Web関連

WEB担当者必見!プライベートDMPとオープンDMPの違い

0

企業のWEB担当者の方なら最近「DMP」という言葉を聞くようになったのではないでしょうか。

DMPといっても一概に1つではなく、「プライベートDMP」と「オープンDMP」という2つあります。

今回、プライベートDMPについての活用方法や仕組みについて調べていこうと思います。
DMPを理解していただければ今までWEBでできなかったことができるようになりますので、
WEB担当の方は必見です!
では早速見ていきましょう。

 

そもそもDMPってなに?

そもそもDMPとは何か調べてみました。
DMP(Data Management Platform)とは、ビジネスに膨大なデータを活用する基盤のことで、多くの情報はWEB上で集められた情報になります。
つまり、Googleアナリティクスなどの解析ツールで集めた情報や会員登録を基にしたデータのことですね。

この情報を基に、「オープンDMP」と「プライベートDMP」というのがあります。

この2つを一元管理し利用することで、WEBに訪れたユーザーにWEBの広告やコンテンツの出しわけが
できるようになるのです。

また、これはどこかの分野や業種に偏るのではなく様々な分野で使うことができるのです。

プライベートDMPは大切な情報資産

次に、「オープンDMP」と「プライベートDMP」の違いについて詳しく見ていきましょう。

オープンDMPとは、様々なWEBサイトでのユーザーの行動履歴やデモグラフィック情報などを蓄積されたものです。
これは、第三者のデータとして価値を持っており、広告主はこの情報を基に新規顧客獲得や新たな顧客を開拓するなどに
必要な情報になります。

オープンDMPに対し、プライベートDMPは企業が持っているデータのことになります。簡単に言うと自社のWebサイトに訪れたユーザーの行動や会員登録情報などになります。
既存顧客へ購買意欲を促したり、新しい情報を提供したりすることが可能になるでしょう。

プライベートDMPは、実店舗やWEBでの動きなど様々な情報が入っているため企業にとっては
巨大な資産になると思いますし、その情報を基に商品の打ち出し方を変えて、ユーザー一人一人に
One to Oneマーケティングができるようになるのです。

素晴らしいですね。

DMPの導入と今後の課題

DMPについて皆さん理解はしていただけましたでしょうか。

大手企業の場合、プライベートDMPの情報量は膨大なものになり活用しないわけにはいかないと思います。
ただ、世の中に出ているツールをただ入れるだけでは、効果が発揮されません。

WEBコンサルティングをしてくれる人やツールのシナリオ設定をしっかりと設定をしなければいけません。

もしツールの設定やコンサルティングでお困りのことがございましたらティファナにお電話を!

デザイナーの出口でした。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

FURUMAI(アンノウンマーケティング)   (URL:https://www.tifana.com/service/unknown.html)
ビッグデータ活用支援   (URL:https://www.tifana.com/service/bigdata.html)
アクセスログ解析   (URL:https://www.tifana.com/service/accesslog.html)

関連コラム

0

【ホームページ制作】Google認定パートナーになってみよう!前のページ

ビッグデータってどう活用されているの?医療業界での活用方法とは次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    ブライダルサイトを見て、真剣に考えたこと

    気になって、考えました。最近、周囲で結婚する人が増えてきました。季…

  2. Web関連

    HTMLの構造を考える時に大切な3つのこと

    HTMLはもともと文章をまとめるもの!HTMLとはいったい何な…

  3. Web関連

    Webマーケティングには必須!間接効果を可視化するアトリビューション分析をやってみよう

    Webマーケティングの施策を実施した後には必ず成果を図るための分析、効…

  4. Web関連

    ヤフオク初心者が、ECサイトとは違う気になる点をピックアップしてみた

    こんにちは、デザイナーの角田です。皆さんは、ネットオークション…

  5. Web関連

    クラウドサービスのメリット・デメリット

    去年の今頃、急速に普及した「クラウドサービス」。普及率が30%という今…

  6. Web関連

    ARを活用したビジネス

    スマートフォンが登場してから、急速にスマートフォン用のアプリが増えまし…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. AI関連

    スマホサイズの翻訳機など、AI(人工知能)を活用した最新自動翻訳サービス
  2. Web関連

    数年後には常識!?開発を変える『APIエコノミー』とは
  3. AI関連

    【人工知能(AI)×災害対策】AIが希望をつなぐ地震予測の未来
  4. Web関連

    怪談話の作り方 ~背後に気を付けてお読みください~
  5. Web関連

    マーケッター必見! 話題のMAツールを比較してみた
PAGE TOP