Web関連

業務を効率化できるサービス 第3回

こんにちは、システムエンジニアの小森です
今回は業務を効率化するためサービスの紹介、第3回目です。

第1回はマインドマップ作製ソフトの「Xmind」と、
世界最大のクラウドベースCRMツールの「salesforce」を紹介しています。

第2回はネットワークストレージの「NAS」と、
簡単にスケジュールの管理・共有ができる「googleカレンダー」を紹介しています。

興味があれば、そちらの記事も読んでみてください。

第1回と第2回は世の中にあるサービスを紹介していましたが、今回は弊社で提供しているサービスを書いていきます。
つまり、Web制作会社が提供できる業務効率化サービスです。
それでは早速紹介をしていきます。

CMS(content management system)

 

ティファナでは規模を問わず、Webサイトを運用していくうえで必要だと感じた場合にはCMSの提案をしています。
CMSは沢山種類がありますが、ティファナで導入することが多いのはWordpressです。

“CMSとはウェブコンテンツを構成するテキストや画像などのデジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称。”

CMSの種類によって得意なことは違うので、Wordpressが一番優れているというわけでもありませんが、Wordpressが一番人気です。
お客様からWordpressは昔使っていたので、Wordpressにしてくれと言われることもよくあります。
使い慣れているものを選択するのも、学習コストなどを考えると良い選択だと思います。

CMSを導入することによって効率化できることは沢山あります。
ざっと思いつくものを挙げてみようと思います。

・サイトデザインの一貫性を損なわないページ追加による、サイト管理の簡便化
・自社でサイト更新ができるため、サイト更新スピードの向上とランニングコストの削減
・HTMLを覚える学習コストの削減
・一覧、詳細ページを同時に更新できるため、手間が削減
・更新タイミングの設定による、時間の有効活用
・CMSを基準に運用フローを定めることで、サイト管理者の手間を削減
・CMSを基準に更新マニュアルを用意することで、誰でも更新が可能

こんなところでしょうか。
CMSが導入されているのと、されていないのでは大きくサイト管理の手間が違ってきます。

今からサイトを作ろうと考えている、もしくはサイトの運用でお悩みの方はCMSの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

また、世の中にはCMSは導入したけど、うまく使えていないという方も沢山いらっしゃいます。
そんなときは、どんな業務を効率化したいと思ってCMSを導入するのか、しっかり考えてみてください。
どのCMSも適さない、手間暇かけて1ページずつ作り上げるべきサイトもあります。

他システム連携

正式な名称は特にないと思うので、他システム連携と書いておきます。

どういうものか説明しますと、1か所で管理している情報を多方面に流用するというものです。
例えば、自社で女性向けの求人をサイトで紹介しているとき、「とらばーゆ」とか「エン転職WOMAN」といったほかの求人・転職サイトにも同じ情報を掲載したりすると思います。
同じ情報なのに2回も3回も登録するのは手間ですよね。
それを、1回のマスタ情報登録で複数のサイトに情報を使いまわせるようにするのが、他システム連携です。

他システム連携の手法は、API通信からCSV連携からメール連携など、媒体や連携先のシステムによって様々です。

毎回オーダーメイドにはなりますが、データ登録の手間を半減させられたというお声を頂く事もよくあるサービスです。

お客様も一度は考えるのですが、Web制作会社の力を借りないとなかなか実現するのが難しいものだったりします。

最後に

業務を効率化のためのサービスについては、今回の記事でいったん終わりにします。

世の中には沢山サービスが存在するので、色々試してみて、良いのがあったらまた書こうと思います。

業務効率化についてお困りの方は、相談に乗りますので、ぜひお問い合わせを頂ければと思います。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

CMS構築

関連コラム

 

なにがいいの?なぜいいの?GoogleAnalyticsのメリットとは前のページ

良質な睡眠で快適に生活しよう!オススメアプリ3選次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    ホントは違った!メールで使う「Re:」は返信という意味では無かった!

    スマートフォンの普及とともにLINEをはじめとするコミュニケーション…

  2. Web関連

    こんなものもあるの?面白い採用方法

    こんにちは、面白いもの大好きなデザイナーの角田です。以前のコラムで、面…

  3. Web関連

    AWSってなぁに?

    Webを公開するために必要になってくるものといえば、、、サーバーで…

  4. Web関連

    スパイスの効いたWebサイトをまとめてみた

    夏の暑い⽇に汗をかきながら⾷べるカレーはどうしてこんなにおいしいのでし…

  5. Web関連

    デザイナーの私がおすすめする厳選サイト3選

    久しぶりに私のコラムの題材に規定がなく、「よっしゃあ~すごいの書いちゃ…

  6. Web関連

    Web制作会社に発注するときはここに注意!!ベスト5

    今回はWeb制作を制作会社に発注する際にぜひ気を付けておきたい5つのポ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. DX(デジタルトランスフォーメーション)・デジタルシフトへの…
  2. テレワークだけでは足りない?デジタルシフトなど、アフターコロ…
  3. デジタル化が旅行・観光業を救う!?ウィズコロナ・アフターコロ…
  4. 非接触がこれからの常識。ウィズコロナ・アフターコロナはIoT…
  5. キャッシュレス決済はウィズコロナでのウイルス対策に繋がってい…

アーカイブ

  1. Web関連

    【Webチームリーダー必見】自分のコピーを作る方法について
  2. Web関連

    あなたのパソコンは大丈夫?~サイバー攻撃の脅威とその対策~
  3. Web関連

    Webサイトメンテナンスの重要性
  4. Web関連

    和とパララックスデザインから生み出される魅力
  5. Web関連

    初めてWEB担当者になったら、まずやること -サイト運用編-
PAGE TOP