AI×Webサイト運営】誰だか分からないユーザー情報を集めて、サイト…
PAGE TOP