Web関連

Web制作会社が教えるデザイナーのスキルアップ

0

こんにちは、デザイナーの藤原です。
昨今?いや、永遠の課題ともいえる「スキルアップ」。
人事や上の立場の人は、部下のスキルアップ。制作者本人は、自身のスキルアップ。立場はそれぞれ違えど、悩みは一緒のはずです。
今回は、その悩みであるスキルアップ方法についてご紹介したいと思います。

そもそもWebデザイナーに必要なスキルって何?

Webデザイナーとして必要なスキルって考えた時なにを想像しますか?
「デザインがめちゃくちゃかっこよく作れる人?」「Photoshopが使える人?」「コーディングができる人?」「Webの知識がたくさんある人?」考えられることはたくさんあると思います。
私が考える、Webデザイナーのスキルは大きく2つあると思います。

制作スキル

一つは、制作スキルです。
前述しましたが、「HTMLコーディングできる人」「Photoshopが使える人」のことです。
制作者であれば尚のこと、制作スキルがなければ何もできません。
では、制作スキルを上げるには何をすれば良いでしょうか。

デザインスキル

fujiwara_skillup01.jpg

デザインスキルは、インプット・アウトプットを増やすためにも「数をこなせばスキルは上がる」と言いたいですが、それだと何の解決にもならないのでまずは、勉強・参考になるサイトで基礎スキルを身につけてみましょう。

新米デザイナーには、これを読ませることをお勧めします!
デザイン云々の前に、環境設定とレイヤー機能を知ってもらわなければ話になりません。

「作業が遅い」「効率が悪い」と言われる人にはこれを!
みなさんは、ショートカットキー使っていますか?
マウスでカーソルを持っていく人とショートカットキーを使うだけの人では、全然スピードが違います。
作業の時間を短くし、アイデア出しの時間に当ててください!

コーディングスキル

fujiwara_skillup02.jpg

コーディングは、タグや要素の考え方で挫折する人が多いと聞きます。
また、「時間がなくてコーディングの知識を教えられない…。」「スキルアップしたいけど聞きづらい…。」など環境によって様々あると思います。
そんな方は、動画で勉強できるサイトがおすすめです。

動画で勉強できるサイトはこれ!HTML/CSSだけでなく、Wordpressやプログラム言語と幅広く知識を広げられます。
私も学生の頃は、これにとてもお世話になりました。
3分と短いスパンなので、ちょっとした休憩や寝る前に少しなど、手軽に勉強できるのも特徴です。

ゲーム感覚で勉強するならこれ
勉強の進捗も見えるのでスキルアップしているという実感も得られると思います。

制作以外のスキル

もう一つは、制作以外のスキルです。
それは、「担当案件の理解度」「問題解決」「マーケティング」など、数多くあります。

担当案件の理解度

ディレクターと制作で完全に分かれていたり、制作の一部分だけを担当しているなど企業によって様々だと思います。
しかし、デザイン・コーディングその他諸々、制作を進めるのであれば必ず案件の理解を高めるように心がけしましょう。
そうすることで、なぜこのプロジェクトを行うのか、クライアントが求める成果物になっているかなど、正しい判断で制作を進められます。

問題解決

Web制作を進める中で多くの問題が出てくるはずです。
それは、「ページ崩れ」「デザインの見せ方」など制作サイドの問題から、「売上・コンバージョンが上がらない」「運用フローが複雑」など制作サイド外の問題が出てきます。
それをどう乗り越えるか、代替案を出せるかなどが必要になってきます。
「分かりません、ごめんなさい」では済まない話なので、案件の理解度とも繋がる話ですが、問題解決スキルも上げていきましょう。

マーケティング

マーケティングはやはり、Webデザイナーとして、業界としてスキルは無くてはならないです。
制作だけがゴールではなく、制作して運用してプロジェクトの目的のあった効果が出るかなので、マーケティングが必須スキルでもあります。

まとめ

目標設定の方法で、「the S.M.A.R.T way」という目標設定の方法があります。
「具体的に」「定量的に」「達成可能な範囲で」「現実的に」「時間を意識して」という5つのことを意識して目標にしなさいという内容です。
スキルアップは、すぐにできるものとそうでないものがあります。
自分自身にあった適切な目標設定を設けて、頑張っていきましょう!

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作 
Webデザイン制作 

0

まだ間に合う!オウンドメディアを活用したマーケティング ~飲食・食品業界編~前のページ

日用消耗品業界について書きます次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. Web関連

    単語の覚え方から実際の利用シーンまで。個人的オススメ英語学習サイト3選

    こんにちは。学生時代、英文学科なのに人見知りすぎて留学生とコミュニケ…

  2. Web関連

    QRコードとO2Oマーケティング

    今や街中で見かけるQRコードですが、実際にどのようなものなのでしょうか…

  3. Web関連

    E-Sportsは日本で普及するのか

    突然ですが、皆さんは子どものころに将来の夢はありましたか?ミレニア…

  4. Web関連

    ミュージシャンのWebを利用したプロモーション

    こんにちは。音楽が好きで好きでたまらない杉山です。昨今、Webを活用…

  5. Web関連

    人が手に取るもの、触れるものは全てUIの考えが入っている?

    今回はUI(ユーザーインターフェイス)について考えていきたいと思います…

  6. Web関連

    Web制作者必見!!お1人様用コンテンツの需要~旅行編~

    皆さんは、1人で旅行をした事がありますか?友達や家族と旅行、という…

自治体向けDX推進サービス

AIさくらさん for 自治体DX

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    人工知能(AI)がユーザーの気持ちを考えてWEB集客率向上!?
  2. Web関連

    ネットニュースから分かる事
  3. Web関連

    失敗しないWebリニューアルをするためには
  4. Web関連

    Web制作会社が教えるデザイナーのスキルアップ
  5. AI関連

    【人工知能(AI)×顧客満足度】音声対話で最高品質のサービスを可能に
PAGE TOP