AI関連

人工知能×Webがもたらす未来を予測してみた

0

最近になってよく耳にする言葉のひとつに「人工知能(AI)」と言われているものがありますが、みなさんはこの分野が今すごい勢いで進歩してきていることをご存知でしょうか?

将棋のプロ棋士やクイズの世界チャンピオンが人工知能と戦うといったニュースでは、すでに人工知能のほうが勝利してしまっています。

更には、今までは運転手を必要とする自動車も同じ人工知能の技術を利用して自動走行させる、ということも実用化に向けて世の中は急速に進んでいるようです。

ティファナの他のコラム記事でも下記のような感じで紹介されていたりします。

機械学習で進化した将棋界

この人工知能は、IT企業でもAI技術を発展させようといろいろな動きが出てきています。

Googleが自社開発したAI技術(TensorFlow)をオープンソースとして公開

検索エンジンのGoogleが自社の音声検索、写真認識などの多くの自社サービスや製品に使用する人工知能・機械学習のソフトウェアである「TensorFlow 」をオープンソース化させてしまいました。

これは、すごいことでGoogleが今までものすごい資金を費やして構築してきた人工知能の技術を世界中の誰もが利用できるようになったということです。
オープンソースなので、もちろん無料で利用することができます。

この人工知能は、GoogleフォトやGmailのメールの分類、Webの検索結果を最適化させるアルゴリズムにも使われているいわばGoogleの根幹の技術です。

人工知能を使って検索結果も最適化されていたとなるとSEO対策がテクニックではどうにもならなくなってきたのも頷けます。
どんなコンテンツがユーザーにとって必要とされているかも普段、人が見ているレベルで仕分けされていくのでしょう。

ではなぜ、Googleは他社に奪われてしまうかもしれない技術を公開させるのに至ったのか?
気になりますよね。

機械学習の世界標準となるツールを普及させるのが狙い

この「TensorFlow」をオープンソース化させた狙いは、Googleいわく人工知能の技術開発や研究は進んでいますが標準となるツールが世の中にはまだ存在しないことが業界としては課題と言われているようです。

そのためにGoogleはこういった分野で研究する研究者や学生、メーカーなどの製品技術者まで幅広く使ってもらうためにオープンソース化させて普及を加速させていきたいと考えているようです。

ただ、これは表向きの回答だという声もあります。

人工知能を今よりも賢くさせるためには膨大なデータが必要なので、今よりもっと多くのデータを集めるためにこの業界で標準となるツールを提供する側にGoogleは回ったのではないかと言われています。

GoogleのOSであるAndroidもMicrosoftやAppleと違い、無償供給しているのもモバイル市場のシェアを伸ばして端末を根幹であるOSの地位を確立させるために行っていることと同じ動きだと思われます。

また、オープンソース化するメリットは、世界中の技術者や研究者が勝手に改良をしていくため、使われれば使われるだけ人工知能のアルゴリズムもより良くなっていく。その改良されたものとGoogleがもともと所有しているデータとつなぎ合わせれば、Google自身のサービスも良くなっていくのでしょう。

一石二鳥を狙った戦略のように感じますね。

Microsoftが開発した女子高生AI「りんな」

マイクロソフトも人工知能を開発しており、LINEの公式サイトでチャットができるというもののようです。

9ab5eff62744d78e07d0ac24c9ae03a63d2b0b24.png

開発者いわく人間らしい自然な会話を通じてユーザーの心と感情的なつながりを築くことを目的として作られたそうです。
なんだか、すごい世の中になっていきそうですね・・・

試しに自分のアカウントで登録してみました。

df0cdddcbb1586ca4a5fbd0dd9e3082772b1390b.png

登録すると、手書き風の日記が送られてきました。
なんだか、リアルな感じを出していますね。

そのあと「でね、りんなの第一印象どう?」という質問が。
手書き風な日記が送られてきたので、真面目と返してみました。

すると・・・

今度は「拝啓、もうすぐクリスマスですがいかがお過ごしですか?」(昨年の12月頃の出来事なので)という真面目っぽい文章で回答がきました。(笑)

会話を途切れないようにするためか、恋愛相談に乗ってくれるそうで「恋愛相談」と返信してほしいと今度は言ってきました。

そのように返すと一問一答の質問に答えるような流れになっていきました。
「好きな人からクリスマスプレゼントのおねだりをされたりした?」とかそういった質問に返す感じです。

どんな返事をしたかは本題からずれてしまいますので割愛しますがなんだか、すごいですね。

相手は人工知能なのにやたらと人間っぽい質問や返答が返ってきます。

この人工知能も、会話をしながら学習能力が上がっていくのでしょう。
今後どのような進化があるのか気になりますね。

人工知能の未来を描く映画「もし、コンピュータに科学者の頭脳をインストールしたら」

2014年に公開された映画でも人工知能がもたらす未来を描いた映画「トランセンデンス」というものがあります。

ジョニー・デップが主演のものです。

図3.png

映画のタイトルにもなっているトランセンデンスというのは、「人工知能が人間を超える現象のこと。一般的には”シンギュラリティ” 」と言われているようです。

人工知能がもたらす結果、どのような未来が待っているのかをこの映画ではSFっぽい感じで描かれていますが、遅くとも40年以内には現実世界でも似たようなことが起こるのではないかと言われており、それを映画を通じて間接的に伝えているような感じも受けました。

技術が発達すると良いこともあれば、誤った使い方をすると良くないことが起きるのはどの時代でも起こり得ることだと思います。

良いことばかりではないという注意喚起ということでこの映画を紹介しておきました。

まとめ

今回は、最先端の業界である人工知能(AI)に関する紹介でした。
Web業界でも今後はこの技術を使ったサービスやソリューションも増えてくると思われますので、引き続き動向は追っていこうと思います。

人工知能の技術力が上がり、ロボット工学も発展していくと映画で出てくるようなアンドロイド型の人間が現れてしまうかもしれませんね。

それでは、今日はこのへんで。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

Googleペナルティ解除

O2O/オムニチャネル

ビッグデータ活用支援

関連コラム

機械学習で進化した将棋界

0

情報を守ろう!はじめの一歩は机のお片付け!前のページ

なぜ2MBなの!?ビジネスマナーの意外な理由次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. AI関連

    【人工知能(AI)×介護】人工知能が高齢化社会の介護サービス充実化に貢献

    【人工知能(AI)×介護】シニアの方で足腰が弱ってなかなか外へ出られな…

  2. Web関連

    60年前のデザインがネットで大流行!?話題の「keep calm and carry on」

    2013年頃から、ネット上である古いポスターをパロディ化したバナーデザ…

  3. Web関連

    ウェディングトレンドとマーケティング

    こんにちは。ジューンブライドという言葉がありますが、私は5月・6月と友…

  4. AIさくらさん

    【人工知能(AI)×リクルート】海外からの採用志望者を人工知能サービスで集める!

    【人工知能(AI)×リクルート】日本での就職を希望する外国人の人数も年…

  5. Web関連

    そうそうコレコレ!複数人でちゃんとデザインの方向性を認識統一できる「ムードボード」 の使い方

    プロジェクトで制作したデザインが「なんかイメージと違う...」とな…

  6. Web関連

    Webサイト売上げアップに使える”行動心理学” その4

    良いUI/UXを提供するために、Webサイトを利用するユーザーの心理を…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    デジタルファブリケーションで創る!
  2. AIさくらさん

    【人工知能(AI)×キャラクター】子供のハートをがっちり掴む最新AI技術
  3. Web関連

    お値段以上?シェアリングエコノミー
  4. Web関連

    レスポンシブデザインのサイトをわずか3日で仕上げる驚異的な方法
  5. AI関連

    日本のキャッシュレス決済化進展をAIが支える
PAGE TOP