Web関連

今後の活躍に期待!ドローンのうまい使い方

0

Amazonが配達に利用する意向にあるなど、今後の利用シーンが期待されるドローンですが、航空法やプライバシーの保護など、問題も山積みです。
それでもうまく使えばきっと、世の中もっと便利になるはず!
ということで、今回はドローンのうまい使い方はないものかと、いろいろ調べてみましたのでご紹介します。

ドローンは身近なもの

764e5d32cee743ace8cea888bfc4f9495db2aacf.jpg

ドローンは身近なものまずはドローンってどれぐらい浸透しているものでしょうか。
ドローンのことは、みなさんニュースやインターネットでご存知かと思います。
しかしどうやって購入するのか、どれぐらいの値段なのかあまり知らないのではないでしょうか。

私も実際知らなかったので、検索してみたところ、普通にAmazonで売ってました!

しかもお値段は数千円から高くても数万円と、全く手の届かないものではありませんでした。

これなら誰でも手に入れられるので、すごいサービスが出来たときにも乗り遅れることはなさそうですね。

様々な利用・活躍シーン

さて本題ですが、ドローンという新しいものを使うと、どんなことが可能になるのでしょうか。
調べていると、そんな使い方があるのかと感心するものや、これはいい使い方だと共感できるもがいくつかありました。
その中でも秀逸だと感じた2つをご紹介します。

ドローンだからできる、大迫力の花火映像

1つ目は花火をドローンで撮影するというものです。
花火は通常、夜空に打ちあがるものを見上げて鑑賞するものですよね。最近ではスカイツリーから見下ろすなんていう楽しみ方もあるようですが、ドローンを使うとまた別次元の楽しみ方が出来るようです。

それは「花火の中に入る」です。

夜空に舞い上がった花火の中にドローンを飛ばして、打ちあがる様子や、花火が開く瞬間を間近で見ることもできます。
これまで大体同じ角度からしか見ることが出来なかった花火も、ドローンであれば360度好きなところから見ることが出来ますので、毎年同じ花火で見飽きていた人も、まだまだ楽しめると思います。

空から近づいて撮影することは、ヘリコプターでも不可能ではないですが、近づくのも限界があるでしょうし、そもそも近寄ること自体禁止されていると思います。

ドローンであれば無人機ということを最大限に活かした撮影ができるので、その映像を花火鑑賞として楽しむ時代も来るのではないでしょうか。

緊急事態に大活躍!

2つ目は、医療の現場で大活躍すること間違いなしの使い方です。
それは「空飛ぶAED」です。
AEDとは、心肺蘇生処置を行う際に用いる、電気ショックの携帯版です。
最近では駅などでよく見かけるようになりましたが、それをドローンに装着し、緊急時に患者の元へ送るというものです。

心肺停止してからは時間との戦いになりますが、実際に救急車で陸路を行くと時間がかかるし、ヘリコプターを使うにしても、離陸許可を待つことになったり、現場付近で着陸できなければ使えません。

そんな時に使えると便利なのが、ドローンをつかった空飛ぶAEDという訳です。
狭いところでも難なく進むことが出来ますし、小型なので着陸もきっとスムーズでしょう。
スピードも時速100km/h出るそうなので、驚きです。

長距離ではヘリコプターの方が断然早いですが、近くであればヘリコプターが出るまでの時間を考えれば、ドローンの方が早いでしょう。
着陸する場所を選ばないことを考えると、この空飛ぶAEDという考え方は、これ以上ない使い方だと思いました。

しかも、この空飛ぶAEDはこれだけではありません。
AEDを使うこと以外にも、カメラとマイクを搭載することで、映像を見た医師が、現場の指揮を取れるのです。
AEDを届けられても、実際に使う人が慣れている訳ではありません。
そういった時に、直接医師の方から指示をもらえると、使う側も安心もしますし、ミスもぐっと減るでしょう。

患者の事だけではなく、現場にいる人の事も考えられているところが、この空飛ぶAEDのすごいところだと思いました。

最後に

いかがでしょうか。

ドローンはあまり良くないニュースで紹介されることが多いですが、実際にうまく使えばこれまでできなかったことが、たくさん出来るようになります。

こういった世の中の為になる使い方を多くの人が考えて、研究を重ねていることをもっと多くの人には知って欲しいですね。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作

Flash制作

0

ホントは違った!メールで使う「Re:」は返信という意味では無かった!前のページ

オタクと刀と活性化次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    自動顧客育成!?マーケティングオートメーションのススメ

    こんにちは!デザイナーの勇希です!今回はマーケティングに関する情報…

  2. Web関連

    見てるだけで甘い! スイーツサイトを調べてみた

    バレンタインやホワイトデーといった、甘いお菓子を渡すイベントが終わって…

  3. Web関連

    整理術を磨いて仕事の処理速度をアップ?!佐藤可士和から学ぶ仕事の取り組み方

    こんにちは!最近、やりたい事が多過ぎて困っているデザイナーの大和田です…

  4. Web関連

    売り上げ(コンバージョン・問い合わせ数)を上げたい

    ティファナでは、「Webサイトをリニューアルして、売上をアップしたい」…

  5. Web関連

    ホームページ制作会社がまとめるカスタマーサポートに必要なポイント!

     お客様は神様!とは良く言ったもので、利用客からの苦情1つで企業の経営…

  6. Web関連

    皆さんご存知?カスタマージャーニー

    皆さん「カスタマージャーニー」という言葉をご存知ですか?知っている人も…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    人が手に取るもの、触れるものは全てUIの考えが入っている?
  2. SEO関連

    ブログを書く時に注目すべきSEO対策まとめ~後編~
  3. Web関連

    ウェディングトレンドとマーケティング
  4. AI関連

    AIで始める健康管理~最新の研究・取り組みもご紹介します~
  5. AI関連

    意外と身近なVUI~必要なのはあなたの声だけ~
PAGE TOP