Web関連

Web制作者が見落としがちなユーザーのスマホUIについて

0

Webページ制作者や担当者の視点では、ついつい見落としがちになってしまうUI。

今回は、実際に使用するユーザーにとってはニーズが高いスマホサイトのUIのポイントについてご紹介しようと思います。

 

増加するスマホの需要

2015年4月にスマホの普及に伴いgoogleからモバイルフレンドリーの発表があったのも記憶に新しいと思います。

それに伴い、サイトのモバイル端末への対応が重要視されるようになり、最適な対応がされているかどうかもサイトを評価する基準となりました。

特に近年は、パソコンを持たずにスマートフォンしか持たないという人が増えてきています。

そのため、Webサイトのスマホ対応の需要もどんどん高まってきています。

見落としがちなUIポイント

さてスマホサイトのUIにおけるポイントとは、スクリーンショットのことです。

“スクリーンショットとは、端末に表示されている画面を撮影して画像として保存する機能のことです。

これらは、Android、iOSの両OSを問わず近年のスマホには、標準的に搭載されている機能の一つです。”

では、「スクリーンショットについて気を付ける」とは具体的に何をすればよいのでしょうか?

スクリーンショットにも配慮するとは具体的に何をすればよいのでしょうか?

ユーザーが、ページをどんな使い方をしているのか理解する

ユーザーに配慮した設計をするには、まず、ページをユーザーがどのような使い方をしているのかをちゃんと知らなくてはなりません。

昨今、ユーザーはメモの代わりとしてスクリーンショットを使っています。

例えば、あなたが定期的に購読しているブログで紹介されていたお店に今度行こうと思ってアクセス情報などを残すときや、情報をネットで調べたとします。

この時ユーザーは、後で情報を見返したくなるかもと思った情報をスクリーンショットで残しているようです。

先日、友人がスクリーンショットを取っている場面に丁度、立ち会ったのでなぜ、スクリーンショットを取るのかを質問してみました。

そしてその時返ってきた答えは、「いちいち、携帯にメモをするのが手間だから」とのことでした。

何を気を付けるべきか?

ポイントは、画面に残したい情報がページにおさまるのかという点になります。

スクリーンショットは、基本的に画面に写っている範囲しか画像に保存できません。

そのため、残したい情報がスクロールをしないで見えない範囲がある場合、情報を複数枚の画像に分けて撮影し保存する必要があります。

情報が画像複数枚になってしまう場合、そこから月日が経つと何の情報を保存した画像なのか忘れている可能性があります。

そうならないよう情報を配置する必要があります。

まとめ

UIというと、ついつい情報の配置の仕方や、ページの導線などに目が行きがちになってしまうと思います。

ですが、今回紹介したような、ユーザーがページで頻繁にするアクションをしやすくするという視点もスマホのUI設計にとって、とても大切なのです。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作

スマートフォンサイト制作

0

Webサイトと未来をつなぐ「VR」前のページ

【Web最新技術】クラウドが現実世界を変え始めた 駐車場編次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. SNS関連

    SNSマーケティング

    突然ですが、ラピュタ崩壊の呪文「バルス」の瞬間ツイートで世界新記録を更…

  2. Web関連

    失敗しないWebリニューアルをするためには

    突然ですが皆さんは「Webリニューアル」という言葉を聞いたことがありま…

  3. AI関連

    マーケティング4.0におけるAI/WEB制作会社としての行動について考えてみる

    目次- 接続性について考えてみる- 新しいタイプの顧客について…

  4. Web関連

    Webサイトの運用が難しくなってきた

    Webサイトの運用が難しくなってきていませんか?知識が無い、忙しい…

  5. Web関連

    歩いて・お得に・健康に!ヘルスケアアプリ

    みなさんは健康管理に気を付けていますか?食事も気にするところですが、や…

  6. Web関連

    今後の活躍に期待!ドローンのうまい使い方

    Amazonが配達に利用する意向にあるなど、今後の利用シーンが期待され…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    値段安く、使いやすく。格安SIMサービスの魅力
  2. Web関連

    WordPressをCMSとして活用するためのプラグイン Advanced Cu…
  3. Web関連

    IoT時代のICT基盤、5G
  4. Web関連

    WEB制作の現場とテレビ会議システム
  5. Web関連

    パスワードのセキュリティ対策
PAGE TOP