Web関連

乗り換えるか迷う!「格安SIM」「格安スマホ」の基礎知識

0

mori_kakuyasu01.png

皆さんは携帯電話の月額料金はどのくらい掛かっていますでしょうか?
私はずぅーとソフトバンクユーザーで大体月に1万円ほど掛かっていて正直かなり資金繰りを圧迫していて泣きそうです。

この辺りのことについてはあまりにも無知なため、スマートフォンの月額料金を安く抑えられると話題の「格安SIM」「格安スマホ」について勉強したいと思います。

最近、良く聞く「格安SIM」「格安スマホ」とは何なのか?

「格安SIM」「格安スマホ」とは読んで字のごとく「格安で利用できるSIM/スマホ」のことです。

そもそもスマートフォンでインターネットに接続するにはデータ通信を行うために「SIM」と呼ばれる小さいカードが必要不可欠で、格安SIMも格安スマホも大体同じことを指しているようです。

これまでのスマートフォンだとデータ通信に月額5,000円以上は掛かっていて、世界的に見ても高額な通信料と言われていましたが、最近になって月額1,000円以下、安いもので月額500円以下という、まさに”格安”で利用できるプランが登場してきました。

それでは安さの理由を紹介します。

安さの理由その1 「MVNO」がサービス提供をしているから

格安SIMは、「MVNO」と呼ばれる事業者がサービスを提供していて、docomoなどの大手通信キャリア(MNO)から通信設備を借りてサービス提供しています。

❛❛MVNO(Mobile Virtual Network Operator)とは、MVNOとは、Mobile Virtual Network Operatorの略で、仮想移動体通信事業者と言います。 MVNO事業者は大手通信キャリアの設備を借りて通信サービス提供していて、自前で設備(通信基地局)を持たない分コストを抑えることができます。 また、大手通信キャリアは全国にショップを抱えていてその運営費や人件費も掛かっているが、MVNO事業者は基本的にネットでの販売が主流です。❜❜

設備を持たずに借りることで通信サービスに力を注ぐことができ、また、この業界への新規参入もしやすく競争力が生まれやすいので価格を安くできるようです。

安さの理由その2 使える通信料が少ない

どちらかと言うと格安SIM、格安スマホの恩恵を受けられるのは、ライトユーザーで、今まであまり使っていないのにもかかわらず、高額な定額料金を払っていたようなユーザー層です。

そもそもデータ通信を頻繁に利用するヘビーユーザーには格安SIMは向かないでしょう。

パケット定額プランよりもあまり使わない人向けのプランが登場したことにより、利用者が一気に広がりました。

また、一般的に格安SIM、格安スマホは通話料が30秒あたり20円という価格がほとんどで、大手通信キャリアの様なかけ放題というプランは提供できないようです。

なのでホントに、インターネットも電話もあまりしない、メールやLINE程度だけの使い方であれば乗り換えたほうがお得かも知れません。

[h3] 安さの理由その3 契約の縛りがそれほどキツくない

大手の通信キャリアであれば原則として「2年縛り」という2年間の契約期間を設けその分の利用料金を下げるという仕組みを取り入れています。また、契約更新月以外に解約すると、解約料金が掛かってしまうというのがあります。

一方、MVNO事業者のプランにはそうした継続契約期間が無いか、非常に短いことが多いようです。解約がそれほど難しく無く縛りも緩いため気軽に使えます。

安さの理由その4 人件費を削っている

大手通信キャリアであれば契約をするのに近くのショップに出向いて、店員さんと契約の手続きを行いますが、格安SIM、格安スマホは、ネットで購入して、ネットで契約をして、自宅に送られてくるSIMカードを自分で端末にセットして使うことになり、ほとんどがセルフサービスになっています。

この辺りのSIM自分で扱うことが特徴で「格安SIM」と呼ばれる由縁なんだと思います。

最後に

今回は、概要と良い部分しかまとめませんでしたが、例えば、2台目として仕事用のスマホを持ちたいと考えている人であれば、2台目は格安SIM、格安スマホが良いのではないでしょうか?
通話は料金が高くなってしまうので、メールとかLINEとかのメッセージやりとりが中心であればいいかも知れません。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

スマートフォンサイト制作
モバイルサイト制作

0

Googleアナリティクスの新機能「ユーザーエクスプローラ」とは?前のページ

日本の経済の牽引頭である車業界、今後どうなっちゃうの?次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    ロボットも好みはやっぱりスリムでイケメン!

    こんにちはこの記事のタイトルと外見が似ても似つかないコーダーの須澤です…

  2. Web関連

    ついに来たか!Web制作者”だけ”が歓喜するお話し

    駆逐してやる...どこかで聞いたようなこの言葉を、何度となく心で思…

  3. Web関連

    HTML5の最新技術を知ろう!

    今回は、html5の技術を使って作られたゲームを紹介させいただきます。…

  4. Web関連

    【Web最新技術】クラウドが現実世界を変え始めた 駐車場編

    どこもかしこもデジタル化、IT化、そしてクラウド化。どんどん便利に…

  5. Web関連

    実現も目前!?人工知能が活躍する時代!

    今回は世界的な家電や情報通信などの総合展示会で知られる「CES2016…

  6. Web関連

    レスポンシブWebデザインの是非!

    花粉症の季節が終わり、ホッとしている須澤です!体重は現状維持で…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. AI関連

    オフィスを快適に! IoT×人工知能(AI)の活用方法
  2. SEO関連

    今更聞けないSEOについて知ろう!
  3. Web関連

    最近よく聞くセルフサービスBIについて調べてみた
  4. AIさくらさん

    【人工知能(AI)×証券】ユーザーの不満を解消する人工知能型サポートサービス
  5. サービス・新技術

    “Withコロナ生活”に向けて、自粛期間中に買って良かっ…
PAGE TOP