Web関連

米政府からの依頼!?「ペンタゴンをハックせよ」

0

みなさんは、自分達が運営する企業サイトなどのセキュリティレベルをご存知でしょうか。
専門的なことはわからない。自分には関係ない。セキュリティソフトがあれば大丈夫なんて思っていませんか?

技術の進歩により、セキュリティ対策もより強固になっていますが、同時に攻撃をするクラッカーと呼ばれる人たちの技術や、その方法も進化し続けています。

いざ攻撃を受けて、個人情報が盗まれでもしたら大変ですので、まずはセキュリティに対する意識レベルを上げましょう。
そこで今回はアメリカ国防省が発表した驚きのイベント内容をご紹介したいと思います。

ペンタゴンをハックせよ

アメリカ国防省、通称ペンタゴンはみなさんもご存知かと思います。
セキュリティも恐らく万全と言ってもおかしくはないでしょうし、アメリカの国防省に攻撃をしかけるなんて無謀だと思われると思います。

しかし重要な国家機密の宝庫であるペンタゴンへの攻撃は、日常的に行われていることです。

日常的に攻撃されているからこそ意識レベルは非常に高いですが、ペンタゴンの凄いところは自分達のセキュリティを過信していないことです。どこかにきっと脆弱性や欠陥があるはずと思って行動をしているところが、さすがと言えます。

そんなペンタゴンですが、2016年4月18日から5月12日の間に、「ペンタゴンをハックせよ」というイベントを優良ハッカー向けに開催していました。

内容はペンタゴンに関する5つのサイトにハッキングの許可を出して、自分達では気付かなかった脆弱性を明るみに出そうというイベントです。

もちろん参加するハッカーは事前調査が行われ、実際にハッカーとしての実績がある人が対象ではあったものの、その参加者はなんと1400人もいました。しかもそのうち、250人以上が何かしらの脆弱性を発見しているというのだから驚きです。

その中でも138個の脆弱性は妥当なものであると認められ、発見したハッカーには内容に応じて報奨金も出ています。

あえて外部の人にハッキングの依頼を出してしまうペンタゴンも凄いですが、万全とも言えるペンタゴンに関するサイトから脆弱性を見つけてしまうハッカー達にも驚きです。

しかしこのイベントはただペンタゴンのセキュリティ問題を解決するだけではありません。

意識を拡大することに意味がある

今回ご紹介している、ペンタゴンをハックせよというイベントですが、ただ単にペンタゴンのセキュリティ対策を強固にするためだけに行われた訳ではありません。

まずはセキュリティ対策にかける費用を抑えるという意味がありました。
今回はイベントという形で、一般のハッカーに依頼を出していますが、これをセキュリティ専門の企業に依頼をした場合にかかる費用は、約100万ドル(日本円にして1億円弱)のようです。

一方今回のイベントに費やされた費用は約15万ドル(日本円にして約1,500万円)とのことなので、費用は安く抑えられて、138個もの脆弱性が見つけられたのであれば、かなり費用対効果は高いと言えるでしょう。

そして今回のイベントで重要になってくるのは、他の政府機関や、企業への意識の拡大ではないでしょうか。
アメリカの国防省が率先して、セキュリティの脆弱性に対する施策を行うことで、周りへの影響がかなり大きかったと思います。

これまであまりセキュリティ対策に意識を向けていなかったところも、ペンタゴンですら138個もの脆弱性が見つかったという結果を見ることで、自分達の企業は大丈夫なのだろうかという危機感を感じ、意識することになったのではないでしょうか。

危機感を感じた上で、費用のかかる専門企業ではなく、一般のハッカーにイベントという形で脆弱性を見つけてもらうという手段もあることがわかり、国全体でセキュリティ意識を引き上げる効果もあったのだと思います。

最後に

いかがでしょうか。

なかなか当事者にならないと、本当の危機感を感じることのできないセキュリティの脆弱性ですが、普段から意識をしておくことと、そうでないのとでは、いざという時の行動に差が出ると思います。

普段からセキュリティ対策には敏感になり、対処法や、事前対策などを用意しておくことを強くお勧めいたします。

kumakura_201606_1.jpg

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

Webセキュリティ対策

脆弱性診断

Webサイト改ざん検知サービス

0

業界のWebトレンド調査!スポーツ用品メーカーのサイトについてまとめてみました前のページ

Googleアナリティクスの新機能「ユーザーエクスプローラ」とは?次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. Web関連

    ついつい読みたくなるwebサイトのコラムを書くコツ ~作文 3つの基本編 ~

    こんにちは。ティファナコラム編集部です。前回は、「もっとWebサイ…

  2. Web関連

    音楽業界に定額制のWEBサービスを導入

    最近あるニュースが入りましたね。アップルが定額制の音楽配信サービスをス…

  3. SNS関連

    SNSマーケティングって何すればいいの? - 第1弾! –

    みなさんも1つは持っているSNSアカウント、企業ではどのように運用をす…

  4. Web関連

    思い出をショートムービーに残してみた

    "思い出を形に残すこと"を始めてみますこんにちは。最近、ちゃんと朝ご…

  5. Web関連

    本当はPerfumeの方が好きだけど話題のSTAR WARSについて紹介します。

    いよいよ来たる12月18日。STAR WARS エピソード7の全世界…

  6. SNS関連

    上手く活用できていますか?企業としてのTwitter活用術

    SNSというものが流行り始めてから随分たち、私達の生活には欠かせないも…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 持つべきなのか?運転免許証+マイナンバーカード
  2. RPAから始める業務効の自動化 働き方改革への選択肢の一つに…
  3. 【3分で解説】これから始まる自動車教習所のオンライン学科教習…
  4. 約1年間のウィズコロナ生活で大きく変わったもの
  5. スマートストアにより、小売業は激変する

アーカイブ

「いいね」を押された記事

  1. Web関連

    Web制作会社厳選!レスポンシブWebデザイン(RWD)の便利なテンプレート&ツ…
  2. Web関連

    【Web制作】ビッグデータって結局なに?身近なビッグデータを考える
  3. Web関連

    ECサイトの売上を向上させたい 第2回目
  4. Web関連

    映画のWebプロモーションを調べてみた!(2)
  5. Web関連

    【ホームページ制作】GUIの歴史を辿ってみた
PAGE TOP