AI関連

キャッシュレス決済で財布を持たずにお出かけできる時代がきた!

0

みなさんは、キャッシュレス決済を活用されていますか?それとも現金派ですか?
クレジットカードやモバイル端末による決済などはどうしても好きになれず、現金での支払いにこだわる方もいますが、そういった声はあれど、キャッシュレス決済はものすごい勢いで進化し、私たちの日常生活にもどんどん広がっています。
ちなみに私はキャッシュレス決済をしっかり活用させてもらっています。今や、ほとんどのシーンでキャッシュレス決済が可能となっているので、気づいたらここ何週間か、一度も現金を使ってないな・・・なんていうこともよくあります。
キャッシュレス決済のメリット・デメリットや、今後、どのような状況になっていくのかを少しお話したいと思います。
まずは、メリット・デメリットですが、キャッシュレス決済を利用する側と、決済サービスを活用している事業者側と両方の視点で見ていきましょう。

→関連サービス「AIさくらさん」はこちら

利用者メリット

・現金を持ち歩かなくて良いから安全
キャッシュレス決済だと、現金を持ち歩く必要がないので、財布を落としたりひったくられたりというリスクがありません。
・現金のやり取りがない分、会計がスピーディー
クレジットカードの場合は、カードの読み取りに時間がかかったり、サインをしなければいけないなど、現金決済とそれほど
時間的には変わらないですが、モバイル端末やICカードでの決済なら、タッチするだけなので一瞬で決済完了できるため、
現金での支払いよりもスピーディーな決済ができます。
・現金をやりとりしないから、感染リスクも防げる
さらにキャッシュレス決済の大きなメリットとしては、ウイルスなどの感染リスクを防止できるということが挙げられます。現金での支払いであれば店員が触ったお金を触ったりすることでウイルスに感染するリスクを伴いますが、キャッシュレス決済であれば機械にカードを入れたり、端末を機械にかざすだけなので、接触する必要がありません。これは、昨今問題となっているコロナ対策にもとても有効ですし、アフターコロナもこれが主流となることでしょう。
・決済履歴を残せるから支出の管理がしやすい
現金決済だと、家計簿をつけるなどしないとどれだけ使ったかといった管理ができませんが、キャッシュレス決済の場合は、決済履歴がすべて残るので、アプリなどと連携すれば、簡単の収支の管理ができます。
・現金を下ろす手数料が不要
現金の場合は、ATMなどで引き出す際には手数料がかかります。日中でも100円程度、夜間だと数百円もかかってしまうことも。手数料がかかる回数をなるべく抑えるために多額のお金を引き出すと、その分管理リスクも高まります。その点、キャッシュレスサービスを使えば、手数料無しでチャージができるなど、差額は意外と大きいですよね。

事業者のメリット

・レジ締めなどが不要になるため管理業務が軽減できる
一方、事業者にとっては、キャッシュレス決済は管理がものすごく楽になるという大きなメリットもあります。現金の場合は、レジ締めや集計など、それだけでもスタッフが多大な時間を取られますし、そこが省けることで、他の業務に充てられる時間が増えるなど、業務改善にも繋がります。

デメリット

ただ、キャッシュレス決済も良いことばかりではありませんし、当然ながらデメリットもあります。
・電気トラブルや通信トラブルなどで利用不可になる場合がある
キャッシュレス決済は、基本的には電気やネットワークが無いと使えません。機械やネットワークのトラブルがあったり、災害などにより電気が使えなくなったりした場合は、決済もできなくなってしまいます。いざというときに意外と弱いのがキャッシュレス決済のデメリットと言えます。
・キャッシュレス決済に対応していない店舗で買い物ができない
キャッシュレス決済はかなり普及してきたとは言え、加盟店でないと使えなかったりなど、まだ使えないところもあります。そういった場合は、念のため現金も多少は財布に入れておくことも必要でしょう。

いまだにキャッシュレス決済できないのはどんなシーン?

たとえば、街のラーメン屋さん、パン屋さんなど、小規模な小売店や飲食店などでは今でも現金のみというお店も多いですよね。気軽にパッと出かけておいしいものを食べようと思っても、キャッシュレス決済は使えないから現金を持っていかなければいけないということもあります。
ものすごく便利なところはありますが、まだまだキャッシュレス決済は万能ではないので、現金支払いと併用するなど、うまく付き合っていく必要がありますね。
キャッシュレス決済のメリット・デメリットについてご説明しました。
それではここからは、キャッシュレス決済が活用されているシーンや、今後どんなふうになっていくのかについて見ていきましょう。

AIと連携

キャッシュレス決済は、決済だけでなく、AIと連携してもっと利便性の高い高度なサービスとして展開されています。
・顔認証
南紀白浜のリゾート地で、顔認証ですべての決済ができるという実証実験が行われました。
これは画期的で、私もこれを聞いたときは、「未来がやってきた・・・」と思いました。
ホテルの予約確認・チェックインから、リゾート地一帯のレストランやお土産屋さんなどの店舗での買い物など、すべてを顔認証で行なうことができるというものでした。利用者は、財布を持たずに出かけることができ、買い物や食事など、なんでも現金無しでできてしまうのです。
これが進化していくと、いずれは財布もカバンも持たずに出かけても、買い物も食事もできるようになる、といった時代が来ることを予感させてくれました。
また、もう一つの決済サービスとして、「ライフスタイル認証」というのがあるそうです。
これは、東京大学で研究開発が進められている認証方式で、パスワードや顔認証といった特定の情報によるものではなく、その人の行動、つまりは、買い物した履歴や何かをした履歴などの情報を基に個人を識別して認証するものだそうです。
これなら、パスワードを忘れてしまったり、マスクやメイクをしていたから認証ができないといったこともありません。
結論として、顔認証にしろ、ライフスタイル認証にしろ、財布もスマホも取り出さずに支払いが可能なのです。これが実現すると、セキュリティも安心ですし、気兼ねなくいろいろなことが楽しめるようになります。
こんな夢のような世界が目の前まで来ていると思うと、ワクワクしませんか?

→関連サービス「AIさくらさん」はこちら

0

「モノ」から「コト」へ。変わる購買理由。前のページ

ここまで来た!ARが魅せる未来次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. AI関連

    エッジコンピューティングってなに?

    やっとクラウドって言葉が浸透してきたばかりなのに・・・IT業界以外…

  2. AI関連

    「未来の雇用」の今を見る

    さて、皆さんは遡ること2013年9月にオックスフォード大学のマイケル・…

  3. AI関連

    人工知能(AI)がクレーム対応にはベター

    コールセンターやお客様相談室などに人工知能(AI)の導入が増えてきまし…

  4. AI関連

    【人工知能(AI)×店舗】未来世界の無人のお店も現実に!店舗運営を一新するAIサービスとは

    店舗の運営にAIを組み込んだシステムを導入することで、既存の問題を解決…

  5. サービス・新技術

    みんな知ってるフィンテック

    今となっては珍しい言葉ではないですね。フィンテック(FinTech)。…

  6. AI関連

    【人工知能・AI×Web】今すぐマーケティング本を閉じて、AIに全部任せる新サービス

    Web担当者の皆さん、マーケティングで苦労していませんか?私の…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    面倒な作業を楽にするCSSフレームワーク
  2. Web関連

    コンバージョンアップのための3ステップ!
  3. Web関連

    これを見ればわかる「Copyright」まとめ
  4. Web関連

    私たちの仕事ってすばらしい!社会貢献度のものさし「SDGs」
  5. Web関連

    顔までも分かる!?DNAの可能性とは。
PAGE TOP