Web関連

グループウェア導入による業務効率化とは

0

昨今、多くの企業で「業務効率化」や「業務スピード」が非常に求められており様々なシステムが誕生してきております。
そんな中でも、注目されている「グループウェア」について本日はご紹介したいと思います。

グループウェアとは

f-fujiwara201601191.jpg

“グループウェア(Groupware または Collaborative software)とは、企業など組織内のコンピュータネットワークを活用した情報共有のためのシステムソフトウェアである。ネットワークに接続されたコンピュータ(のユーザー)同士で情報の交換や共有、またスケジュール管理等の業務に利用される様々な機能を通じて、業務の効率化を目指したものである。
様々な機能が一つのシステムに統合されており、それらが有機的に結合しながらユーザにサービスを提供する。”
※Wikipedia参照(https://ja.wikipedia.org/wiki/グループウェア

今まで仕事をしていく中で、社内の情報を探したり、業務の取りまとめや資料作成の管理等に何かと手間や時間がかかった経験があると思います。
そんな悩みを解決できるものが、「グループウェア」です。

グループウェア導入のメリット・デメリット

そんな、企業にとって理想的な「グループウェア」。
しかし、そんなグループウェアにもメリット・デメリットが存在します。

グループウェア導入のメリット

グループウェア導入による大きなメリットは3つあります。

1つ目は、「情報共有の利便性」。
1つの仕事をチームになって仕事を行う場合、進行状況を即時に共有することができます。
インターネットに繋がる場所であれば、世界中どこでも情報共有が瞬時に行えます。
そのため、海外出張で長期間会社に居なくても、情報共有が可能になります。
また、営業の方々もリアルタイムで最新の情報を取得することも可能です。
受注報告や社内の状況等の情報を外出先で把握することができます。
パッケージによっては、携帯電話・スマートフォンからでも閲覧可能機能が付いているためとても便利です。

2つ目は、「コミュニケーションの活性化」。
昔は、社員全員に発信する場合、印刷した紙を社内で回したり、共有掲示板に貼ったりしていました。
この場合、紙で渡されるため何の意見も質問も出来ず、一方的な情報伝達でした。
しかし、グループウェアの電子掲示板という機能を使用することで、誰でも記載が可能になり質問や意見を双方ともに行うことできます。
また、紙や貼り出しの場合、「見ていなかった」ということもありますが、電子掲示板では、確認ボタンやメールでの確認催促なども行えるため、とても便利です。

3つ目は、「業務効率化」。
ワークフローという機能を使用することで、社内の事務処理がスムーズに行うことが可能になります。
例えば、タイムカードなどの勤怠報告、社内稟議書などの書類処理、交通費や出張手続きなどの申請処理などが大幅に軽減できます。

グループウェア導入のデメリット

グループウェア導入による大きなデメリットは3つあります。

1つ目は、「毎日の確認」。
グループウェアを使用して、仕事を進めていく場合、確認を怠ることが出来ません。
リアルタイムで、関係者は必ず確認をしている前提で進めていくので、確認を怠ってしまうと進行状況を理解しづらくなってきます。
そのため、毎日なにか進展がないかの確認を行う必要があります。
この確認に、タイムロスを感じる人も少なくないはずです。

2つ目は、「リテラシーの低い人への対応」
グループウェアは、インターネット、つまりコンピューターが無くては使用できません。
そのため、コンピューターが苦手な人にいかに利用してもらえるかが、課題になってきます。
情報を共有をするためには、全社員が使用しなければならないため、苦手な人にも使用してもらう必要があります。

3つ目は、「レスポンススピード」です。
グループウェアを使用するとなった場合、社内系の書類や情報などを全て処理してもらうため膨大なデータが集約することになります。
そのため、データ処理に時間がかかりレスポンススピードが低下する場合があります。
こちらの問題に関しては、サーバーが高性能であれば問題ありませんが、サーバーも変更するとなるとお金と手間がかかります。

まとめ

情報化社会が進み、今回ご紹介させていただいたグループウェアなどの機能を搭載したものが世の中に多く誕生してきています。
そのため、いかに早く正確に情報伝達をすることができるのかが求められてきています。
実際に時間短縮することで業務効率化にも繋がるためとても便利です。
しかし、実際にフェイス・トゥ・フェイスで話や仕事をする機会が無くなってきているのではないかと問題になってきているのも事実です。
そのため、自社にあった方針を再度考え、グループウェアやその他機能を導入する必要があると思います。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

システム構築

0

Web制作会社が考える品質管理で重要な3項目前のページ

Webデザイナー必見!構図をマスターする黄金テクニック次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. Web関連

    絵描きさんに知って欲しい!多機能なお絵かきスマホアプリ

    現在はWebデザイナーとして働いていますが、小学生の頃の夢は漫画家で、…

  2. Web関連

    今後の活躍に期待!ドローンのうまい使い方

    Amazonが配達に利用する意向にあるなど、今後の利用シーンが期待され…

  3. SEO関連

    SEO・LPO・EFO対策をしたい!

    ティファナでは、「アクセス数は増えたが、離脱数が多い」「検索エンジンで…

  4. Web関連

    選んではいけないメール配信システムの3カ条

    多くの企業がメール配信システムを活用したマーケティングを行っています。…

  5. Web関連

    知っておけば失敗しない?MA導入の失敗談・・・

    マーケティングオートメーションという言葉が日本で広まり始めたような気が…

  6. Web関連

    スマートフォン専用サイトに力を入れないといけないワケ

    こんにちは。2月~4月にかけて花粉症で目の痒さに悩まされるデザ…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. AI関連

    AI導入で店舗業務をデジタル化 キーワードは「効率化と高度化」
  2. AIさくらさん

    【人工知能・AI×問い合わせアップ】ネット社会における人件費削減の新しいサービス…
  3. Web関連

    大手企業も導入しているAWSとは?
  4. AIさくらさん

    【人工知能(AI)×社内システム】人工知能(AI)で大きく進む社内業務効率化
  5. AIさくらさん

    商業施設のインフォメーションをAIさくらさんが担う!
PAGE TOP