Web関連

Web制作会社が教えるデータドリブンマーケティングを成功に導く方法

0

データドリブンマーケティングを活用したマーケティング

「データドリブンマーケティング」という言葉をご存知でしょうか?

近年注目を集めているマーケティング用語ですが、まだまだどのようなものかは知られておらず、言葉だけが先行しているような状況かと思います。

マーケティング用語は、意味合いを理解し、実際のビジネスに活用してこそ意味があるものですよね。そこで、今回は、「データドリブンマーケティング」について、少しお話してみたいと思います。

❛❛データドリブンマーケティングとは、新商品や新サービスの企画を考えるときに、ビッグデータを分析し活用して次のアクションへ繋げるマーケティング手法のことを「データドリブンマーケティング」と呼びます。❜❜

データドリブンマーケティング

マーケティングデータの収集は精力的に行っている企業も多く、かなりの量の顧客データや市場分析データが蓄積されているのではないでしょうか。ただ、注目を集めている割には、それらのデータの活用に成功している企業はほんの一握りで、多くの企業は最適な結果を得ることができていないようです。ビッグデータというものは、収集するだけでは何の意味もありません。それをしっかり分析し、活用してこそ初めて意味を成すものとなります。
kimura_1609031.png

そもそも、ビッグデータとは?

「データドリブンマーケティング」について話す前に、そもそも、「ビッグデータ」って何なの?という方もいらっしゃるかもしれません。
この「ビッグデータ」という用語も、流行はしたものの、イマイチ意味合いはしっかり理解されておらず、実は活用しているけれど、それを「ビッグデータ」を呼ぶのかどうかは知らない、という企業も多いのではと思います。

「ビッグデータ」とは、総務省によると、どの程度のデータ規模なのかという量的な側面だけでなく、それがどのようなデータから構成されているか、あるいはそのデータがどのように利用されるのか、という質的側面において、従来のシステムとは違いがあるというふうに述べられています。

ただ、結局のところ、「ビッグデータ」という言葉の明確な共通定義は定まっていないようです。

❛❛ビッグデータとは、インターネット普及とIT技術進化によって生まれた、従来の企業が取り扱ってきたデータ以上に、より大容量かつ多様なデータを扱う新たな仕組みをあらわすもの。その特性はデータの量、頻度(更新速度)、多様性(データの種類)によって表される。❜❜

いずれにしても、「ビッグデータ」はあくまでデータの塊でしかなく、それを実際のビジネスの現場におけるマーケティング活動に活かしていかなければ意味がありません。

データを作り、集め、見える化し、活用する

話を戻しますが、「データドリブンマーケティング」をうまく活用するには、データを作成する、データを収集する、データを見える化する、データを使う、といったことを考える必要があります。

マーケティング活動を進めるには、さまざまな方法で集めたデータを集約して、そこから意味のあるデータを作成したり、さまざまな基準や評価方法を基にデータを見える化し、実際に使うことが重要です。

収集したデータを見える化し、活用するためには、ユーザーのデモグラフィック属性やユーザーのサイトにおける行動履歴などを分析し、使えるデータとして成形することからスタートする必要があります。

「データドリブンマーケティング」を活用するのは大変!?

「データドリブンマーケティング」を活用しようと思ってはいても、なかなかどのように進めれば良いのかが分からない、分析などをする時間がない、などさまざまな要因により、結局はうまく活用できていないというのが現状だと思います。

ただ、今後は、人工知能(AI)が発達していき、Webをはじめとするさまざまな媒体において、データの分析・集約などはAIが行なう時代がやってきます。
たとえば、サイト内の掲載コンテンツ要素を自動で言語分析し、ユーザーの行動履歴と紐付けて、有効なコンテンツやルートを導き出すといったことが考えられます。

理解するのが大変、時間が無い、とあきらめるのではなく、まずは、うまく活用するために有効なツールやサービスを探すところから初めてみてはいかがでしょうか。
せっかく多大な時間とコストをかけて集めたデータを、うまく活用し、競合他社と差別化できるようなサービス展開へ活かしていきましょう。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

マーケティングオートメーション(MA)
FURUMAI(アンノウンマーケティング)
アクセスログ解析
O2O/オムニチャネル
ビッグデータ活用支援

0

「ビデオコンテンツ」が主流!デジタルマーケティングの今を見る前のページ

今さら聞けない!リードジェネレーション(リード獲得)のいろはのゐ次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    WEB制作・システム開発と迷惑メール対策について

    最近携帯電話のメール宛に迷惑メールが多く届くようになりました。「○…

  2. AIさくらさん

    GAFAは知ってた。じゃあBATHは?

    GAFA(ガーファ)ってすごいですよね。「Google」「Amaz…

  3. Web関連

    コミュニケーションの要!?「可愛げ」とは

    さて、そろそろ年度末ですね。新入社員の皆さんはあと少しで丸々1年が…

  4. Web関連

    なるほど!気付けばそこにいる、ゲーミフィケーションについてまとめてみる

    「んん?...げーみふぃけーしょん?」と言う方もいれば、「ああ、ゲーミ…

  5. Web関連

    web制作の作業効率を大幅に上げる!デュアルディスプレイ実装法

    ティファナ社内では、以前に比べ、ノートPCやタブレットを持っている人の…

  6. SNS関連

    SNSマーケティング

    突然ですが、ラピュタ崩壊の呪文「バルス」の瞬間ツイートで世界新記録を更…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    Webサイトと未来をつなぐ「VR」
  2. Web関連

    知っておかないと損をするWebフォントとは!
  3. Web関連

    SEOの基礎中の基礎
  4. Web関連

    SEOが辿ってきた激動の歴史とは? ~SEO誕生から現在までの歴史
  5. Web関連

    ECサイト レスポンシブデザイン化のメリット・デメリット
PAGE TOP