SEO関連

SEOにも効果がある!意外な問題点!

0

SEO対策について、あまり重要視されていないけどサイトを運営していく上で大事なことをここだけの話でご紹介します!
昨今のSEOでGoogleの評価基準がコンテンツを重要視するようになってからだいぶ経ちました。
今まで被リンクなどで検索順位を上げていたサイトはペナルティが付けられるようになり、エンドユーザーに役立つコンテンツを掲載しているサイトが上がっています。
また、オウンドメディアという言葉が流行ったように企業から情報を発信するサイトも増えました。
そんな中でSEOとしてはあまり重要視されていないけど、サイト運営をする上で最重要事項のものをご紹介します。

必須な対策とは!?

絶対に忘れてはいけない対策は、サイトの表示速度です。
ページの表示速度がなぜ重要かというと、目に見えて影響があるだけでなく目に見えない部分に大きく関わってくるからです。
その理由を次から説明します。

サイトに点数を付ける、その名も「PageSpeed Insights」!!

Googleが公開しているサービス(https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/)でページの読み込み速度を点数化して、さらに、改善点を提案してくれます。
提案内容を対策していくことで点数が上がるので、ゲーム感覚で楽しく修正が出来ますね。

そんなGoogleが推奨として出している点数は70点以上です。
そして、気になるティファナの点数ですが・・・
takakura_201604131.pngな、なんと90点です!
これもティファナのサイトを更新しているチームのおかげです。
あなたの会社のサイトも試してみましょう!

コンバージョンに大きく関わる表示速度!

SEOに関係ないのになぜ、表示速度を上げる必要があるのか気になると思います。
実は、表示速度が遅いことによる売り上げの機会損失が大きいからです。
特にECサイトの場合は2倍、3倍の影響が出てくるかもしれません。

DeNAや色々な会社が表示速度による影響を調査した結果で面白いものがあります。
Web業界で一般的に操作できるようになる理想的な時間は3秒以内と言われています。

操作可能時間が5秒のときの影響をDeNAが出したものが下記になります。
・過半数(57%)のユーザーがそのサイトから離脱
・80%のユーザーは、そのサイトを再訪しない
・不満が伝染し、サイトの集客に悪影響を及ぼす

また、日本ラドウェア株式会社 増山 誠氏が”操作開始時間が1秒と3秒のサイトを比較した際に、1秒のサイトに比べ3秒のサイトはページビュー数が22%低下、コンバージョン率が38%低下、直帰率は50%上昇している”データがあると言っています。

その他にも、GoogleやYahoo!も表示速度による悪影響を発表しています。

Google発表
・表示速度が0.5秒遅くなると、検索数が20%減少する
・表示時間が5秒以上かかると74%のユーザーが離脱する

Yahoo!発表
・表示速度が0.4秒遅くなると、検索結果閲覧が5~9%減少する
また、表示スピードが遅くなることで、資料請求や会員登録などのコンバージョンレートが減少し、Eコマースで言えば、
売り上げそのものが大きく下がってしまう。

Amazon発表
・0.1秒反応が遅くなると売り上げが1%下がる

上記のように、各社が色々な調査をしていますが、ページが遅くなることの影響は売り上げに大きく関わってきます。

※あくまで各企業が行った、独自の調査結果に基づいた数値です。

まとめ

今回、ご紹介したページの表示速度によるSEO対策は2012年にGoogleが発表した内容になります。
SEO対策としてどれほど、順位が変わるのかは明確には分かりませんが対策していてマイナスには絶対ならないものです。
また、実際にサイトを閲覧するユーザーのストレスが軽減され、ECサイトではコンバージョンやその他にも良い影響が出るので、是非行うべきです。

もし、ティファナでサイト構築を行うのであれば今までの経験によるSEO対策とサイト構築によって、
売り上げを上げられるサイトが制作できます。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作
SEO・SEM
アクセスログ解析
更新メンテナンス

関連コラム

今更聞けないSEOについて知ろう!
SEOの基礎中の基礎

0

【Web制作】最強はどれだ!?堅牢な認証方式「生体認証」前のページ

Web制作にも使えるかもしれない面白い心理学を集めてみました。No,4次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    ECサイトの売上を向上させたい 第1回目

    2015年5月に経済産業省が発表した「平成26年(2014年)度我が国…

  2. Web関連

    Webにもつながる、オタク御用達のニュースアプリを使ってみた。

    年末の慌しさで大好きなアニメやゲームを楽しむどころか、最新ニュース…

  3. Web関連

    動画を使うサイトってかっこいいだけ?

    どうもこんにちは!デザイナーの坂元です。よく坂本といわれますが「坂元」…

  4. Web関連

    電子書籍が良い理由

    最近ではよく見かけるようになった電子書籍。ですが、「電子書籍を始めるに…

  5. Web関連

    【ホームページ制作】新規顧客(潜在顧客)の開拓をしたい

    企業のホームページは、何らかの目的や役割があって存在するものですが、上…

  6. SNS関連

    GUに学ぶ!ファッション系ECのSNS活用術

    みなさん、洋服を買うときは何を参考にしていますか?数年前までは…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    楽にできる?!レスポンシブWEBデザイン
  2. Web関連

    デザイナー志望必見!インフォグラフィック履歴書で就活を有利に!
  3. Web関連

    Web制作会社に働く担当者のつぶやき。フルスピードで仕事をするには・・・。
  4. Web関連

    WordPress開発者必見!sitemap.xmlを手動で作る時代は終わった!…
  5. Web関連

    Webデザイナー必見!構図をマスターする黄金テクニック
PAGE TOP