Web関連

ポルシェ好きのオッサンが今後の自動車業界に関して考えてみた

0

こんにちは。昔クルマが大好きだった岸沢です。
今は、、、東京に住んでいる分には必要が無いものなので、興味が殆どなくなってしまいました。

昨今、電気自動車や自動運転など自動車の技術革新が加速しつつあります。
今後どうなっていくのか簡単に解説してみたいと思います。

 

電気自動車

一番のポイントはエンジン→モーターにあります。
エンジンとなると、とても高い技術力とノウハウが必要になります。
その場合、既存の自動車会社に分があるのですが、電気自動車はバッテリーとモーターで動きます。
簡単に言うとミニ四駆と同じです。
そうなるとても参入障壁が低くなり、今後の業界図が変わっていくのではないでしょうか。

自動運転車

各社、自動運転の導入を発表しています。
さらに、既存の自動車業界以外の会社(Googleなど)も導入を進めています。
前述の電気自動車という点が参入障壁を低くしています。
自動運転となると、センサーやAIなどIT技術も深く関わり、今後の動向に目が離せません。

最近起きたニュースなのですが、6月30日 テスラ・モーターズは自動運転初の死亡事故が起きたと発生したと発表しました。

テスラ・モータズ? あまり自動車に詳しくない人は、聞いたことのないメーカーかも知れません。

テスラはPayPal社の前身であるX.com社の設立者として有名な、イーロン・マスクがCEOを務める会社です。
テスラ Model S というクルマが販売されています。

WEBサイトでオーダーメイドできますので、興味ある方はどうぞ。
サイト上でデザインや各種オプションなど選択できます。
https://www.teslamotors.com/jp/models/design

流石は、IT関連会社の設立者がCEOを務める会社だけあって、WEBサイトから自動車をオーダーメイドできるなどの仕掛けが良いです。選択内容がプレビューに即反映できるのが素晴らしいです。

私の好きなポルシェですが、当初自動運転には否定的でした。
『ポルシェオーナーなら自分で運転したいだろう。iPhoneはポケットの中でいい』って、ことでしたが「ポルシェ・デジタル」という会社を設立して、自動運転のAI技術を進めていくそうです。
電気自動車も「ミッションE」プロジェクトが進んでいます。

今更聞けない自動車用語

ここからは蛇足です・・・。
自動車用語を解説したいと思います。

クーペ

2ドア 箱型自動車を指します。

馬車用語「クペ」からクーペとして定着しています。

フランス語を由来とする「クペ(切る)」四輪二人乗りの箱馬車に用いられました。
四輪四人乗りの普通の馬車を途中で切った形から、切られた馬車(カロッス クペ)と呼ばれ、クペが馬車用語として用いられるようになりました。
そして、自動車用語に継承されました。※日本語ではクーペとして定着しました。

ポルシェでいうと・・・、ケイマンがクーペにカテゴライズされます。
2016年からポルシェ718 というシリーズにカテゴライズされ、718ケイマン、718ボクスターとなりました。
718って何?ですが、718には意味があります。
718は50年台後半から活躍したポルシェのレーシングカー(ポルシェ550の後継)として、輝かしい戦績を収めました。
718とはポルシェにとって重要な数字になり、それが今回名づけられたということになります。

カブリオレ(クーペカブリオレ)

収納式ハードトップを備えたオープンカーを指します。
こちらも馬車からの幌馬車から継承されています。

主にドイツ車で用いられます。
アメリカではコンバーチブル、イギリスではロードスターという名称になります。

ポルシェでは911カブリオレやボクスターが該当します。

スパイダー

ロードスターのうち、速い自動車のモデルがスピードスターと名付けられます。

「スピードスター」→「スピーダー」→「スパイダー」

として名称が変化していきました

ポルシェでは「918スパイダー」「550スパイダー」が該当します。

タルガ(タルガトップ)

こちらもオープンカーの一種で、頭上のルーフパネルのみを取り外せるモデルを指します。
由来はタルガ・フローリオ(イタリア・シチリア島で行われたレース)から来ています。
ポルシェがこのレースで5連覇を達成を記念し、ポルシェ・911のセミコンバーチブル仕様に「タルガ」と名付けたのが最初です。

SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)

「スポーツ用多目的車」と訳されます。スポーツはスポーツ・アクティビティを指します。
最近話題でよく名前を聞きますね。元々はアメリカのトラックベースの2ドアスタイル車でしたが、
現在はこれといった定義は無いようです。
スポーツ、アウトドア、街でもと言った感じにオールラウンドな自動車にカテゴライズされます。

ポルシェでは、「カイエン」や「マカン」が該当します。
ポルシェ側の見解としてはSUVではなく、スポーツカーの新しいカタチだとのことです。
「カイエン乗りてぇ」で有名ですね(笑)

ターボ(ターボチャージャー)

過給機の一種で、排気ガスを利用して、コンプレッサーを駆動して空気の密度を高くする過給機。
・・・よくわかりませんね。

エンジンではガソリンを燃焼させます。そのためには空気が必要です。
エンジンに圧縮した空気を送り込むことで、燃焼の量を増やすことが出来ます。

エンジンを燃やした時に出る排ガスを、タービン(風車)に当てて、高速回転させてエンジンにつかう空気を圧縮する圧縮機を動かします。

必要のない排ガスを再利用する素晴らしいシステムです。出力が大きい車ほど効果が高くなるのが特徴です。

元々はスーパーチャージャーという機械式タイプが存在したのですが、
コンプレッサーを動かすための動力が出力の大きい車ほど大きくなり、
邪魔な存在となってしまうという欠点があり、最近は見かけなくなりました。

カスタムカーでボンネットの上にエンジンが飛び出ているのがスーパーチャージャーです。

ポルシェでは911ターボなどがありますね。
そもそも911ってなんだという疑問があるのですが、
元々は開発コード901からきているのですが、3桁で真ん中が0の車は全てプジョーが商標登録しており、
クレームを受けて、911と変更したという経緯があります。
スポーツカーとしては珍しいRRの駆動方式の自動車として、時代によって変化はありますが、
あの独特の形が魅力ですね。

RRの駆動って?なぜスポーツカーでは珍しいの?
車関連は色々な専門用語が多いですね。

0

知っておけば失敗しない?MA導入の失敗談・・・前のページ

【人工知能・AI×Web】今すぐマーケティング本を閉じて、AIに全部任せる新サービス次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    iPhoneのアプリでサッカーが上達!?

    とうとうiPhoneのアプリでサッカーが上手くなれる時代がやってきまし…

  2. Web関連

    お土産の購入もECサイトを有効活用

    「お土産」と聞いて皆さんはどういったものを想像するでしょう?・親族…

  3. Web関連

    営業担当者必見!MAツールを使って時短&顧客育成!

    あなたは効率よくお仕事が出来ていますか?「実は時間が短縮できる…

  4. Web関連

    【Web制作会社が教える】10分でわかる!?フラットデザイン実践のポイント

    ファッションと同じように、webデザインにも、その時期ごとの流行があり…

  5. Web関連

    webデザイン目線で、webアクセシビリティをUP!させましょう

    こんにちは。育児に家事に大忙しのディレクター、望月です。近…

  6. Web関連

    目の疲れをスッキリ!!これで疲れ目解消!

    最近、あなたの目はお疲れではありませんか?パソコンの長時間使用により起…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    【もう知ってる?】マイナンバーのメリット・デメリット
  2. Web関連

    HTML5で3D表現!?
  3. Web関連

    マーケターの常識!?プライベートDMPとオープンDMPの違い
  4. Web関連

    コラムのチェック方法 ~一次チェック編~
  5. Web関連

    テレワークはじめてみた
PAGE TOP