Web関連

お値段以上?シェアリングエコノミー

0

img5.jpg

ここ最近、やたらと耳にするような気がするんですが…
知ってますか?

「シェアリングエコノミー」

“共有経済(英: Sharing economy)とは、共有の社会関係によって統御される経済を指す。
日本語では、シェアリングエコノミーという表記もある。”
(ウィキペディアより)

うーん。
偉そうに息巻いた割にはwikiの引用だし、意味も広すぎて良く分からない…

もう少し分かりやすく説明すると

“典型的には個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の貸出しを仲介するサービスであり、貸主は遊休資産の活用による収入、借主は所有することなく利用ができる”
(総務省より)

結局引用です。

つまり、
“もう飽きて遊ばなくなったゲームソフトを友達に貸したら、お礼としてご飯を奢ってもらった”
って事ですね!(全く違う)

有名なシェアリングサービスは、
2008年設立、宿泊マッチングサービス「Airbnb」、
2010年設立、配車サービス「Uber 」
いずれもサンフランシスコで設立されたサービスです。

いったいどんなサービスなの?

「宿泊マッチングサービス」やら、「配車サービス」やら、何となくネーミングで分かる気もしますが、
具体的どんな内容なんでしょうか?
ちょっと説明してみます。(ステマではないよ)

【 Airbnb 】
空き部屋や不動産等の貸借をマッチングさせるサービスで、自分の部屋を旅行客などへ短期的に提供するもの。

【 Uber 】
GPSを使った配車アプリサービスで、運転手登録した人と利用者登録した人とのマッチングを行うもの。

いずれも、ソーシャルメディアの特性を利用し、サービスを提供した人と利用した人をお互いに評価し合います。
この評価制度により、一番の懸念点である「信用」が担保されてるようです。
これが特徴ですね。

AirbnbやUberも基本的に仲介手数料を取るだけで、マッチングまでのやり取りはほとんど当該者のみで行うようです。

スマホが普及し、SNSが一般化した今だからこそ成り立つビジネスって感じですか。

img6.jpg

やっぱり問題点もあるみたい

新しいビジネスにはやっぱりいろいろ問題点もあるようです。

Airbnbの問題は「旅館業法」に引っかかるのでは?というもの。
本来宿泊料を取って事業を運営するには「旅館業法」による許可が必要なのですが、Airbnbのビジネスモデルは
正直グレーゾーンらしいです。

Uberにしても、「道路運送法」の問題があります。
いわゆる「白タク」ではないかって事です。
日本では試験運用されながら、慎重に進められているとの事です。

いずれも、ビジネスモデルとしては仲介であり、実際にサービスを提供している人と利用する人は「個人」である為、
現行法に当てはまらない状態なんですね。

よく言われる、「行政が追い付かない」とういう状態です。

トラブルの回避や安全確保のためにある法律なので、その部分は明確にしてほしいものですね。

でも需要があるんだな

ネガティブな要素を言いましたが、良い部分もありますよ!

サービスを提供する側は登録をしてすぐに始められるという事。
お小遣い稼ぎに良いって事ですね。

サービスを利用する側は既存サービスよりリーズナブルに利用できる事。
また、「個人」が行うものなので既存サービスとは違った体験が出来るのも魅力だそうです。

利用する側と提供する側がお互いに評価をするので、サービス向上に余念がないんですね。

正にお値段以上!

まとめ

ネット社会が当たり前となり、スマートフォンの普及も大分広がりました。

ビジネスモデルも環境に応じて加速度的に変化していますね。
問題があるからそのビジネスモデルを排除するのか、問題に対応してサービス向上に繋げるのかは私たち自身です。

っと良いこと言った気になって悦に入るコーディングディレクターの藤田でした。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

スマートフォンサイト制作

0

広がりを見せるIoT。私たちの生活はどう変わる?前のページ

今年こそ痩せよう!選りすぐりダイエットアプリ3選次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    いろいろ使える!よくわかるTwitterのつぶやき分析

    国内ユーザー数、1,980万人(2014年6月時点)を誇るSNSサービ…

  2. Web関連

    サイト設計で変化するサイトイメージ

    人間は思っているより変わりやすい生き物です。色や物によって大きく気…

  3. Web関連

    iPhoneが動かない!慌てる前に試したい緊急措置の方法

    未だにiPhone4Sを使用しています。web制作会社の人間とは思…

  4. Web関連

    Kindle Paperwhiteを買ったので自慢させてくださ い。

    題名の通り、先日Kindle Paperwhite(2015年モデル…

  5. Web関連

    医療出版業界のWebコンバージョンアップ戦略

    ティファナは、業種を絞らず様々なクライアントとお付き合いをさせて頂いて…

  6. Web関連

    webで広がる! おしゃれな誰かの着こなしが分かるアプリ 「XZ(クローゼット)」をまとめてみた

    こんにちは、デザイナーの寛幸です。残暑が厳しい日が続いていますが、季節…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    人を惹き付けるキャッチコピーを作る3つのコツ
  2. Web関連

    最新「HTML5」の実力に迫る!!
  3. Web関連

    Web制作の落とし穴!最適な内容の並べ方
  4. AI関連

    環境問題をAIの活用によって解決する|グリーンAIとは(その2)
  5. AI関連

    AI(人工知能)は、結局のところ人間を超えることができるのか?
PAGE TOP