マーケティング

コトつくり大学が創設される?

0

どうも、こんにちは岸沢です。
日々ものづくりに邁進しています。
ものつくり大学というものが一昔に話題になりましたが、最近では聞かなくなってしまいましたね。日本がなぜ高度成長できたかを考えると。ものづくりの力がとても重要だったと思います。

日本のものづくり文化の終焉

技術職は職人気質な部分もあるため、ものづくりには親近感があります。
趣味でものづくりを楽しむこともあります。
しかし。昨今日本におけるものづくりは廃れてしまいました。
製品のコモディティ化が進み、機能での差別化が難しくなり、さらに安い新興国の製品に太刀打ちできなくなったことが原因です。
さらにものづくりが廃れてしまったことが原因で、技術者や技術の海外流出が進み、技術でも新興国に勝てなくなってしまいました。
機能での差別化や価格での競争が難しくなった現在、ものづくりで重要になってくることは何でしょうか?

モノ消費からコト消費へ

コト(体験)消費という言葉が最近話題になっています。
あらゆるものが普及してモノが溢れかえっている現代では、誰もが商品を買い揃えてしまっている時代です。
そのため、機能やサービスの価値観では消費者に選ばれなくなってしまいました。
コト消費では、商品やサービスで得られる経験に価値観を感じてもうという考え方になります。

ヨーロッパの伝統とアメリカのテック技術

SDGsについての書籍を読んでいる際に、ヨーロッパとアメリカの価値観の違いに触れられていたのですが、コト消費を考える上でもヒントがあります。
ヨーロッパでは歴史や伝統、モノを大切にする価値観が重要視されています。その価値観から生み出されているものがブランドになります。
機能的にはさほど変わらないのですが、価格が高いヨーロッパのブランド商品が好まれているのには、ブランドの背景となる物語に惹かれているのではないでしょうか。
ヨーロッパの考え方と全く異なるのがアメリカの価値観です。
GAFAMを中心とするテック企業が技術革新により提供される製品群になります。
体表的な商品としてはiPhoneになると思います。iPhoneはこれまでにない新しい価値観を生み出しました。それまでになかった新しい価値観・経験に共感することで皆に好まれているのだと考えられます。

日本的な価値観を考える

日本はどうなのか?日本はヨーロッパとアメリカの中間的な位置づけにあると、書籍では語られていました。歴史・伝統もあり、新しい価値観にも柔軟であるといった特徴があります。
日本でもソニーがウォークマンという新しい価値観を生み出しました。家で聞く音楽を外に持ち出しました。また、サブカルチャーを中心とした新しい文化、日本食や京都などの文化財などの伝統を大切にしている価値観も存在します。
このように、ヨーロッパ的な価値観とアメリカ的な価値観の中間的な位置づけがポイントになってくるのではないでしょうか。

日本的な価値観のコトづくりに活路を見出す

日本の伝統的なものづくりは廃れつつあります。ただ、島国ということもあり独自の文化が発展してきた日本の魅力というのは捨て去るべきではないと考えます。日本の伝統・文化と新しいテック技術の融合が日本独自のコトづくりに当たるのではないでしょうか。AIやWEBなどの技術に関わる人間としては日本の価値観や文化を大切にしたいと考えています。

AIでもコト消費が重要になるわけ

私が関わっているAI関連の製品ですが、サービスを展開した際には他にはないサービスでした。効果的であるとわかると、すぐに他社に真似されてしまいました・・・。
機能や価格での差別化はものづくりともに終焉をむかえているため、現在では体験を一番重要視して取り組んでいます。
AI通じて得られる体験がとても重要だと考えられます。日本という独自の文化を大切にしつつ、新しい体験を生み出してもらうことに重きをおいて考えることが大切だと思います。そのようなAIを目指しています。
さらに、ものづくり大国日本です。まだまだ日の目を見ない隠れた技術が山程あります。それらの技術を取り入れたり、サブカルチャー的な考え方を取り入れたりと日本のAIは独自進化しているのではないでしょうか。

日本の魅力を伝えよう

このコラムを書いている現在、コロナウィルスの影響で日本の観光業は大打撃を受けています。コロナウィルスが流行る前では、日本人である私達では気づいていない魅力に惹かれ、海外からたくさんの観光客が押し寄せていました。
もちろん、日本の伝統的な観光資源もありますが、日本独自のサブカルチャーを目当てに訪れている人や、日本独自の製品を爆買する観光客もいました。
それらの魅力は、日本人自身は当たり前過ぎて気づいていないかもしれませんが、海外の方からみるととても魅力的なものだったのではないでしょうか。
魅力がない国にあんなにもたくさんの観光客が来ることはないです。
コロナウィルスの影響で国をまたいでの人の行き来が復活するのには時間がかかると言われています。こんな時期だからこそ、日本に魅力を日本人自身が理解する良いチャンスではと思います。それらを再認識してコトづくりに取り入れられればと考えています。

技術の力で皆様に笑顔になってもらうことをモットーに仕事をしていますので、日本の文化や技術を支えられるようなコトづくりに力を入れていきたいと思います。

0

IoTがさらに重要な世の中になる!?前のページ

AIと共に切り開く!ジェンダーレス社会でのAIの新たな可能性について考えてみた次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. Web関連

    Webマーケティングの効果が劇的に上がる UGC

    Webマーケティング担当者に聞きます。(いきなり)広告の効果でてい…

  2. Web関連

    今や主流?モバイル・ファーストのメリットとは?

    皆さん、「モバイル・ファースト」という言葉をご存知ですか?「モバイ…

  3. AI関連

    【Web最先端】Webサイト×人工知能×マーケティング

    人工知能、もしくはAIという言葉を最近よく聞くようになりました。…

  4. AI関連

    RPAが解決する単純作業! ~ECサイト活用編~

    RPAにおける業務効率化とその注意点。ECサイトでどのように活用するこ…

  5. AI関連

    AI×最新マーケティング|ペルソナ分析+グロースハック

    最近のマーケティング手法で注目されているのは、最新テクノロジーを駆使し…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. AI関連

    【人工知能(AI)×顧客満足度】音声対話で最高品質のサービスを可能に
  2. Web関連

    構成でコラムの「土壌」を整えよう!
  3. Web関連

    ポケモンGo!田舎でやってみた!
  4. Web関連

    One-to-Oneマーケティングの新しい形、注目のweb接客とは
  5. AI関連

    ボイズユーザーインターフェース(VUI)について
PAGE TOP