Web関連

2016年はVR元年?WebにVRは来るか

本格的なVR体験が出来るOculus Rift(オキュラス リフト)を始め、スマホで簡単VRのハコスコ、SCEがProject Morpheusのコードネームで開発を進めていたPlayStation用のVRシステムも正式にPlayStationVRとして発表されるなど、VR界隈がかなり賑わっています。

2016年は間違いなくVR方面に勢いづくと思うのですが、この流れはWebにも来るのでしょうか。

考察していきます。

VRの主流はヘッドマウントシステム

yoshida_vr_01.jpg

http://www.jp.playstation.com/psvr/

“VRとは、言わずと知れたバーチャルリアリティの略で、日本語で言うと仮想現実です。”

結構使い古されている言葉ではあるのですが、理論だけは大昔からあり、企業や大学の研究所などが手がける大がかりなシステムでは結構前に実現もしていました。
それがやっと一般大衆が娯楽として楽しめるレベルにまでおりてきたのが最近…と言うことなんです。
その特性上、仮想空間に入り込んだような現実味を持たせるには、ヘッドマウントディスプレイを使うのが一番効率的で理に適っています。
頭の向いている方向を機械で検知して、その方向に合わせた映像を左右の目に立体視できるように送り込む。
あたかもその場に自分がいるかのように。

上を向けば空が見え、足下へ視線を落とせば緑豊かな大地が…
部屋に居ながらにしてこんな体験が出来るわけですね。
映画やゲームの世界に入り込める没入感の高いシステムです。

このVRが、Webデザインの方面にもやってくるとしたらどうでしょう。
個人的にはとても夢が広がるのですが、上のPlayStationVRを見てもらうとわかるとおり、なかなかにイカツイ見た目です。

Webを閲覧するのに、いちいちヘッドマウントディスプレイを装着するのかというと、ちょっと現実的ではないですし、そもそもヘッドマウントディスプレイ自体を持っていなければ見られないというのは違う気がします…
ではどんなことが考えられるでしょうか。

Webで実現できるVR

出来るだけ多くの人が既に持っている機器で、Web上でのVRを実現するにはどうするか。
出力デバイスとしては、ほとんどの人が持っているであろう液晶ディスプレイか、スマートフォンの液晶画面を使うのが現実的です。そして頭の位置、見ている方向を検出する為に、Webカメラかスマホのイン(フロント)カメラを利用する事になります。

カメラで頭の位置と視線を検出して、ディスプレイに表示させる映像と連動させれば、仮想的にディスプレイの向こう側をのぞき込む事が出来るようになります。つまりディスプレイに奥行きを付加するわけですね。

実はこれ、スマホアプリでは似たようなものが既にあります。スマホを傾けると、その動きを検知して正面からでは見えない部分が見えるようになるという…

ディスプレイを色々な方向からのぞき込んでいる人が増えると、見た目には面白いですが、実用性はどうでしょうかね。
Webデザインとしては、メインで見える部分と奥行き部分のデザインを作り、表示させることになりますが、単純に上下左右にスクロールさせるのと変わらないものだとすると、やる意味はありません。

もうちょっと工夫してみましょう。

ディスプレイの奥にある物を、手で操作する

yoshida_vr_02.jpg

https://www.leapmotion.com/?lang=jp

まるでジェダイのように、フォースを使ってディスプレイに表示されている物を自由に操作できるとしたらどうでしょう。
リープモーションを使えば可能です。
リープモーションをディスプレイ下に設置すれば、手の動きだけで操作が可能になります。
Web上に奥行きを持たせ、のぞき込ませ、そこから必要な物を手でつまんで引っ張り出せるようにする。そんなことが可能になります。より仮想現実っぽい雰囲気になってきました。

リープモーション以外では、こんなのもあります。
タッチパネルでない液晶画面をタッチパネル化してしまうエアバー(http://air.bar/)

こんなのも合わせて使うと面白いかも知れませんね。

ただ、実際それで使いやすいかというと…
結局リープモーション買わないといけないですし…

WebでVRはなかなか厳しそうですね。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

システム開発

One to Oneマーケティングへの道(3)~データマイニング~前のページ

ECサイトの売上を向上させたい 第2回目次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    web上でのコミュニケーション!

    こんにちは!デザインセクションの勇希です!いきなりですがみなさんは学…

  2. Web関連

    いろいろ使える!よくわかるTwitterのつぶやき分析

    国内ユーザー数、1,980万人(2014年6月時点)を誇るSNSサービ…

  3. Web関連

    web制作初心者にとって勉強になるサイト10選!

    皆さんは普段デザインを作っていて、自分では上手くできたと思っていても、…

  4. Web関連

    通販サイトの構築や運営で失敗しないための3つのポイント!

    皆さん服は、店頭で買いますかそれともネットで買いますか。ネット…

  5. Web関連

    ただ面白いだけではない…ゲーミフィケーションを活用したアプリ

    2015年秋、千葉の幕張にて、「ITJapanWeek」というITを中…

  6. Web関連

    最新「HTML5」の実力に迫る!!

    HTML5とは?インターネット上のWeb サイトを構築する言語、HT…

おすすめ記事

最近の記事

  1. デジタル化が旅行・観光業を救う!?ウィズコロナ・アフターコロ…
  2. 人が対応するのが正しいの?DX(デジタルトランスフォーメーシ…
  3. 人間拡張って聞いたことがありますか?デジタル化が背中を押して…
  4. テレワークだけでは足りない?デジタルシフトなど、アフターコロ…
  5. 【初心者向け】ここに注目!スマートフォン用バナーを作成しよう…

アーカイブ

  1. Web関連

    スマートフォンサイトにおけるパララックスデザイン
  2. Web関連

    SEOの基礎中の基礎
  3. Web関連

    ライバルサイトに差をつける!インフォグラフィックを作るための5つの手順
  4. Web関連

    目の疲れをスッキリ!!これで疲れ目解消!
  5. AIさくらさん

    ホテル業務を10分の1に削減できちゃうRPAさくらさん!
PAGE TOP