Web関連

ロボット産業拡大中!気になるロボット集めてみました。

0

最近新聞を読んでいると、人工知能やパーソナルロボットというキーワードをよく目にします。
調べてみるとロボット産業は今急速に拡大しているようです。
今回はそんなロボット産業界の気になるロボット達をピックアップしてみましたので、ご紹介します。

ロボットが必要な時代

今ロボットが必要な世の中になってきていると感じますが、なかなかロボットがないと困るという場面には出くわしません。
しかしこれだけ新聞やニュースに取り上げられるということは、需要は必ずあるはずです。

では実際にどんなロボット達が開発され、どんな場面で使われるのか見ていきましょう。

ヤマダ電機のナビゲートロボット「NAVII(ナビー)」

まずはじめにご紹介するのは、家電量販店のヤマダ電機が2016年2月から試験運転を開始した、ナビゲートロボット「NAVII(ナビー)」です。

kumakura_robot01.jpg

このロボットは自立移動型サービス・ロボットとして初めて国内で導入されるもののようです。
導入目的は、店舗を訪れる利用客への付加価値の提供や、業務の効率化をするためとのことです。
国内初ということと、ヤマダ電機に行かないと見られないということで、話題性と集客効果は抜群ですね。

実際の利用シーンも、店舗内の売り場を多言語で案内したり、簡単なコミュニケーションも取れるので、
お店に行く楽しみの一つとしても活躍してくれそうです。

企業としては、店舗案内など誰にでも出来るようなことはロボットに任せ、専門的な知識が必要なことにスタッフが専念できる体制にすることで、業務の効率化を図ることを考えているようです。

感情を理解し学習していく家庭用ロボット「Jibo(ジーボ)」

次にご紹介するのは、MIT+クラウドファンディング発の家庭用ロボット「Jibo(ジーボ)」です。

kumakura_robot02.jpg

このロボットはMIT(マサチューセッツ工科大学)の准教授である、シンシア・ブレアゼル准教授が、クラウドファンディングで出資を募り、開発が実現した家庭用ロボットで、人間とのコミュニケーションを目的としているそうです。

見た目はロボットというより、次世代の扇風機みたいな形をしていますが、人工知能を搭載しているというから驚きです。
カメラや音声認識機能も付いているので、家族の顔・声を認識してコミュニケーションを取ることもできます。
目玉のように見える部分はディスプレイになっており、ディスプレイ上で感情を表現する他、メールの確認やテレビ電話にも対応できるそうなので、利用シーンは様々です。

さらにこのJiboは時間の経過によりどんどん賢くなっていくそうです。
というのも、プログラムがオープンソースになっており、Jiboに組み込むプログラムをどんどん開発し、追加していくことが可能なのです。

動きも愛らしく、個人的に一番注目しているロボットです。
発売日は2016年の春が予定されていて、価格も499~599ドルと人型のロボットと比べて非常に安価です。
公式動画もYoutubeにありましたので、気になる方はチェックしてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=3N1Q8oFpX1Y

プロジェクタ搭載”可変型”ホームロボット「Tipron (ティプロン) 」

最後にご紹介するのは、CES 2016で発表された株式会社Cerevoの「 Tipron (ティプロン)」です。

kumakura_201604201.jpg

まず初めて見た感想として、かっこいい!とワクワクしてしまいました。
「可変」するプロジェクタとか胸が熱くなりますね!可変する必要がどこにあるのか?という疑問については、ロマンですと私ならそう答えますね。

それはさておき、実際可変型にした理由は高い所からの投影を実現することと、安全性の維持および未使用時の存在感を低減するためだそうです。・・・存在感ありすぎでしょこれ!むしろ存在感しかないですこれ!

それでも性能はすごいようです。
まず自動で指定した位置に移動できるようなので、手動で動かす必要がありません。
またプロジェクタ・ユニットも縦横自由に回転できるので、壁だけではなく、天井にも投影できるそうです。
さらに、スピーカーも内蔵しているので、これ一台で映像と音声の両方を楽しむことができます。

これだけだとそこまで凄く感じませんが、最後にとっておきをご紹介します。
それはスマートフォンでの遠隔操作です!手動で動かす必要がないのに、しっかりと遠隔操作に対応してくるあたり、さすがです。

ロボット好きにはたまらない一台になること間違いなしですね。

最後に

いかがでしょうか。
すごいロボットがどんどん開発されていることがわかったのではないでしょうか。
仕事の効率化を図るものから、人とのコミュニケーションを目的としたものまで、本当に様々な分野で活躍できるものばかりで、今後のさらなる発展が楽しみになります。

またすごいロボットが出てきたら紹介させていただきたいと思います。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作 
ビッグデータ活用支援 

関連コラム

いに、あなたの家へ?あらためてPepper(ペッパー)まとめ

0

Web制作会社がうどん県からマーケティングを学ぶ前のページ

えっ!あの有名企業も?MA (マーケティングオートメーション)導入している日本企業まとめ次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    「一度だけ客」をリピーターに変身させる方法

    「既存顧客を育成し、売上やお問合せに繋げたい」をテーマにお送りします。…

  2. Web関連

    スマホサイトが超快適に!Google「AMP」とは

    Google「モバイルフレンドリー」のアップデートからもうすぐ1年が経…

  3. Web関連

    Webサイトの裏側までこだわるアートなHTMLソースコード集

    普段何気なく見ているWebサイトの中には、"表側"のデザインはもちろ…

  4. Web関連

    日用消耗品業界について書きます

    こんにちは、システムエンジニアの小森です。今回は日用消耗品について書…

  5. Web関連

    仕事の取り組み方を変える!「ダイバーシティ」について

    昨今では「日本人の生産性は低い」とニュースなどで取り上げていることが多…

  6. Web関連

    ホームページ制作会社が紹介する3つのブランディングポイント

    流行には常にアンテナを張っていなければいけないお仕事だったりするわけで…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    MAツールでまだ接点のない見込み客にアプローチ!?
  2. Web関連

    コンピュータが人類を超える!?2045年問題について調べてみた。
  3. Web関連

    気になるAmazonの新サービス「お坊さん通販」
  4. AI関連

    【人工知能(AI)×観光】AIサービスが「日本の未来を牽引するツーリズム産業」を…
  5. AI関連

    人工知能(AI)でサービス産業の働き方改革
PAGE TOP