サービス・新技術

  1. リモートワークで働く際に知っておきたい6個のポイント

    気が付けばあんなに綺麗だった薄紅ももう新緑に...。季節が移ろうのは早いですね。久方ぶりに外に出た際の感想です。そう、4月の頭からこっち、ひっさしぶりに外へ出ま…

  2. 採用にもテクノロジーを!

    どんな企業も、毎年多くの時間と予算をかけて取り組む「採用活動」。いい人材を採るためには、どんな労力も惜しまない...!と考えていたとしても、やはり、採用にか…

  3. 新型コロナウイルスってなんなんだろう?取るべき対策は?

    日本に限らず世界中でその猛威を振るっている新型コロナウイルス。その死者の多さや拡散の規模、スピードから多くの国や地域で対策を強いられていたり、パニックが発生…

  4. AI搭載ドローンが人の命を救う時代に

    ドローンの民間利用が本格的に始まったのは1990年代からです。軍事利用から開発がスタートしたドローンが、昨今では、人工知能(AI)の活用で救命救急・人命救助のた…

  5. 心臓部の覇権争い、いち早く食材をどう料理するか

    AIの学習に必要な演算処理を高速化するため、半導体を自前化し、チップレベルで他社との差別化を図る海外の企業が出てきました。半導体の進化の過程で3周回遅れにもなっ…

  6. AIはエネルギー問題の救世主か、破壊者か?

    人工知能(AI)が稼働するためには電気が必要です。何らかのエネルギーで発電してコンピュータを動かす必要があります。エネルギーの消費量がAIの発展とともに気になる…

  7. AIチャットボットって一体どこがAIなの?

    AIチャットボットは、イコール人工知能(AI)ではありません。けれどもその機能の中に人工知能(AI)のテクノロジーが導入されることによって、さまざまな活用場面を…

  8. 自動運転の「なぜ」を考える〜AIは自動運転をどこまで進化させるか

    スタートアップ企業が 人工知能(AI)を中心に飛びつくのが自動運転に関連するマーケットです。開発テーマが明確なことと数々の経済的メリットを享受できるからです。主…

  9. ストレスチェックはAIで

    労働安全衛生法の改正(2014年6月25日公布)によるストレスチェックが一定規模の事業所(従業員50名以上)に義務付けられておよそ3年経ちます。組織のパフォーマ…

  10. AI(人工知能)を活用したアレルギー対策

    アレルギーはもはや国民病です。東京都の調査では、花粉症は都民の有病率は推定48.8%、若者(15歳〜29歳)に至っては3人に2人が花粉症を患っています。料理もア…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    4つのポイントを押さえて、シンプルにデザインする
  2. Web関連

    WEB制作で考えるべきはここだった!心理学から学ぶデザイン
  3. Web関連

    E-Sportsは日本で普及するのか
  4. Web関連

    アドラーの思想でSDGsについて考えてみる
  5. Web関連

    Webアクセシビリティの基礎の基礎
PAGE TOP