Web関連

構成でコラムの「土壌」を整えよう!

0

春といえばお花見、さくら、そして。。。

春の陽気が顔を見せ始めた今日この頃、木々は芽吹き節目として人々も新しい挑戦が始まります。
web上でも例外なく企業や人々の動きは活性化し、たくさんのサイトや記事が乱立します。
中でもコラム記事はサイトへの流入やリピートにつながることを狙い、企業や個人で足がかりとして始めることも多いでしょう。
コラムたちが芽吹くこの季節、あなたもぜひコラムを始めてみませんか?
ただし、コラムも育つ土壌と育て方を間違えればたちまち枯れ、そこには「枯れコラム」がひろがる荒野と化してしまいます。
まず基礎の土壌を固めるため、「コラムの構成方法」をしっかりと決めることが大切です。どんな構成で土壌を固めることができるのかコラムビギナーな私と一緒に学んでいきましょう!

サイトにおけるコラムの重要性

コラムのメリット
ではそもそも、コラムを書くことでどのようなメリットがあるのでしょうか?
まず、質の高いコラムを掲載していることで自社サイトのファンやリピーターが増えます。インターネットですぐに情報を得ることができる現代、ここに行けば欲しい情報が得られるという信頼のあるサイトは魅力的ですよね。
また、情報発信から自社の今後のビジョンやスキルレベルを伝えることで会社として大きな信頼度にもつながります。
正確性のある質の高い情報を載せることでスキルレベルを発信し、明確に伝えることができればさらに信頼度にもつながり、自社のファンを増やすことができるのです!
エッセイ、ブログとの違い
コラムと同じように文章で情報を伝える形として、「ブログ」や「エッセイ」があります。「個人の主観や感想を自由に記述したもの」→ブログ、エッセイであることに対して、コラム記事は「根拠に基づいていること」「論理的に書かれていること」、そしてその根拠をもとに最終的な筆者自身の意見や見解を書ことが必要になります。いわば小さな論文のような形です。
コラムには知りたい情報についてサッと読むことができるよう、主張や結論を端的に表現し、どんな人もすぐに内容を理解できることが求められます。
では、どうすれば読み手がよりテンポよく読めるコラム記事を作成できるのでしょうか?
それは文章の「構成」が重要になるのです!

「型」から固めるコラムの構成

コラムの文章構成はまず型をもとに作成することが大切になります。
型には特に効果的なものとして以下の3つが挙げられます。
・理論的に説得量を増す「起承転結」
・インパクト重視!記憶に残る「序破急」
・伝えたい要点が伝わりやすい「PREP法」
ではこの3つの「型」をどうやって使い分けていけばよいでしょうか?
理論的に説得量を増す「起承転結」
よく学校の作文などでも挙げられます、起承転結。
問題の発生から解決まで筋道を立てて説明していくので、「なぜ?」「どのように?」といった情報が理論的に理解することができます。
ただし、文章の構成として冗長になりやすく、結論が先に求められるwebコラムではあまり向いていない型になります。
そこで、以下のイメージで起承転結を紡ぐことでコラムとして読みやすい構成にすることができます。

起:文章の内容の前提を説明。
承:始まり、問題点の発生。
転:問題の解決方法。
結:その結果、何が起こったか。

前提が重要な問題について論じる時や、解決するべき内容が明らかで、共感を重視するコラムには適した型のように感じますね!
インパクト重視!記憶に残る「序破急」
短い文章で文章にインパクトを出したい構成なら「序破急」が大活躍!
コラムという短い文章の中ではスピード感と分かりやすさが求められます。以下の構成で文章を作成することで読者の感情を揺さぶりましょう!

序:自身の意見や結論を展開し興味を引く。
破:「序」の説明を根拠を交えて論理的に説明する。
急:感動や納得など、読む側に何らかの感情が湧くようなまとめの文章でFinish!

ただし、自治問題などは意見や結論が分かりやすく主張が強く見えてしまい、読者の反感を買ってしまうリスクがあります。
読者に与える情報の趣旨が明確で、求められるコンテンツを強調するコラムにしたい場合はかなり効果的で記憶に残るコラムにできそうです!
伝えたい要点が伝わりやすい「PREP法」
PREP法は結論で始まり結論で終わる構成をしており、あらゆるビジネスシーンで使われる構成手法になります。
PREP法では以下の流れで構成されることで伝えたい要点が特に伝わりやすいのが特徴です。

P=Point(結論・要点)
R=Reason(理由)
E=Example(事例・具体例)
P=Point(要点、結論を繰り返す)

先に結論を述べることで、読み手の集中力があるうちに説明のインパクトを与えます。
そして、詳しい解説や根拠を示した後結論をもう一度繰り返すことで、読み手の理解度が深まるとともに記憶に残すことができます。
ただし、PREP法は結論ありきで自説を展開していくので「押しの強い主張」と聞こえることがあります。
結論を先に伝えることで無駄なく必要な情報を相手に提示することに長けているPREP法は、スキルや知識などを手早く共有する場合のコラムに適した型だといえるでしょう。

まとめ

今回はコラムを作成することのメリットとコラムの土壌を固めるための構成について参考になったでしょうか?
コラムを効果的に扱うためには完成度やクオリティ、読者をいかに共感させるかが大切になります。心を動かすコラムを作成するのに、伝えたいものに適した構成を選び使いこなせるようにしたいですね。
ちなみに、私も今回学んだ構成を活かして作成してみたのですが、どのような構成で作成したでしょうか?
是非、いろいろなコラムから効果的な構成を学ぶことが一番の近道です。
花より団子。団子よりコラム。春の温かい陽気の中、画面の中の活字を見つめる。「コラム見」でこの春新たなスキルの扉を開きましょう!

0

【SDGs】いつでもどこでも質の高い教育は受けられる前のページ

お財布にも地球にも優しい!余剰食品がゲットできる「食品ロス削減アプリ」次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    webデザイン目線で、webアクセシビリティをUP!させましょう

    こんにちは。育児に家事に大忙しのディレクター、望月です。近…

  2. Web関連

    javascriptの流行りの紹介

    今回は、javascriptの流行りのなかで、まだまだ今後も流行ってい…

  3. Web関連

    【業務・会計担当必見】医療控除の困った!はコレで解決!

    確定申告の時期になりました。その中でも確定申告で医療控除を行う方もいら…

  4. Web関連

    Web制作にも使えるかもしれない面白い心理学を集めてみました。No,2

    前回はWeb制作にも使えそうな面白い心理学を紹介しました。今回は営業に…

  5. Web関連

    LPってどれもどこか似ていませんか?

    何回かコラムを書かせていただいていると、普段見ないようなサイトも見るの…

  6. SEO関連

    web制作には欠かせない、SEOとオウンドメディア

    『オウンドメディア』広告費をあまりかけたくない会社や他社との差…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    ECサイト制作を行う前に知っておくべきヒント
  2. Web関連

    近ごろ話題のワークショップ型ディスカッションを考えてみた
  3. AI関連

    VUIの先にあるもの
  4. Web関連

    病院サイトってどこか似ていませんか?
  5. AI関連

    【人工知能・AI×業務効率化】社内業務に時間を使いすぎていませんか?
PAGE TOP