AIさくらさん

AIさくらさんとAIチャットボットはどう違う?!他社製品との違いを徹底解説!

0

時は大AI・チャットボット時代。

2017年ごろから市場で見かけるようになった、「AI」や「チャットボット」というワードも今では当たり前のように日々のニュースやコラムで飛び交うようになりました。
そして、日本の多くの企業が、上長から掲げられた「働き方改革」というワードのもと、業務効率化を進めるために様々なツールの導入を進めています。
業務効率化をするためのツールは市場にあふれていますが、その中でもよく耳にするのが、AIやチャットボット。
インターネットや、展示会に行って調べると、様々な種類、用途の製品がありすぎて、何を基準に選定していいのかわからない!そもそもAIとチャットボットって何が違うの?と混乱されている方も多いのではないでしょうか。
本コラムでは、その中でも、AI3部門でNo.1を獲得した、株式会社ティファナ・ドットコムが提供する人工知能サービス「AIさくらさん」を例に挙げ、AIチャットボットとの違いを徹底解説いたします。

5b4b798f3d02f29e1064b6c87ad630f27add60ba.jpg

チャットボットの特徴とメリット・デメリット

まずはチャットボットの特徴とメリット・デメリットから解説を行います。
そもそもチャットボットとは、人工無能と呼ばれ、想定されたシナリオを元に、対話を行うツールです。
そこにAIと呼ばれる、自然言語処理や機械学習といった機能を搭載したものがAIチャットボットと言われます。

しかし、AIチャットボットのどの部分にAIが使用されているのか、各企業のサイトを調べてみても「AIを活用したチャットボット」、という説明にとどまった製品が多く、実のところはAIが使用されているのかは定かではありません。

チャットボットを導入するメリットとデメリットは以下になります。

<メリット>
・製品によっては低コストで導入が可能
・社内で学習・管理・運用ができる

<デメリット>
・売り切り型が多く、サポートが受けられない
・長期的にメンテナンスをする必要がある
・キーワード設定や調整に時間がかかる

「とにかく低コストでスタートをしたい!」「社内の運用体制を整えるリソースがある!」という企業であれは、チャットボットは比較的簡単に業務効率化が出来るツールと言えるでしょう。
しかし、低コストで導入できる分、当然運用負担が発生します。社内のチャットボットの運用リソースを割くことが難しい場合は、運用負担の少ないツールを選んだ方が賢明と言えるでしょう。

AIさくらさんの特徴とメリット・デメリット

次に人工知能サービス「AIさくらさん」の特徴とメリット・デメリットを紹介します。
AIさくらさんは、人工知能を活用した対話型ソリューションです。

チャットボットと同様にユーザーからの質問に対して答えることはもちろんのこと、ユーザーからの質問をもとに学習を行うため、チャットボットの運用で発生していたキーワードの調整やメンテナンスが不要です。

また、AIさくらさんは対話機能だけでなく、システム連携やIoT連携も可能です。社内のグループウェアとの連携や、センシングカメラの連携を行うことで、ユーザーと対話を行うだけでなく、社内のあらゆるシーンで活用することができます。
既に300社以上の企業に導入されており、導入後の継続率も9割とユーザー利用満足度も高い水準を誇っています。

AIさくらさんを導入するメリットとデメリットは以下になります。

<メリット>
・自己学習機能搭載で運用負担軽減
・専任のサポートが付くので、導入後も安心
・ビッグデータを元にした各種分析結果やレポートが毎月提出されるため、自社でのデータ分析は不要
・システムやIoT連携が可能

<デメリット>
・人件費程度の月額費用が発生する。
・すべて自分でメンテナンスを行いたい・サポートは不要という企業には不向き

AIさくらさんは「AIやチャットボットの運用に割くリソースがない!」「問い合わせ対応以外にも業務効率化させたい」といった企業にはとてもお勧めの人工知能です。
売り切りではないため、サポート体制が充実していることも魅力の一つです。
一方、低コストで導入を検討している、AI・チャットボットの管理を全て自分で行いたいという企業はチャットボットの方が向いているかもしれません。

まとめ

最近の傾向としてよく耳にするのは、「トライアル期間中は自分たちで回答精度を上げるべく調整を行っていたが、実運用がスタートすると、自分の実務もありAIやチャットボットに時間を掛けられない!」といった声です。
業務効率化は長期的に継続して行うものです。
その際に必要になるAIやチャットボットといったサービスやツールも、業務効率化に合わせて長期的な運用を行う必要があります。
長期利用を考えた際に重視したいポイントは、「いかに運用負担を減らすか」です。
確かに低価格な製品は魅力的に見えるかもしれませんがそれなりの運用負担が発生します。
長期的かつ安定的な利用を考えれば、運用負担の少ないAI・チャットボット検討することをお勧めします。
自社に一番合ったAI・チャットボットを導入して、社内の働き方改革を進めていきましょう!

0

AIチャットボットって一体どこがAIなの?前のページ

AIチャットボットの共通するメリット・デメリットとは?次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. AI関連

    【人工知能(AI)×観光】観光向けサイトで人工知能会話型システムを活用

    【人工知能(AI)×観光】観光情報サイトのように、情報の更新を頻繁に行…

  2. AI関連

    【人工知能(AI)×コールセンター】人工知能で顧客満足度向上と業務効率化を同時に実現

    【人工知能(AI)×コールセンター】AIさくらさん =人工知能(AI)…

  3. AI関連

    自動運転のメリット・デメリット

    最近、ニュースやCMなどで取り上げられており話題となってきている自動運…

  4. AI関連

    心臓部の覇権争い、いち早く食材をどう料理するか

    AIの学習に必要な演算処理を高速化するため、半導体を自前化し、チップレ…

  5. AI関連

    人工知能(AI)がクレーム対応にはベター

    コールセンターやお客様相談室などに人工知能(AI)の導入が増えてきまし…

  6. AI関連

    クラウド環境の普及で何が変わった!?

    今回のテーマは「クラウド」です。昨今では、もはや当たり前のサービス…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. AI関連

    山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」
  2. AI関連

    【必見】デキる人は使ってる!WBSを活用してスマートなタスク管理をしてみませんか…
  3. Web関連

    【バズるコラム】10年間記事を書き続けた無名ブロガーの「読まれるコラムを書きたい…
  4. Web関連

    営業効率アップ!顧客の行動履歴に合わせたコンテンツを自動で配信するMAツール
  5. サービス・新技術

    今後広まるキャッシュレス決済のメリット
PAGE TOP