Web関連

今がチャンス!企業が動画制作するワケ!

0

世の中の企業は、自社のお問い合わせの数を増やすためにLPOやEFOなど色々な対策をしています。

世の担当者達が今、CVRを上げるために注目しているのが動画制作なのです。
特に、この傾向が顕著なのがECサイトですね。ECサイトを運営しているティファナのクライアントも
今、動画の活用に力を注いでいるんですよ。

なんで動画がいいのか?

では、なぜ動画を掲載するとCVRが上がるのでしょうか?
それは、昔のことわざにもありますが、「百聞は一見にしかず」の一言に尽きるのです。
例えば、あなたが洗剤を買おうとした時に、次のどちらの商品が魅力的で欲しくなりますか?

・Aの洗剤をアピールする文章が延々と書かれており「A社の洗剤は○○の有効成分がシミと汚れを分解して~」と特性についてずっと書かれているページ

・Bの洗剤を使って汚れたYシャツが真っ白に洗濯される動画が1分間掲載されているページです。

おそらくBの商品と答える人が多いのではないでしょうか?
動画はユーザーにたくさんの情報をストレスなく伝えることができるのです。

掲載するときに気をつけたい事!

動画を掲載する時に気をつけなくてはならないポイントの一つは、読み込み時間です。
ページを開いて、再生ボタンを押してもいつまでたっても再生がはじまらない・・・。
これは、いけません。ユーザーの離脱の原因になってしまいます。

動画制作時にいいものを作ろうとするとついつい長くなってしまいがちですよね。
以前に比べれば、通信のインフラの進歩で大きなデータでもストレスなく閲覧出来るようになってきました。

ですが、画像や文字に比べ、どうしても動画のデータは大きくなってしまうため、
動画制作時には、特にデータ量やページでの読み込み時間を気にしておく必要があります。

動画の内容も重要ですが、ユーザーにストレスなく快適に視聴してもらえる事が大切です。

動画は必須コンテンツ!?

Webサイトが出来た時は、文字だけで、画像もないサイトしかありませんでした。
それが今や、画像がないサイトは、逆にありえないという感じですよね。
同様に、動画がないサイトも考えられないという時代が、すぐにやってくるかもしれません。

周りが、一斉に動画制作を始めてから慌てて制作するより、先んじて動画を掲載しておいた方が
競合から抜き出るチャンスになるかもしれませんよ。

0

Web制作会社が提案する顧客ロイヤリティ向上施策前のページ

ホームページ更新の手間を省きたい次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    ITやWebの力を1番借りたい業界は、観光業界かも?

    あらゆる業界でWebはもちろんのこと、ITの活用やIoTへの取り組…

  2. Web関連

    WordPressの予約公開終了・予約上書きが出来るプラグイン「Advanced Schedule …

    WordPressの素晴らしいプラグインを紹介している岸沢です。今…

  3. Web関連

    iPhone 6sが気になる!!

    iPhone 6sが気になる!!アップルからiPhone 6sが発売…

  4. Web関連

    知らなきゃ危険!!webに動画を掲載する前に著作権を知っておこう

    現在簡単に動画を閲覧、掲載できる時代になりました。普段何気なく目に…

  5. Web関連

    スマホ広告を出す前に押さえておきたい3つのポイント

    こんにちは、コンサルの横山です。「歩きスマホ」での事故が年々増えてる…

  6. Web関連

    【Web文章術】そうだ、人を惹きつける文章を書こう

    皆さんこんにちは。堀井です。最近仕事が終わって家に帰るとすぐに寝てしま…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    Web制作会社厳選!レスポンシブWebデザイン(RWD)の便利なテンプレート&ツ…
  2. Web関連

    eSportsって何がすごいの?
  3. Web関連

    ホームページ制作時の契約書、確認ポイントをあれこれ教えます!
  4. Web関連

    Webマーケティングの概念が変わる?MCNとは
  5. Web関連

    レスポンシブWebデザイン(RWD)の特徴まとめました
PAGE TOP