Web関連

CD、買っていますか?ネットでやり取りされる音楽

0

皆さんは、最近CDを買いましたか?ここ数年で音楽の販売方法も変化しましたね。
ご存知の通り、最近はデータ販売が多くなってきました。
確かに、CDを買うよりデータの方が安く、オトクです。
モノがないので部屋のスペースもとらないため、そういった意味でもデータ販売はメリットがあります。

海外では、Facebookでチケット購入ができるようになったり、スターバックスカフェと連携して音楽が聴けるサービスを提供したりと、マーケティングに変化があります。

そこでネットでやり取りされる音楽について、マーケティング法を調べてみました!

cd_utagawa01.jpg

動画サイトを活用したマーケティング

主な動画サイトとして、Youtubeがあげられます。
公式として、事務所がアーティストのMusic Videoをアップしていることは珍しくありません。
また、Youtubeには設定を変更しない限り、次の曲が自動で再生されます。
アーティストの曲を1曲だけでなく、以前の曲も聴いてもらえるので売名にはもってこいですね!
気に入ってもらえればそのまま購入・・・なんてことも夢じゃありません。

あるアーティストでは、Youtubeを宣伝媒体として使用するだけでなく、公式サイトとして使用しているグループもいます。
TOPページから音楽が流れ、Bioglaohy、Goodsなどコンテンツが存在します。
ちなみに、そのコンテンツのページへ行くとボーカルが宣伝をしています。
文字ではなく声で宣伝をする、Youtube(動画)ならではの宣伝ですね。

SNSを活用したマーケティング

SNSの普及は言わずもがなですよね。
アーティストだけでなく芸能人や政治家など、多くの著名人がSNSを使用しています。
メリットもデメリットもありますが、今回はデメリットは無視しましょう。

音楽においてSNSを活用するメリットとして、アーティスト本人だけでなくファンが宣伝をしてくれることです。
リリース情報を流すと、拡散やハッシュタグなどを使用してファンが記事を投稿します。
投稿された記事を見て、興味が無かった人も「ちょっと聴いてみようかな」「気になるから借りてみようかな」と心がゆすぶられます。
そうすることで、興味を持ち始めた人が購入してくれるというわけです!

Webサイトを活用したマーケティング

はじめに少しだけ話しましたが、Webサイトからデータをダウンロードする方法が主流になっています。
GoogleやAppleが大手ですが、アーティストの事務所サイトでもダウンロードできるようになっているところもあります。

CDを買うと1枚1,000円ほどで、聴きたいと思っている曲以外の曲もついています。
その曲が良い曲であれば「ラッキー!」ですが、あまりヒットしないとちょっと残念ですよね。
その点、ダウンロードでは1曲から購入でき、値段も数百円です。
試し聴きしたいときはダウンロードの方が断然お得ですね!

まとめ

ここまで、「データをダウンロードする購入方法がとてもいいです!」と宣伝してきましたが、実は私はデータをダウンロードして音楽を購入したことがありません。
好きなアーティストの曲は全部聴きたいという思いと、形に残して手元に置いておきたい気持ちがあるからです。
※Music Videoが観たい気持ちと、歌詞カードを見たい気持ちも・・・

ただ、先ほども書いたように試し聴きや少し興味があるアーティストの曲を聴きたいときはデータで1曲購入の方がいいよな~と思っていることも事実です。
音楽の売り込み方法が変化する中で、データ購入とCD購入のどちらも大事にしていきたいと思います。

余談ですが、最近、好きなアーティストが炭酸飲料とコラボしました。
いつも、好きなアーティストが何かとコラボをするときは「またお仕事が来るように・・・」と無理しない程度に貢献するのですが、今回は購入者限定特典がついていました。
公式サイトでシリアルナンバーを入力すると限定音楽が聴けるというものです。
普段飲まない炭酸飲料ですが、即購入で飲みました。おいしかったです。

cd_utagawa02.jpg

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ソーシャルメディア運営支援
Webマーケティング支援

0

大人でも陥ってしまうガチャ問題をプログラマー視点で考えてみた前のページ

コンパクトカメラがなくなる?最近のスマホのカメラがすごい!次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    著作権侵害の罰金は最大1億円!!

    とにかく話題になっている著作権問題ですが、法人の場合、違反しますとなん…

  2. Web関連

    Webサイトの裏側までこだわるアートなHTMLソースコード集

    普段何気なく見ているWebサイトの中には、"表側"のデザインはもちろ…

  3. Web関連

    ショッピングカートシステムのまとめ

    ECサイト構築で必ずと言っていいほど使われるショッピングカートシステム…

  4. Web関連

    あなたは自社サイトや情報を活用できていますか?DMPを利用したデータ活用とは

    DMP元年といわれた2013年から早二年が経ちました。ビッグデータやD…

  5. Web関連

    【ホームページ制作】薬事法NG? 気を付けたい化粧品の広告表現

    この冬、乾燥による肌荒れが悪化した経験…

  6. DX関連

    知っているようで知らない。Googleについてまとめてみる

    もはや知らない人はいないかもしれない企業、「Google」。知らず…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    web担当者必読!注目のLINE@ 企業のビジネス活用まとめ
  2. AI関連

    AIとMR技術でデジタル変革するウィズコロナの世界
  3. AI関連

    デジタルシフトするアフターコロナの新しい時代のビジネスモデル「DX」とは?
  4. サービス・新技術

    スマートシティ構想に欠かせないIoT
  5. Web関連

    あなたの日本語、間違ってる!実はおかしい文章表現
PAGE TOP