AI関連

心臓部の覇権争い、いち早く食材をどう料理するか

Apple、GoogleといったIT企業だけでなく自動車メーカーのテスラも自動運転のために半導体を自前化してきてるのは、ソフトだけでなくチップレベルでも差別化が進んできています。

GoogleのBERT(Bidirectional Encoder Representations from Transformers)自体もすごいですが演算処理をとんでもなく早くしてるのは、AIのためだけに作られたGoogle独自の「TPU」の性能の恩恵が大きいと言わざる得ません。
これから先の演算処理は、CPU⇒GPU⇒自前半導体(GoogleはTPU)と進んでいき、さらにこの先の量子コンピュータまでを捉えようとしています。

そのため、今後のBERT活用の機会を考えると、ソフトだけでなく、ハード技術も先行きを見ておかないと周回遅れに巻き込まれます。
日本人でありながら悔しいですがこればかりは、直視しないといけない現実です。
半導体の進化の過程でも日本は、3周遅れになっている。

もう一方でAmazonのAWSもありますが、Amazonはそもそも自然言語の世界ではないところからスタートしている背景があり、最近ではIoT関連のLPWA(Low Power Wide Area)側の通信技術を発表していたので目指している方向性も他と異なっています。

ただ、この通信技術もとんでもない性能のようでロサンゼルス都市部をわずか700個のアクセスポイントでカバーする優れものです。
これが何の役に立つのかを考えると、明言はされていませんが「Amazon Go」での経験から都市全体をまるごとIoT化に向かいそうな予感がします。
「地球規模でドローン宅配出来る」と本気で構想している様子が見え隠れしています。

ただ、私はこれらの事象が「まずい。」という悲観的なことが言いたいのではなく、それぞれの特性に応じた「使い分け」や「組み合わせ」で課題解決する製品をいち早く世に出せる企業が今後必要になってくると考えます。
つまり、AIさくらさんのような製品開発を今までやってきた企業が生き残るということに直結していきます。

料理で例えるなら、「ようやく良質な食材が揃った」と思えば、それをどう料理するかでアレンジは無限大ということです。

日本食は世界でも認められているも然り、外国の文化を取り入れてアレンジするのは我々日本人がもともと得意としている領域です。

それぞれが取り組む心臓部の覇権争い、全てはスピードと特性に合わせたアレンジ次第です。

RPAが解決する単純作業! ~ECサイト活用編~前のページ

AI搭載ドローンが人の命を救う時代に次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. AI関連

    広告作成の効果測定や分析は人工知能(AI)とRPAにおまかせ

    広告を効果的に打つ為には、効果測定と分析を行うことが必要になります。で…

  2. AIさくらさん

    【人工知能(AI)×顧客満足度】ユーザーフレンドリーなWebサイト接客に欠かせないAIさくらさん

    【人工知能(AI)×顧客満足度】ユーザーフレンドリーな問い合わせ解決方…

  3. AI関連

    無人化・自動化って本当に進んでるの?

    「無人化」「自動化」と聞くと、みなさんは何を思い浮かべますか?着実…

  4. AI関連

    現在のAI活用のトレンドとは?どのような分野で活かせるのか

    「様々なことが可能になる夢の技術」と話題のAIですが、実際にどんな事が…

  5. AI関連

    ジェンダーフリーな社会がもたらすAI普及への影響

    突然ですが、皆さんはお出かけをする際の服装を考える…

  6. AI関連

    「モノ消費」よりも心に残る「コト消費」が流行中

    「モノ消費」「コト消費」って、ご存じですか?言葉自体はずいぶん前か…

おすすめ記事

最近の記事

  1. DX(デジタルトランスフォーメーション)・デジタルシフトへの…
  2. テレワークだけでは足りない?デジタルシフトなど、アフターコロ…
  3. デジタル化が旅行・観光業を救う!?ウィズコロナ・アフターコロ…
  4. 非接触がこれからの常識。ウィズコロナ・アフターコロナはIoT…
  5. キャッシュレス決済はウィズコロナでのウイルス対策に繋がってい…

アーカイブ

  1. Web関連

    どんな良い内容でも「キャッチコピー」がダメならダメコラム
  2. AI関連

    AI(人工知能)は、結局のところ人間を超えることができるのか?
  3. Web関連

    今が旬!知って得するスマートオフィス
  4. Web関連

    社員を幸せにする?!ゲーミフィケーション活用法
  5. Web関連

    今後の活躍に期待!ドローンのうまい使い方
PAGE TOP