Web関連

自前のサイトとプロのWeb制作会社が作ったサイト、どこが違う?

Web制作会社ティファナが、「自前のサイトとweb制作会社が作ったサイトの違い」をご紹介します。

Webサイトが必要になったとき、多くの人が「どのWeb制作会社に制作を依頼しようかな?」と、真っ先に考えるのではないでしょうか?しかし中には、「自分で作ってみよう」「自社内に多少聞きかじった人がいるから、その人に作ってもらおう」と、考える人もいるようです。

昨今はWeb上に知識が紹介されていますし、書籍や学校も充実しているため、自力で作った方がお得!という人もいるようです。しかし、そんな中でもWeb制作会社に依頼があるということは、Web制作会社に頼むと何かメリットがあるということではないでしょうか?

今回は、自分で作ったWebサイトと、プロであるWeb制作会社が作ったWebサイトでは、大きく違う点があるということをご紹介しようと思います。

gori0I9A9903_TP_V.jpg

要注意!自力でWebサイトを作ろうとすると、こうなる

さて、まずは自力でWebサイトを制作しようとすると、どうなるかリスクを考えてみましょう。

自力でWebサイトを作りたい、と考える人の多くは腕に自信ありもしくはクリエイティブな性格をなさっているのでしょう。そしてなにより、制作会社という第三者に依頼を出したり、打ち合わせを設けたりするのが嫌だと思っている方、時間がかかってしまうので自分で作りたい…と考える方が、主な層になってくると思います。

しかし、果たしてそうそう素人が上手くWebサイトを作って、成功させることができるのでしょうか。

理由は、Webサイトを作るためには、技術だけではなく、知識も必要になってくるからです。

時間と手間をかければ、HTMLやCSSを作ったり、JAVAを組むことができるかもしれませんが、できあがったWebサイトが成功するかというと、必ずしもそうではありません。

なぜならば、そのWebサイトが「利用するユーザーにとって、使いやすいサイトになっているか?必要な情報が網羅されているか?」という問題があるからです。せっかくWebサイトを作っても利用してくれるユーザーがいなければ、作った甲斐がありませんよね。

作ったWebサイトが上手く効果を発揮できない要因は、作り方や内容に問題があるからです。そもそもどの様な目標を持ってWebサイトを作るのか?このWebサイトのライバルになるのはどんな会社なのか?このWebサイトを活用するユーザーはどんな人なのか?検索エンジンに評価されるコーディングができているか?ペナルティを受ける内容になっていないか?等、簡単にWebサイトを作ると言っても考えるべきこと、やるべきことが山積みなのです。自力でWebサイトを作ると、これらがしっかり考えられていない、的外れな内容になっている、ということが起こるため、効果が出ないサイトになってしまい、結果、失敗に繋がってしまうのです。

メリットだらけ!?プロに任せればこんなことができる

しかし、プロであるWeb制作会社に依頼を行えば、失敗のリスクは激減します。なぜなら、制作会社のスタッフはその道のプロであり、常日頃からWebサイト制作に必要な知識を集め、制作を行っているため先ほど挙げた失敗の要因をクリアすることができるからです。

餅は餅屋ということわざがあるように、なんでもその道のプロにお任せした方が安心です。

では、Web制作会社にWebサイト制作を依頼するとどんなメリットが得られるのでしょうか?詳しく考えていこうと思います。

メリット1.結果が出るまでコンサルティングしてくれる

まず考えられるメリットは継続性です。自力でWebサイトを作ったとしても、完成後の保守や運用、ユーザーの利用率や要望に応じた更新など、やることは日々山積みになっています。これらの雑多な作業や考案を自力で行おうとすると、とても大変です。

なにせ、日々、ユーザーの心理や行動は移り変わっていきますし、その時々のトレンドというものもあります。これらを考慮したWebサイトの運用や企画を考えることは、容易にできることではありません。しかし、Web制作会社に依頼を行っておけば、雑多な作業や考案は制作会社の方で行ってくれるので、自分はWeb制作会社から上がってきた情報を確認し、こうしたい!という依頼を出せば良いのです。

また、Web制作会社から上がってくる情報もただ実情を伝えるものではなく、現状を分析し、依頼者が考えている理想に近づけるための考えを示したものになっているので、コンサルティングをお任せすることもできるのです。

メリット2.実績データに基づいた構成・デザインで制作してもらえる

実績データに基づいた構成・デザインの作成というのも、Web制作会社に依頼しないと得られないメリットの1つです。

Web制作会社は様々な業種業態のサイトを長年制作したり、コンサルティングを行っているため、「この業界でターゲットがこの層ならば、このような構成・デザインが相応しい」というデータを実績として持っています。自力で構成・デザインを考えると、自分が作ろうとしているWebサイトの目的やターゲットに相応しくないものにしてしまったり、パソコンで見た時、スマートフォンで見た時など、環境に応じた見栄えを考え忘れたりしてしまうということが起きがちですが、Web制作会社に依頼しておけば、そんな心配も必要ありません。

メリット3.実践的なSEO対策ができる

SEOという言葉をご存知でしょうか?

正式にはサーチ・エンジン・オプティマイゼーションというのですが、日本語訳すると検索エンジン最適化になります。検索エンジンとはGoogleやYahoo!のように、無数のWebサイトの中からユーザーが検索したい情報にマッチしているサイトを検索し、結果を返してくれるサイトです。

前提の説明が長くなりましたが、SEOとは平たく言いますと、自分のWebサイトを検索結果画面で上位表示させるための取り組みを指しています。このSEO対策、よく聞く用語ですが、言うは易く行うは難し。その実、大変な労力と勉強が必要になってくる取り組みなのです。自力で頑張って対策を行い、ある程度の順位まで上げることができたとしても、どうしてもプロが作ったWebサイトを追い越すことは難しく、上位表示されるWebサイトは基本的に制作会社が作ったサイトになっています。

それは、キーワード選定1つ取っても、過去の膨大なデータを洗い出し、最新の評価基準を研究した結果から考えて作られるため、なかなか太刀打ちできないためです。

メリット4.セキュリティ対策で、不測のトラブルも対処できる

ところでWebサイトにもセキュリティ対策が必要ってご存知でしたか?

会社にアルソック警備を付けたり、家に防犯カメラをつけたりするのと同じように、Webサイトにもセキュリティ対策が必須となっています。ネット上には悪意を持ってWebサイトに攻撃を仕掛けたり、サイトを利用しているユーザーの個人情報やクレジット情報を盗み出そうとしている人たちがいるからです。また、ウィルスを埋め込まれてしまったり、サーバーをダウンさせられるというような事態もありえます。それらを直したり、排除することはプロの手を借りないとなかなかできません。

このトラブルによって、Webサイトが使えなくなってしまったら、復旧までの間にWebサイト上で得られていたはずの利益が得られなくなってしまうのはもちろんのこと、自身の時間も大幅に拘束されることになってしまいます。その点、Web制作会社に任せておけば、そもそも高いセキュリティを維持しながら、問題が起こったときには即対応ということも可能です。

https___www.pakutaso.com_shared_img_thumb_OOK75_prezensurudansei20131223.jpg

どうしても、自力で作るのなら必ずやっておきたいこと

これまではWeb制作会社に依頼をした方が良いメリットをご紹介しましたが、それでもどうしても自分でWebサイトを作りたい!という方もいらっしゃると思います。お次は、そんな自分で頑張りたいと考えている方向けに、自力でWebサイトを作る場合はどのようなことを行う必要があるのか、を考えてみようと思います。

自力で作るのならば1.ターゲット分析、業界調査

まずは実作業に取り掛かる前に、自分が作ろうとしているWebサイトのターゲットとなる人はどんな人物なのか?自分が作ろうとしているWebサイトの属する業界はどんな業界なのか?を調べる必要があります。

ターゲットは、どんな人柄なのか?どんな生活を送っているのか?

どんなことが好きなのか?男か女か?年齢は?職業は?住所は?休日の過ごし方は?等、できる限り深堀しましょう。

ターゲット像は詳しければ詳しい程、良いです。

その方が、Webサイト上でやるべきこと、やった方が効果が得られることを考えやすいためです。また、このターゲット分析にはペルソナというものを作ると更に理解が進みます。業界調査では、先行している他企業の特徴を調べたり、その業界特有のルールやポイントを理解しておく必要があります。

自力で作るのならば2.ログ解析

次に必要なのはログ解析です。

ログ解析とは、自分のWebサイトに訪れたユーザーの記録を調べて、どのような特徴が見られるのか分析することです。

例えば、どんな経路を辿ってこのWebサイトに辿り着いたのか?どのページが1番人気なのか?

逆にどのページが1番人気がないのか?

このWebサイトからユーザーが離れてしまうのはどの時点なのか?ユーザーはこのサイトをどのぐらい時間をかけて読んでいるのか?等、解析しなければならないことがたくさんあります。また、これらの解析をするためには、Googleのサービスを活用したりする必要がありますが、活用するためには事前準備が必要になってきます。ソフトのインストールはもちろんのこと、各ページのHTMLに専用のタグを埋め込んだりと編集作業も必要になってきます。

自力で作るのならば3.サイトマップ、 UI/UX設計

調査や分析、解析が終わったところでやっと実作業の入り口、サイトマップ、UI/UX設計に辿り着きました。

このサイトマップ、UI/UX設計は、簡単に言ってしまえばWebサイト上のどこにどんな情報を載せるのか?を決めていくものです。サイトマップでは、どのページがどのページと繋がっていて、どの場所にどのページがあって、を指し示すものです。名前の通り、サイトのマップになるものです。このサイトマップを準備しておかないと、どこにどんな情報を記載したページをどのぐらい作れば良いのか分からなくなってしまいます。

UI/UXとは、簡単に言ってしまうとサイトの使い易さ、操作性の良さです。

例えば、パソコンでWebサイトを閲覧していた時、とても長い文章を読み終えた後に、違うページへ移りたいと思っても、メニューバーが上部にしかなかったら、わざわざスクロールし直さなくてはならず、手間になってしまいますよね。そんな時は、長文を読み終えた後に、TOPへ戻るボタンがあったら楽ちんだと思いませんか?このように、ユーザーの使い勝手を考えて、どのような情報をどこに載せるのか、どのような機能を準備しておくのか考えるのがUI/UX設計です。

自力で作るのならば4.キーワード設定

上記で、どんな情報をどのページに載せるのか決まったら、次はキーワード設定が必要になってきます。キーワード設定はSEO対策を行う上で欠かせないもので、ざっくり説明すると「このページにはこのキーワードに関することが書かれているよ!」とPRする為のものです。

逆に返せば、「このキーワードでユーザーに集まってもらいたい!」と考えて設定することもあります。例えば、ペペロンチーノのレシピに関するページならば、「ペペロンチーノ レシピ ニンニク オリーブオイル イタリアン パスタ」というようなキーワードを設定することで、ペペロンチーノのレシピを検索している人はもちろん、ニンニクやオリーブオイルを使ったレシピを探している人や、イタリアンやパスタについて調べている人も呼び込むことができます。

このキーワード設定は単純に関連する単語を入れれば良いというものではなく、ユーザーがどういった単語で検索を行っているのか分析したり、最近のニーズを理解していないと設定できないものなので、設定前に情報を収集したり、勉強を行う必要があります。

自力で作るのならば5.デザイン、コーディングガイドライン作成

さて、実作業の目玉であるデザイン作成やコーディング作業に入る前に決めておかなくてはいけないことがあります。

それは、デザイン、コーディングガイドラインです。デザインやコーディングを作成するとき、おこなうときは、このガイドラインを作成しておく必要があります。このガイドラインがないと、ページによって作成方法がバラバラになったり、デザインのテイストやコーディングの記述がおかしくなってしまうためです。

同じWebサイト内で突然テイストが変わってしまうとユーザーが不安に思ったり、不便に思うこともあります。そのため、1人で全部作るぞ!と決めているときでも、作業するタイミングによって作成方法が変わらないようにガイドラインを作成しておく必要があります。

自力で作るのならば6.セキュリティ対策

セキュリティ対策がなぜ必要なのかは、メリット4で説明させてもらいましたので、その重要性は十分にご理解いただけたかなと思います。ということは、自力でWebサイトを作る時もご多分にもれず、セキュリティ対策をばっちり行っておく必要があります。

SSL化は必須ですし、簡単に管理者権限を奪われないよう厳重なロックをかけることも忘れてはいけません。悪意がなくてもウィルスを持ち込んでしまうユーザーがいることを考えると、攻撃に耐えるだけでなく、そういったサイトにとって穴になりそうな存在を持ち込ませないようにする手立ても必要になってきます。

これらは既存のセキュリティ系ソフトウェアだけでは賄えない、Webサイト制作時から気を付けておかなければならない対策ですので、他の対策系に比べると少し大変かもしれません。

https___www.pakutaso.com_shared_img_thumb_LISA99_MBA20141018102742.jpg

Web制作はプロである制作会社に依頼した方が楽ちん!

Webサイトは自力で作ろうと思えば作ることはできますし、実際にネット上で公開することも可能です。

しかし、作っているときも大変ですが、作って公開した後も大変なのが続きます。制作会社に依頼することが億劫だとしても、作成から運用、保守などの労力を考えたら、全部まとめてWeb制作会社に依頼してしまった方が楽ちんです。実際にWebサイトを作り始める前に、1度Web制作会社の話を聞いてみるのも手かもしれませんね。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作

【人工知能(AI)×教育】”24時間365日”人工知能があらゆる質問に答え万能サポート前のページ

【人工知能(AI)×ホームページ解析】Googleアナリティクスの新機能「ユーザーエクスプローラ」とは?次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    ECサイト制作を行う前に知っておくべきヒント

    年々市場拡大を続けているECサイト市場。物販を行う企業のほとんどが楽天…

  2. Web関連

    宴会で「デキる」自分をアピール!Webサービスを使った幹事マニュアル

    昨年末、皆様はどれくらい忘年会に行かれましたでしょうか?私はよく幹事を…

  3. Web関連

    「早い!安い!うまい!?」Twitter広告のあれこれ

     皆さんこんにちは。日頃から情報収集を欠かせないWeb業界ですが、ふ…

  4. Web関連

    時代はハンドメイド!作品を魅せるWebデザイン!

    最近、ハンドメイド雑貨のWebサイトへ誘導する広告が増えていると思いま…

  5. Web関連

    サイト設計で変化するサイトイメージ

    人間は思っているより変わりやすい生き物です。色や物によって大きく気…

  6. Web関連

    ライバルサイトに差をつける!インフォグラフィックを作るための5つの手順

    この前、とあるサイトのデザインをしていた時にふっと思いました。…

おすすめ記事

最近の記事

  1. DX(デジタルトランスフォーメーション)・デジタルシフトへの…
  2. テレワークだけでは足りない?デジタルシフトなど、アフターコロ…
  3. デジタル化が旅行・観光業を救う!?ウィズコロナ・アフターコロ…
  4. 非接触がこれからの常識。ウィズコロナ・アフターコロナはIoT…
  5. キャッシュレス決済はウィズコロナでのウイルス対策に繋がってい…

アーカイブ

  1. RPA関連

    RPAから始める業務効率化 働き方改革に向けた最初の選択肢にも
  2. Web関連

    今、企業が考えるべきSDGsのメリットとデメリット
  3. Web関連

    使いすぎ!?目のショボショボを防ごう!!
  4. Web関連

    CGでしょ!?疑うほど進化した期待のヘッドマウントディスプレイ
  5. Web関連

    webデザイン目線で、webアクセシビリティをUP!させましょう
PAGE TOP