AI関連

家計簿にAI機能搭載で便利になる!

0

みなさん家計簿ってつけていますか?
私は、つけていません。なぜならめんどうくさいイメージがとても強いからです。
パソコンで家計簿を作成することも出来ますが、結局は自分で入力しなければいけないので、今までやりたいと思いませんでした。
しかし家計簿も進化して便利になってきているので今回紹介をしたいと思います。

“AIとはコンピューターに学習機能を持たせて、経験から学習をするなど知的で発展的なことを行うことが出来るコンピュータープログラムのことです。”

家計簿アプリ「Kakeibon」

今回紹介したいのはNTTコミュニケーションズとSOINが開発した「Kakeibon」というアプリです。
このアプリ、私のようにめんどうくさがりな人にはピッタリなアプリです。
なんと自動で家計簿を作成してくれるとても便利なアプリになります。今まではレシートの内容を手動で入力して、行っていた作業もレシートを撮影するだけで、アプリに取り込めるので手間がかかりません!
そのほかにも、表示の仕方がグラフやカレンダーなどを使っているので、とても見やすく使いやすいと思います。
ネットバンキング、電子マネー、クレジットカードと連携することもできるので、便利な機能がたくさんあります。

振り返ることもできます!

このアプリの機能で振り返り機能があります。
カレンダーにその日に利用した金額が表示されるので、カレンダーを見るだけで、「いつ」、「いくら」使ったのが一目でわかります。
たまに「なんでこんなに今月お金使ったのだっけ?」と思うことがあるので、原因がわかるのは私にはとてもありがたい機能です!
支出の多かった日ランキングベスト3という項目もあるので、楽しみながら節約ができるかもしれませんね!

img_6.jpg

img_7.jpg

AIを搭載してさらに便利に!

「kakeibon」今のままでも充分便利ですが、2016年6月にAIを搭載した「節約アシスト」機能が新しく始まります。
この機能は、自分の支出状況に似ているユーザーと比較して節約ポイントを教えてもらえる機能になります。
AIが搭載されているので、節約ポイントに対するユーザーがどんな反応をするかを学習し、その人に合った節約プランを提案してくれるので、自分に合った節約ができます。

まとめ

今回、「kakeibon」について紹介をしてきましたが、新しい技術によって身の回りのものがどんどん便利になってきましたね。
AIの機能を持たせるだけで自分に合った節約方法を教えてくれるので、わかりやすくて今までなかなか節約ができなかった人も、できるようになるかもしれませんよ!
ぜひこの機会に家計簿をつけてみてはいかがでしょうか!
以上、システムの千明でした。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ビッグデータ活用支援

関連コラム

「LINEHERE」という便利なアプリが登場!

0

ダンサリ、してますか。前のページ

業務を効率化できるサービス次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    【ホームページ制作】Google認定パートナーになってみよう!

    皆さん暑い中仕事に励んでいることと思います。この記事を見つけた人は…

  2. Web関連

    ブラウザシェアランキングから見るブラウザの特徴

    皆さんはブラウザシェアという言葉をご存知ですか?そもそもブラウザと…

  3. Web関連

    調べていて気になったマッチングアプリの紹介

    こんにちはシステムエンジニアの小森です。今回はマッチングアプリについて…

  4. Web関連

    まるでおうちがアクアリウム?家から楽しめるオンライン水族館!

    新型コロナウィルスの影響で、「Stay Home」「おうち時間」という…

  5. Web関連

    良質な睡眠で快適に生活しよう!オススメアプリ3選

    皆様は、毎日快適な睡眠が取れていますか?私は眠るのが下手で、いつも…

  6. Web関連

    最近よく聞くセルフサービスBIについて調べてみた

    いきなりですが、皆さんセルフサービスBIというものがどんなものかご存知…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    スマホアプリ「Vine(バイン)」でアーティスティックな作品を作りたい!
  2. Web関連

    WEB制作 システム開発とセキュリティについて
  3. AI関連

    ECサイトの差別化・利便化にもAIが貢献
  4. AI関連

    「DX(デジタルトランスフォーメーション)実現」でウィズコロナを乗り越える!これ…
  5. Web関連

    究極のパーソナルサービス「コンシェルジュ」
PAGE TOP