Web関連

そうだったのか! 簡単にわかる「モバイルファースト」の考え方

現在、ほとんどの企業がコーポレートサイトやECサイトを持っています。

そんな中、自社サイトを持っていない会社で「ホームページは作らなくてもいい。」と考えを持っているところも少なくありません。

その理由は「Webサイトへ訪れるユーザー自体が減った。だから新たに新規サイトを立ち上げる必要はない。」と思っている人がいるからです。

しかし、待ってください。実はWebサイト自体が悪いわけではありません。

誰にでも見ることができるWebサイトは、自社のことや商品についてアピールする媒体として最も適しています。

ユーザーにとって活用しやすくわかりやすいサイトになれば、お問い合わせに大きく繋がることは間違いありません。

では、ユーザーが求めるWebサイトとは何でしょうか。

今後Web制作をする上でとても必要となる考え方が、近年よく見かける「モバイルファースト」です。

このコラムでは、「モバイルファースト」の考え方によるメリットをご紹介いたします。

86522d8150ef8a7df8bd1bba8abbab1d7901cc95.jpg

そもそもなぜ「モバイルファースト」の考え方が生まれたの?

「モバイルファースト」とは、どこから生まれたのでしょうか。 現在パソコン上よりも、モバイル上で見られているWebサイトが多くなっています。 スマホ所有率8割といわれている現代では、情報を調べることは断然モバイル上だけで完結できてしまうほど便利な世の中になりました。 例えばネット通販を利用するためにECサイトを見たい!と思っても、わざわざパソコンを開く人はいません。すべてスマホで行っているでしょう。 今の時代、Webサイトはパソコンに合わせて制作するよりも、モバイルを使うユーザーに合わせて制作したほうが何倍も需要があります。そのため、「モバイルファースト」という言葉がWeb制作業界では当たり前になっています。 それでは、「モバイルファースト」のメリットと意図はなんでしょうか?
以下より、「モバイルファースト」による効果と、その考え方に基づいたAIソリューションFURUMAIができることを説明します。

1)「モバイルファースト」って何がいいの?

「モバイルファースト」とは、モバイルユーザーに向けてモバイルサイトからコンテンツを作成していく考え方です。 しかし、単に「パソコンではなくモバイル用のデザインから作る」という作業手順の話ではありません。 「モバイルファースト」の本質は、サイトを利用するユーザーにとって、何が必要で何が使いやすいかを考えて、ユーザーニーズに合ったものをつくることです。つまり「ユーザー中心」の考え方から生まれた言葉なのです。 大きな画面でクリックを行うパソコンと、小さな画面で指でタップをするモバイルとでは、まるで操作性が変わりますよね。 パソコン上と同じ文字や情報量の見せ方をしてしまうと、見づらく、スクロールするのも一苦労です。 それでは、「このサイトはいいや」と、すぐに離脱してしまうユーザーが増えてしまいます。 これをなくすために、モバイルユーザーに合わせてボタンのコンテンツ幅や、テキスト量を変えたり、スムーズな導線づくりをしていくことで、ユーザーにとって最適なWebサイトが実現します。

2)FURUMAIで「ユーザー第一」なサイトへ

しかし、「モバイルファースト」の考え方が良いとはいっても、1つ1つユーザーニーズに合わせたものを作成するのは大変です。そこでティファナでは「モバイルファースト」の考え方に基づいたAIソリューション「FURUMAI」をご紹介しています。「FURUMAI」とは、人工知能(AI)がWebサイトを分析し、現状サイトの状況と改善点を「AIさくらさん」が案内してくれるサービスです。そこで分かった課題は、随時ティファナが改修することで、ユーザーのニーズに合ったベストなWebサイトを保つことができます。
つまり、AIさくらさんに言われたことをそのまま実行していけばよいだけなのです。「FURUMAI」は、一度に全てをリニューアルするよりも、遥かに効率的に短期間で行えるメリットがあります。

「モバイルファースト」と「FURUMAI」による大きなメリット

「モバイルファースト」と「FURUMA」で得られるメリットは、以下になります。

<モバイルファースト>

・モバイルで操作することを考えてデザインを制作する→需要が高まり、アクセス数が増加、コンバージョンに繋がったり、店舗にくるお客様も増える・モバイルで手軽に見れるサイトになる→シェアをしやすくなり、宣伝性アップ

<FURUMAI>

・Webサイトを分析してくれる→解析ツールから自分で読み取る作業がいらない・AIさくらさんが、サイトの問題を報告してくれる→そのサイトに合わせた改修が随時行える
以上のように、多くの問題を簡単に解決することができるのです。

時代とユーザーに合わせたWeb制作

Webサイトに需要がなくなったというのは大きな誤解です。 モバイル中心の時代だからこそ、SNSを活用して思わずシェアしたくなるようなサイトや、ブックマークしたくなるサイトを目指すべきではないでしょうか。
今後スマートフォンやタブレット優先で制作していく考え方は主流になるでしょう。
常に先を見越して都度改修していくことが、 Webサイト制作の重要なカギなのです。67077e42ef66d58060cfb4040e4abf3823d65d42.jpg

採用情報の登録系業務の98%はRPAにお任せ!求職者により多くの魅力を伝えよう!前のページ

SEO対策はFURUMAIさくらさんにお任せ!次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    ECサイトでの動画活用で実店舗へご招待!

    こんにちは!最近風邪のフルコースを堪能してしまった中條です。喉の痛…

  2. Web関連

    情報漏洩に注意!?web制作・運用におけるクラウドセキュティのあれこれ

    皆さん、クラウドセキュリティという言葉をご存知です…

  3. Web関連

    ティファナも使っているCMS、Movable Typeの特徴とは?

    CMSを使えば、Webサイトの運用・管理が簡単にできます。ただ、C…

  4. Web関連

    Webサイトと未来をつなぐ「VR」

    PS4といえば、去年SONYから発表された「PlayStation V…

  5. Web関連

    Webサイトに動画導入は、あり?なし?

    昨今、Webサイトの背景に動画を使用しているサイトをよく見かけますよね…

おすすめ記事

最近の記事

  1. ジオターゲティングを起点に個人情報を考えてみる
  2. 改めてキャッシュレス決済を考えてみる
  3. AIが人材不足の悩みを解決!
  4. 5G(第5世代移動通信システム)の影響
  5. 真のMaaSを支えるAI技術

アーカイブ

  1. Web関連

    WEB制作・システム開発と迷惑メール対策について
  2. SEO関連

    【Web制作会社が教える】SEO対策で文章作成に困ったときに使える3つのポイント…
  3. Web関連

    ストーリー仕立てでパララックスデザインを活用しよう
  4. AI関連

    真のMaaSを支えるAI技術
  5. Web関連

    えっ!あの有名企業も?MA (マーケティングオートメーション)導入している日本企…
PAGE TOP