AIさくらさん

ホントは違った!メールで使う「Re:」は返信という意味では無かった!

0

mori_oto01.jpg

スマートフォンの普及とともにLINEをはじめとするコミュニケーションツールが発展してきました。

友達や家族、恋人との連絡の手段といえばLINE……
まさにLINE全盛期の時代です!

とは言え、仕事ではまだまだ連絡の手段はメール(Eメール)が主流だったりしますよね。
普段から当たり前のように使っているので、あまり気になったことが無いのですが、メールの返信をすると「Re:」という記号が自動で付いてきます。
その昔ガラケー時代には、返信に次ぐ返信で件名が「Re:Re:Re:Re:」と、何個も連続するということもよくありました。今から考えると何だかいい思い出です。

今回は、少々気になりましたので「Re:」の謎仕様について調べてみました。

CHATさくらさん

→関連サービス:ホームページ制作

「Re:」ってどういう意味ですか?

何かの省略形だと思いますが、何の省略形で、どういう意味なのでしょう?
返信する度に増えていくので「Return」や「Reply」「Response」あたりの省略形でしょうか・・・?

「Re:」とは、ラテン語からきた言葉で「~について、~に関して」という意味です。
「Re:」はReply(返事)、Response(返答)などの単語の略でもありません。しかし、Replyなどと勘違いされて、メールでは返信の意味になりました。

ちなみに、メールを「転送」すると件名の頭に付く「Fw:」や「Fwd:」は英語「Forward(フォワード:転送する)」の略です。

出典:Re:はReplyの略ではない――返信メールの件名は変更してもいいのか?

全然違いますね。(^_^;)

ちなみに日本国外の携帯電話ではSMS(ショートメッセージサービス)しか提供していない場合が多いので、「Re:」が連続するガラケーの思い出は伝わらないそうです。

メールの件名以外で「Re:」という記号を見かけることが増えてきた

この「Re:」という記号ですが、インターネットの普及とともになのかどうかは、わかりませんがマンガやアニメ、楽曲などによく使われている気がします。

幾つか思いつくものをご紹介します。

Re:Re:

まず最初に思いついたのがASIAN KUNG-FU GENERATION(以下、アジカン)の「Re:Re:」です。
高校の時からアジカンのファンで、このタイトルは当時から印象的でした。

「返信への返信。」という意味らしいです。

RE:I AM

次に最初に思いついたのがAimerの「RE:I AM」です。
こちらは、機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)episode6「宇宙と地球と(そらとほしと)」の主題歌でした。

ReLIFE

漫画アプリcomicoにて連載中のマンガです。
Comicoのサービスが始まった当初から連載している人気マンガであり単独アプリ化や単行本化、2016年にはアニメ化も予定されているそうです。

comico – ReLIFE | 夜宵草 – comico(コミコ)マンガ

mori_oto02.jpgまとめ

と、いうことで「Re:」という記号の話だけでつらつらと書かせていただきました。
字面がかっこよかったり、厨二心をくすぐる感じがあるので色々なところで使われているのだと思いますが、このような使い方は日本ならではだと思います。
ガラケー時代のインターネット文化があるからこそのネーミングセンスですね。

CHATさくらさん

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

CHATさくらさん
ホームページ制作

関連コラム

どうせメルマガやるならSEOも!?被リンクとバックナンバーの秘密

0

Webサービスで地域を盛り上げる!前のページ

今後の活躍に期待!ドローンのうまい使い方次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    ヤフオク初心者が、ECサイトとは違う気になる点をピックアップしてみた

    こんにちは、デザイナーの角田です。皆さんは、ネットオークション…

  2. Web関連

    スタンダードになりつつある「ハイブリットクラウド」の3つのメリット

    システムの改変時や、導入時にAWSに代表されるようなパブリッククラウ…

  3. Web関連

    最も身近なWEBシステム、CMSに強くなろう!

    今さら聞けない、「CMS」って何ですか?よく「ニュースリリース」など…

  4. Web関連

    今注目のクロスチャネル・キャンペーン・マネジメント(CCM)とは?

    最近よく耳にする、クロスチャネル・キャンペーン・マネジメント(以下CC…

  5. Web関連

    CD、買っていますか?ネットでやり取りされる音楽

    皆さんは、最近CDを買いましたか?ここ数年で音楽の販売方法も変化しまし…

  6. Web関連

    web制作会社を選ぶポイント

    ホームページを作りたいと思ったときに、まずWeb制作会社を探すと思いま…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    Web制作会社が考える品質管理で重要な3項目
  2. Web関連

    なるほど!気付けばそこにいる、ゲーミフィケーションについてまとめてみる
  3. Web関連

    今聞いているハイレゾ音楽、本当に「ハイレゾ」?
  4. Web関連

    病院サイトってどこか似ていませんか?
  5. Web関連

    ゲーミフィケーションとは?
PAGE TOP