Web関連

自撮り(セルフィー)世代をバッチリ掴んだマーケティング事例3選とそのポイント

0

Twitter、Instagram、LINE、あらゆるSNSで情報発信するのが当たり前になり、「自撮り」という文化がすっかり定着してきました。
そこで今回は、その「自撮り」世代を上手く活用したマーケティング・キャンペーン事例をご紹介したいと思います。

1.カラーコンタクト「LILMOON」のセルフィーを撮っちゃおうキャンペーン

人気タレントローラさんがプロデュースしたカラコン「LILMOON」のキャンペーン。
カラコンをつけた自撮り写真をInstagramで投稿すると、抽選で旅行券や商品が当たるという内容です。
カラコンユーザーの、ファッションに感心の高い女性たちであれば、積極的に参加してくれそうな企画です。

2.サントリー「ほろよい」セルフィー応募で夏のCMに出ようキャンペーン

対象商品の「ほろよい」を持った自撮り写真で応募するとCMに出られるかもしれない、というキャンペーンです。
友達との楽しい飲みの場であれば、「試しに投稿しちゃう!?」と盛り上がる場面もあるかもしれません。

3.「フーターズ」オープン30周年記念キャンペーン、ウェイトレス写真コンテスト

こちらはアメリカで行われたキャンペーンです。
セクシーなコスチュームを来たウェイトレスで有名なレストラン・チェーン店「フーターズ」。
元ウェイトレスとして働いていた人々に、コスチューム姿で来店してもらい、自撮り写真を投稿してもらうよう呼びかけました。
当日は無料食べ放題権が当たるなどの抽選会を開き、来店を促すだけでなく、
自撮りキャンペーンによって約3万人ものInstagram新規フォロワーを獲得したとのことです。

各キャンペーンの共通点

ここで、各キャンペーンが抑えているポイントをまとめたいと思います。

2184f7b0ba0e425f8150bf3b37e881d1973f34bc.png

1.自撮り好きなターゲットを狙っている

カラコンユーザーであれば、ファッションへの関心が高く、普段から自撮り写真をSNSに投稿している可能性が高いです。
ほろよいも、メインターゲットは若い女性で、飲みの場では積極的に友人たちとの写真を撮ることが多いでしょう。
SNSを見るだけではなく、投稿する可能性が高いユーザーをターゲットにしています。
(フーターズもセクシーなお姉さんが多いので、自撮りが好きだと勝手に推測しています)

2.投稿自体が楽しい

景品が当たらなかったとしても、SNSで自分の写真を見てもらえること自体、自撮り世代には楽しいイベントです。
企画によって、自撮り写真を多くの人に見てもらえるチャンスがあることをアピールすることもポイントです。

3.応募が簡単

どのキャンペーンも、自社のキャンペーンサイトからの応募に限定せず
ハッシュタグを利用し、ユーザーが好きなSNSから応募できるようにしました。
ユーザー側からすれば、面倒な応募フォームの入力の手間を省くことができ
企業側からしても、あらゆるSNSで拡散されることが期待できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
Instagramを活用したプロモーションは、ユーザーの利用シーンを想像して、
「楽しく・簡単にできる」企画になるよう工夫しましょう。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

SNS構築

関連コラム

0

【人工知能(AI)×コールセンター】コールセンターが抱える悩みを人工知能が解決前のページ

【人工知能(AI)×EC・通販】24時間365日いつでも電話対応できる通販・ショッピングサイト次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    WEBサーバーの設定に便利な.htaccessの使い方

    WEBサイトを運営するにあたって、切り離せないのがWEBサーバーの設定…

  2. Web関連

    便利で毎日使ってしまう!?キュレーションサービス

    通勤時や通学時の電車の移動時間、お昼の休憩時間、 ちょっとした隙間時間…

  3. Web関連

    世界の「美しい女性」の基準

    皆さん、ご存知ですか?毎年おこなわれている、「世界で最も美しい顔1…

  4. Web関連

    webサイトにおけるアクセシビリティの考え方

    Webサイトでは「ユーザビリティ」という考え方が非常に重要視されていま…

  5. Web関連

    作りっぱなしにNO!PDCAを回して、効果的なWebサイトにしよう 第3回:【実践編】メールフォー…

    前回までの記事では、PDCAを回すことの重要性と運用に必要なポイントを…

  6. Web関連

    最近流行のゴーグルみたいなアイツ

    知っている人は知っている最近、こんなのが流行っていますが、皆さんご存…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. AI関連

    【人工知能(AI)×メンタルヘルス】AIに悩み相談!テレワーク疲れにメンタルセル…
  2. サービス・新技術

    「モノ」から「コト」へ。変わる購買理由。
  3. AI関連

    【新型コロナとの戦い方】ロックダウンか集団免疫獲得か
  4. サービス・新技術

    今後広まるキャッシュレス決済のメリット
  5. AI関連

    【人工知能(AI)×Webマーケティング】unknownマーケティングにおけるリ…
PAGE TOP