Web関連

【Web担当者必見】Web制作にも必要なアクセスログ解析って?

0
こんにちは、デザイナーの藤原です。今までは、「あれば良いな」や「会社の体裁」というような理由でWebサイトを制作する企業もいましたが、昨今ではWebでの集客に力を入れるためにWebサイトを制作するという企業が増加傾向にあります。
そんな中、制作したWebサイトで「検索順位を上げたい」や「お問い合わせを増やしたい」など、様々な悩みを抱えているWeb担当者の方々は少なくないと思います。
そこで今回は、自社のWebサイトが今どのような状況なのか?自社のWebサイトで効果を上げるにはどうすればいいのか?を、考えていく中で必要不可欠な「アクセスログ解析」についてご紹介したいと思います。

アクセスログ解析って?

まず初めにアクセスログ解析の概要についてご説明します。
“サイトにいつ訪問し、どこのサイトから誘導されたのか、どれだけの訪問数があったのかなど、サイトへの訪問状況の記録(ログ)を解析することです。 アクセスログを解析することで、アクセス数や、ページ内での遷移、訪問元のURL、コンバージョン率、どの検索キーワードでサイトに訪問してきたのかなど、幅広い項目の情報でサイトの動向を把握することが出来ます。( http://www.visionalist.com/glossaries/02_a_004.html ) “
簡単に説明すると、どんな人が、どこから、どうやって、Webサイトに訪れているのかを解析することです。
では、概要が分かったところで更に詳しい説明に入っていきましょう。

分析と何が違うの?

一般的に解析(Analytics)は、「事物の構成要素を細かく理論的に調べることによって、その本質を明らかにすること。」(デジタル大辞泉)を指し、一方、分析(Analysis)は、「複雑な事柄を一つ一つの要素や成分に分け、その構成などを明らかにすること。」(デジタル大辞泉)を指しています。
つまり解析は、分析よりも細かく調べ上げるということですね。

アクセスログ解析でわかること

アクセスログ解析を行うことで、「誰が」「いつ」「どのページを」「どうやって」「何で」「何回」自社のWebサイトを見たのかが分かります。これらの内容が分かることによって、自社のWebサイトで特に見られているページやユーザーがWebサイト上でどんな情報を探しているのかが判明するため、自社サイト内の弱いコンテンツを補強したり、人気コンテンツを把握してより良いものへ改善することができます。

目的に応じて解析したい内容を絞ろう

上記のように、アクセスログ解析を行うことで様々な内容がわかるようになってきます。
ただ、解析はいくらでもできるので、全部を解析しつくそうとすると時間がいくらあっても足りません。そのため、Webサイトで何をしたいのか目標を決めて解析する方が効率的です。
例えば、「優良顧客が訪れる時間帯を知りたい」ということであれば、「誰が」「何回」見ているのかを優先して調べるとどのぐらいの時間帯にどんなユーザーがどのぐらい来ているのかを知ることができます。アクセスしてくるユーザーが自分の会社のパソコンからWebサイトを閲覧していれば、IPアドレスを元にどんな企業の人が来ているのか分かります。
併せて、日付や時間や曜日を集計することもできるのでそれらを合わせて、誰が何時にどれくらいの頻度で見に来ているのかが数字で確認できますし、他にも解析時の目標を変えて使用する情報を変えれば、もっと多くの事が分かるようになります。

PDCAを回そう!

アクセスログ解析を行うことで、多くの課題や問題点が見えてきます。
せっかく解析をして、問題が分かっていながらも放置をしてしまえばアクセスログ解析を行った意味がありません。
計画(plan)、実行(do)、評価(check)、改善(act)のPDCAサイクルを回すことでより効果のあるWebサイトになってきます。解析データを眺めるだけではなく、改善を繰り返していくことで、初めてアクセスログ解析の意味を成すともいえます。

Webサイト制作にアクセスログ解析は必要不可欠!

今回は、アクセスログ解析についてご紹介させていただきました。
何事もPDCAサイクルを回すことで効果を発揮します。
これを機に、いま一度Webサイトの目的と状況を確認してみてはいかがでしょうか。
Webサイトは1度作ったら終わりというものではなく、状況に応じて変化をつけることが必要になってきます。
そうです。この「変化をつける」という行為はWebサイトがユーザーのニーズに沿うように調整することです。
そのためにも、アクセスログ解析は必要不可欠です。
弊社は、人工知能を使った解析から改修を自動で行うツールも取り扱っております。
ぜひ、Webで効果を出したい方はご相談ください。
ご提案(コンサルティング)から制作まで一貫してご対応させていただきます。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作・Webサイト制作

アクセスログ解析

0

【人工知能(AI)×病院】病院内のさまざまな業務を人工知能で大幅効率化前のページ

外国人観光客人気No.1!京都「伏見稲荷大社」から学ぶKYOTOブランドのおもてなし次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. Web関連

    Webデザイナー必見!構図をマスターする黄金テクニック

    皆さんは、Webサイトを見ていて自分がほしい情報が見つからない。なんて…

  2. Web関連

    Webサイト売上げアップに使える”行動心理学” その4

    良いUI/UXを提供するために、Webサイトを利用するユーザーの心理を…

  3. Web関連

    いまさら聞けないスマートフォンの基礎知識

    スマートフォンとは多機能な携帯電話のことであり、携帯電話とパソコンの機…

  4. Web関連

    ホームページ制作会社が紹介するグローバルナビゲーションの情報分類4パターン

    みなさんは、「グローバルナビゲーション」と呼ばれるものをご存じでしょう…

  5. Web関連

    肌のトラブルは女性だけではない!男性向け化粧品の売り出し方!

    夏の日差し、冬の乾燥、吹き出物など肌のトラブルは女性だけでの悩みではあ…

  6. Web関連

    ECサイトでの動画活用で実店舗へご招待!

    こんにちは!最近風邪のフルコースを堪能してしまった中條です。喉の痛…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. SNS関連

    Instagramユーザーにおすすめ!大流行の変装アプリ3選!
  2. Web関連

    難しくないティファナの品質管理
  3. Web関連

    新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. Web関連

    初心者WEB担当者が勘違いしてるUI/UX
  5. Web関連

    皆の「なんぞや?」を解決する、ISMS取得のメリットとは?
PAGE TOP