AI関連

意外と身近なVUI~必要なのはあなたの声だけ~

VUIとは

VUIと聞くと難しく聞こえてしまいますが、実はそこまで難しくはないのです。
VUIとは「Voice user interface」の頭文字を取っています。日本語に翻訳すると「音声ユーザーインターフェイス」です。
今となっては当たり前となっているスマホから文章を入力し相手に連絡したり、お店の予約をしたりなど違和感なく当たり前に操作しています。
携帯が復旧する前は、情報を共有することでさえ難しく、時間がかかっていました。時間の流れとは凄まじいもので、一気に世界は発展し、様々な技術が生まれました。
VUIもその一つです。VUI以外にもGUIやCUIなどがあります。インターフェイスにも様々な種類があるのです。
では、VUIの意味について話を戻しますが、つまりは、音声で様々な情報をやり取りしているのです。ただ意味だけ聞いてもピンとはきませんよね。
実際に身近にある使われ方を知るときっとあなたの理解も深まるはずです。
それでは、身近なVUIを紹介いたします。

身近にあるVUI

代表的に挙げられるのは以下の3つです。
・appleが提供している「Siri」
・Googleが提供している「Googleアシスタント」
・Amazonが提供「Alexa」
実際に使用している人や言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
VUIは言葉で聞くと難しいように聞こえますが、意外と近くにあるのです。
代表的に挙げられる3つの中で一番目にしたことがあるのは「Siri」だと思います。
「Siri」はiPhoneに搭載されている機能です。
iPhoneを使用したことがある人なら一度は使ったことがあるでしょう。
例えば以下のことができます。
・音楽を流す
・見たいWebサイトをすぐに提示してくれる
・天気を教えてくれる
・道案内
等々…できることを探すと様々あります。好きな音楽を流したり、天気を確認できるのは、Siriが人が話している音声を聞き取り、その情報を理解できているためです。その情報を瞬時に判断し、処理を行ってくれています。また、「Siri」は「ダジェレを言って」や「好きなもの教えて」など普通の一般的な会話にも答えてくれます。隙間時間に「Siri」とお喋りしてみるのも面白いです。
Amazonが提供している「Alexa」も「Siri」と同様のことができますが、大きな違いとしては、自宅の家電の操作もできることにあります。私もこの機能には驚きました。AIはここまで進化しているのかと…
自宅の家電を操作できるというのは、Alexaに「テレビをつけて」や「電気をつけて」などリモコンなどの操作がなくても家電を自由自在に自分の声だけで動かすことができます。
わざわざリモコンを探す手間がないので、たった数秒で済んでしまいます。

VUIの大きなメリット

VUIにはできることが様々あるということが分かったのではないでしょうか?
VUIのメリットとしてはこちらが挙げられます。
・必要なのは自分の音声だけなので準備がいらない
・手間がないので、時間がかからない
・簡単で難しくない
一番大きいのは、手間がなく楽ということだと思います。操作が難しくては誰も使ってくれませんからね。わかりやすく簡単だからこそ、多くの人の目に飛び込み、役に立っているのです。アメリカでは、「Alexa」などのスマートスピーカーが家庭に浸透しており、4人に1人が所有しているとされています。普及率は45%でとても高くなっています。ただ、日本では6%に留まっています。
なぜ日本ではそこまで普及していないのでしょう?
明確な理由はわかっておりませんが、アメリカと日本での文化の違いが一番大きいとされています。アメリカのコミュニケーションは話すことが主体で大体のことは直接話した方が早いと思っている人が非常に多いです。そのため、性格もフレンドリーで明るい方が多いですよね。逆に日本は、直接伝えることよりもメールなどの文章で伝える機会の方が多いです。そのため、音声で何かするというのには抵抗があったり、話しかける恥ずかしさもあるかもしれません。

AIアシスタント

「Siri」や「スマートスピーカー」などはAIアシスタントが搭載されているこそ、注文や音楽を聴くなどの操作ができています。AIはロボットなどのイメージもありますが、ロボットだけではなく機能として多くの製品に活用されているのです。その中でもAIアシスタントは人々の日常の貴重な時間を割かずに過ごせるように日常の手間を減らしてくれるものだと思っています。便利になっていけば1日の過ごし方も段々と変わってきます。今の世界もまだ発展段階です。まだまだAI技術も進化を遂げ、人が行うことのない作業が増えるでしょう。10年前と今でさえ大きく違います。10年後の日本。世界は一体どこまで進化を遂げているでしょうか。AIアシスタントの音声技術の発展も楽しみですね。

ここまで来た!ARが魅せる未来前のページ

「モノ消費」よりも心に残る「コト消費」が流行中次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. AIさくらさん

    【人工知能(AI)×出版】本探しの手間解消!AIがお客様の本を選ぶアドバイザーに

    【人工知能(AI)×出版】本探しの手間解消!スーパーアドバイザー AI…

  2. AIさくらさん

    【人工知能(AI)×コスメ】「このコスメ欲しい!在庫あるの?」に人工知能が対応!

    【人工知能(AI)×コスメ】コスメを取り扱う企業が商品に対しての質問や…

  3. AI関連

    【人工知能(AI)×音声ガイド】人工知能が水族館をガイド!体験をより充実させる

    【人工知能(AI)×水族館】お客様にもっと水族館を楽しんでもらうための…

  4. AI関連

    オムニチャネルを統合するAIは、新しい価値を創出する

    全てのチャネルを連結させて顧客アプローチを進めるオムニチャネル戦略。顧…

  5. AI関連

    顧客体験を「個客」体験へと向上させる人工知能(AI)

    顧客満足度を向上させるために、メーカーも販売店もさまざまなアプローチを…

  6. AI関連

    【人工知能・AI×Web】今すぐマーケティング本を閉じて、AIに全部任せる新サービス

    Web担当者の皆さん、マーケティングで苦労していませんか?私の…

おすすめ記事

最近の記事

  1. デジタル化が旅行・観光業を救う!?ウィズコロナ・アフターコロ…
  2. 人が対応するのが正しいの?DX(デジタルトランスフォーメーシ…
  3. 人間拡張って聞いたことがありますか?デジタル化が背中を押して…
  4. テレワークだけでは足りない?デジタルシフトなど、アフターコロ…
  5. 【初心者向け】ここに注目!スマートフォン用バナーを作成しよう…

アーカイブ

  1. Web関連

    レスポンシブとは少し違う、アダプティブWebデザイン
  2. Web関連

    【Web制作会社が教える】10分でわかる!?フラットデザイン実践のポイント
  3. Web関連

    【Web制作】マーケティングオートメーション(MA)ツールの世界導入シェア
  4. Web関連

    知ったかぶり、してない?サルでもわかるリードナーチャリング
  5. Web関連

    騙されるな!ネットのデマで人が死ぬ時代。デマに振り回されないために
PAGE TOP