AI関連

コロナ禍の今、おうちでAIについて学んでみよう

0

政府は、国民に不要不急の外出の自粛、「3つの密」を避けるため2020年4月16日に全国に緊急事態宣言を発令しました。
これにより仕事は在宅勤務(テレワーク)、学校では休校、他都道府県への旅行・イベント自粛など多くの人が家での生活を余儀なくされました。
家ばかりにいて、暇で何かしたいと思うことありませんか?
そんなときは、

楽しくAIを学んでみましょう。

 

→関連サービス「AIさくらさん」

身近なAI搭載機器

家の中を見てみるとAIを搭載した機器があるかもしれません。今ではエアコン、冷蔵庫など大型家電からスマートフォンやスピーカーまでAI技術はもう身近に感じることができます。その中でもほとんどの人が一台は所持しているスマートフォン。スマートフォンにはAI技術がたくさん詰まっています。そこで、家にいながらスマートフォンひとつで楽しく遊べるAI搭載アプリを紹介したいと思います。
まず、どんな技術が使われているのでしょうか?知っておくとより、楽しく学べること間違いなしです。

AI搭載アプリに使われている技術

255-300x300-2.jpg

音声認識

人間の声などをコンピュータに認識させることであり、話し言葉を文字列に変換したり、あるいは音声の特徴をとらえて声を出している人を識別する技術である。

自然言語処理

人間が日常的に使っている自然言語をコンピュータに処理させる一連の技術である。

画像認識

画像のなかに一体何が写っているのか、コンピュータや機械などが識別する技術である。
AIは身近にあるので、AIの技術なんて知らないという人も知らないうちに触れているかもしれません。
AI搭載アプリは現在、100種類以上もあります。その中でも、役立ちそうなものをピックアップしてみました。

話し相手になってくれるAI!?

女子高生AI「りんな(LINE)」
音声認識、自然言語処理の技術が使われている。
マイクロソフトが提供する女子高生AI。
コミュニケーションアプリ「LINE」の会話ボットとしてなんと2015年に登場しています。一度は聞いたこ ともある人も多いかもしれません。
特徴として、話し相手が女子高生のような話し言葉で会話をします。話したいことを聴いてもらったり、 オタクの話で盛り上がったりできます。隠し要素もあるみたいなので、気になった人は調べてみてください。
しかし、「りんな」は2019年3月20に高校を卒業すると発表しました。卒業の理由として歌手としての活動
を本格化させることになったと説明されています。ただ、高校卒業してからも活動は続けていくようです。
LINEで「りんな」を友達追加してみて、楽しい話をするでもよし、愚痴をきいてもらうもよし、話し相手
になってもらってみてはいかがでしょうか。

AIとおしゃべりをしてメンタルケア!?

感情日記AI「Emol-AI」
音声認識、自然言語処理の技術が使われている。
Emol株式会社が提供するアシスタントAIロボ。
「ロク」と呼ばれるAIに対して会話して自身のメンタルをコントロールするアプリです。
特徴として、ユーザーの感情を記録します。
主な機能は3つ

  • 感情を記録:喜び、怒り、悲しみなど、感情を選択する。
  • トーク機能:アシスタントAIロボとチャットでおしゃべりしてその時の具体的な状態を記録する。
  • 振り返り機能:過去にいつ・どこで・どんな感情で何を会話したかを振り返ります。

自分の感情を日記のように客観的に見て、メンタルをコントロールしてみてはいかがでしょうか。

自分のしらない自分が見える!?

Snapchat
画像認識の技術が使われている。
Snap Inc.が提供するSNSアプリ。
主な機能は4つ

  • スナップ(写真や動画)を友達に送る。
  • チャットができる。(テキスト、写真だけでなくビデオチャットも送ることができる。)
  • ストーリーを公開、閲覧できる。
  • 写真や動画を加工できる。

4つの機能の中でも一番の注目は、写真や動画に加工ができるということ。
好きな動物に変身できたりします。自分の動かす動作に合わせて動いてくれます。また、年齢や性別を変えることができるフィルターがあり、もし自分の性別が変わったらなんてことが体験できます。
自分が見たことのない自分が見られること間違いなしです。興味のある人は試してみてください。

カメラをかざすだけでなんでも知れる!?

Google レンズ
画像認識の技術が使われている。
Googleが提供しているカメラレンズのアプリ。
花にGoogleレンズをかざすと花の名前が分かったりします。また文章にGoogleレンズをかざすと翻訳してくれたり、文章を読んでくれます。
いろんなものに、Googleレンズをかざすだけで詳細な情報を表示してくれます。
家のいろんなところにかざしてみてください。何か知らなかったことを発見できるかもしれません。
補足)私が便利だと思ったのはWi-FiのSSIDとパスワードをかざすと自動で接続してくれます。面倒な入力をしなくてもいいのは便利だと思いました。

以上4つのAI搭載アプリを紹介しました。知っていた方も多いと思いますが、興味のあるアプリが見つかればインストールをしてみて、使ってみてください。
家での生活を楽しみながら過ごしてもらいたいです。また、AIについても興味を持ってもらえればと思います。

→関連サービス「AIさくらさん」

0

まるでおうちがアクアリウム?家から楽しめるオンライン水族館!前のページ

「モノ」から「コト」へ。変わる購買理由。次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. AI関連

    音声インターフェース(VUI)ってこれから本当に流行るのか

    今回は、「音声インターフェース」と「コミュニケーション」をテーマに話し…

  2. AI関連

    成功するテレワークの鍵はセキュリティ対策とコミュニケーション

    働き方改革実現の切り札として提唱されてきたテレワークは、時間や場所を有…

  3. AI関連

    【人工知能(AI)×ショッピングモール】人工知能が買い物客を自動接客・ナビゲート

    【人工知能(AI)×ショッピングモール】外国語でコミュニケーションを取…

  4. AI関連

    IoT技術とAIの連携で、業務はより便利かつ安全になる

    新たなイノベーションを起こしつつあるIoT×AI技術。IoTによる自動…

  5. AI関連

    日本のキャッシュレス決済化進展をAIが支える

    近年街中でよく目にするようになったキャッシュレス決済。「お財布を持つ必…

  6. AI関連

    VUIの先にあるもの

    機械に向かって話しかけたりすると、一昔前は「あいつヤバイ...」と白い…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 持つべきなのか?運転免許証+マイナンバーカード
  2. RPAから始める業務効の自動化 働き方改革への選択肢の一つに…
  3. 【3分で解説】これから始まる自動車教習所のオンライン学科教習…
  4. 約1年間のウィズコロナ生活で大きく変わったもの
  5. スマートストアにより、小売業は激変する

アーカイブ

「いいね」を押された記事

  1. AI関連

    業務効率化のために準備すべきこと
  2. Web関連

    webデザイン目線で、webアクセシビリティをUP!させましょう
  3. Web関連

    【web制作】プロトタイプの前段階「POC」とは?
  4. AI関連

    AI(人工知能)がデータを分析して正確に在庫管理するサービス・システムが続々実用…
  5. AI関連

    【人工知能(AI)×EC・通販】24時間365日いつでも電話対応できる通販・ショ…
PAGE TOP