AI関連

物流業界にもAIを! 深刻な人材不足を人工知能がアシスト!

0

現在、あらゆる業界で、「人材不足」が問題となっています。中でも物流業界は、深刻な人材不足問題が生じています。
物流とは、「物を人から人へ受け渡す」作業を行う、なくてはならない仕事です。
大手通販会社の事業拡大に伴い、「お急ぎ便」や「送料無料」等のサービスも増え、通販を利用するユーザーは年々増加しています。
しかし、同時に運送会社では、 働き手が増えずに人材不足がさらに深刻化して厳しい状況となっています。
そんな中での改善策は、一人一人の業務効率化といわれていますが、それだけだと苦しいのが現状です。

では、人の手を使わずに「人工知能(AI)」が在庫管理や伝票記入、配送状況管理までできるとしたらどうでしょうか。
人を雇うことなく解決できる道があればそれに越したことはないですよね。

このコラムでは、物流業界における人材不足問題に着目し、人工知能(AI)、RPAを活用することで、どのようにして問題を解決するのかをご紹介いたします。

近年の物流業界における進展と問題

では、物流業界では実際にどのような問題が起きているのでしょうか。
近年、ECサイトが増え、実店舗ではなく、ネット通販で物を購入することが当たり前の時代になりました。
全国各地のどこからでも商品が購入できるという点から、今後消費者のニーズがますます高まり、定着するでしょう。
平成28年度の宅配取扱個数は、前年度と比較して2億7,367万個・7.3%の増加(国土交通省調べ)しており、消費者の多くが通販を利用しているとも考えられます。
しかし、ネット通販拡大とユーザー増加に対して、働く人員数は変わらないため、深刻な人材不足に繋がっています。
このような人材不足問題を解消するための方法は大きく分けて以下の2点が挙げられます。

1)人工知能(AI)により、在庫管理を一括化

2)RPAでヒューマンエラーをゼロに

上記において、弊社のサービス、人工知能(AI)の「AIさくらさん」と、「RPAさくらさん」ができることをご説明します。

1)人工知能(AI)により、在庫管理を一括化

物流業界の特徴は、どの業界よりも一番「モノ」を取り扱っているという点です。
そのため、膨大な荷物を一つ一つピッキングし、管理をするには多くの人員が必要です。
しかし、人手不足により一人当たりの生産性が低くなり、非常に厳しい状況となっています。
倉庫スタッフは、長期で働いているスタッフよりも、短期で働く派遣スタッフやアルバイトが多く、ベテランのスタッフは常に教育担当をしなければならず、効率性が上がりません。

そこで、 「AIさくらさん」が活躍します。
在庫管理や業務でわからないことはすべて「AIさくらさん」が担います。
例えば、AIさくらさんに「この商品の在庫はいくつですか」と聞くと、瞬時に在庫状況を教えてくれます。
また、 「この商品はどこにありますか」と聞くと、倉庫のマップを表示してわかりやすくナビゲーションを表示します。

活躍範囲は倉庫業務だけに限りません。運送業務にも多くのメリットがあります。
例えば、お客様の配送キャンセルや配達時間の変更をすべてAIさくらさんが引き受け、同時にドライバーとAIさくらさんが連携することにより、リアルタイムに運送状況を把握します。そうすることにより、荷物の行き違いが起こらないため、再配達トラブルがなくなります。
「AIさくらさん」は、物流業界の根本にある労働環境の問題から改善することができるのです。

2)RPAでヒューマンエラーをゼロに

物流業務は、伝票確認や在庫チェック等、ヒューマンエラーを起こしやすい作業が多くあります。少しのミスでも直接お客様の信頼に関わるため、スピードと共に「正確さ」も求められています。
しかし人材不足だと、どうしても一つ一つの作業に時間がかけられずミスが起こりやすくなってしまうため、ヒューマンエラーをなくすことは大きな課題です。

「RPAさくらさん」は伝票確認やルーティン作業を一括して自動化します。そうすることにより、人の手により起こるケアレスミスをなくすことが出来ます。
そして、ボタン一つ押すだけで作業をしてくれるため、RPAさくらさんに伝票記入を任せている間に他の作業を進めることができます。
単純作業はすべてRPAさくらさんで完結できてしまうのです。

物流業界にAI・RPAを導入することによる大きなメリット

物流業務にAIさくらさんとRPAさくらさんを導入することで得られるメリットをまとめると、以下になります。
b7e21ea0796ed4ed4be6cde8119c7d0b4866ca4d.jpg

<AIさくらさん>
・さくらさんが瞬時に在庫状況を報告し、業務内容も教えてくれる
→書類をすぐに見つけることができ、効率化に繋がる
→その場に担当がいなくても、業務事はAIさくらさんが代わりに回答

・荷物管理している場所をマップで簡単に表示
→荷物の取違いがなく、一目でわかる

・お客様とドライバーの伝達役になってくれる
→再配達トラブルにならず、ドライバーも常に最新の情報が知ることができる

<RPAさくらさん>
・毎月のルーティンの伝票確認や在庫チェックを全自動化
→ヒューマンエラーが起こらずに、効率性アップ

いかがでしょうか。以上のように、人工知能(AI)とRPAの力によって多くの問題は簡単に解決することができるのです。

これからの業界を支える人工知能(AI)

物流業界はECサイトが普及し、今後さらに進展していくでしょう。しかし、事業拡大に伴い従業員が順応できなければ、業界の発展は望めません。
近い未来、日々成長が著しい業界を支えるのは、人工知能(AI)です。
「AIさくらさん」「RPAさくらさん」は、人材不足問題を解決する救世主として、業界を支えるでしょう。

0

RPAの限界と制約前のページ

運送業の人手不足を人工知能(AI)で解消!次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. AI関連

    真のMaaSを支えるAI技術

    ここ数年であらゆる業種や業態に導入が始まっているAI技術。GAFA…

  2. AI関連

    AIサービスが実現する、人工知能導入による業務効率化の達成方法

    AIを活用したシステムやサービスを導入することで、業務効率化を達成する…

  3. AI関連

    【ホームページ制作】採用はもうAI(人工知能)がやれば良い。

    巷ではAI(人工知能)の進化、活用が話題になっていますね。弊社でも…

  4. AI関連

    非接触AI技術が世界を救う?

    今回は、今後急速に普及していくことが予想される「非接触技術」についてお…

  5. AI関連

    VUIの先にあるもの

    機械に向かって話しかけたりすると、一昔前は「あいつヤバイ...」と白い…

  6. AI関連

    AIが新型コロナウイルスの感染を防ぐ!その驚くべき方法とは!?

    新型コロナウイルスの現状2020年1月から中国の武漢市から肺炎が広…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    どんな良い内容でも「キャッチコピー」がダメならダメコラム
  2. Web関連

    デジタルファブリケーションで創る!
  3. Web関連

    コンテンツ内容がわかるいいバナー広告を選んでみた
  4. AIさくらさん

    ホテル業務を10分の1に削減できちゃうRPAさくらさん!
  5. Web関連

    ちょっと前にはやったWEBコンシェルジュの今
PAGE TOP