AI関連

【人工知能(AI)×メンタルヘルス】AIに悩み相談!テレワーク疲れにメンタルセルフケアがポイント

0

皆さんは、メンタルヘルスの分野でAIが今注目されているのをご存知ですか?

テレワーク疲れ、自粛疲れという言葉も最近になってよく耳にするようになりましたが、心身ともに疲れている人は増えてきています。

仕事でテレワークが中心の人は、基本一人で仕事を行うことが多く、テレビ会議でしか対面する機会がないため、心身の疲労に周りも自分自身も気づかずにどんどん疲れが溜まっていき、心も病んでしまうケースが現実問題として起こっています。

今まで周りに頼れる人がいた職場から離れ、気軽に相談もできない状況下では、たしかに心も身体も疲れてしまいますよね。

そこで、最近取り上げられているのが、自分自身のメンタルをケアする「セルフケア」という言葉です。

 

心と身体を自分自身でヘルスケアする「セルフケア」

メンタルヘルスの分野では、「セルフケア」という言葉があります。

「セルフケア」とは、人とのコミュニケーションが取りづらい今の状況下で、自分自身でメンタルをコントロールできるようにするための取り組みです。「セルフケア」には大きく分けて3つのポイントがあります。

 

・自分が抱えている問題を自覚すること

・ストレス、不満、悩みを溜めない方法を知ること

・自分のココロとの付き合い方を知ること

ただ、このままではどれも抽象的でわかりにくく、実際にどうすればいいのかわかりません。

 

そろそろ本題に入りますが、このヘルスケアの分野に活用され始めているのが、AI(人工知能)です。

 

メンタルヘルスをAIが担う時代

AI(人工知能)は発展途上の技術であり、「まだ人のような対応はできない」とされています。

ですが、現段階でも「人とのコミュニケーション」自体は十分に可能となっていて、これらの研究が進んでいる米国では、AIによるカウンセリングなども試されています。

しかもなかには人のカウンセラーではなく、あえてAIの対応を希望する利用者もいるとのことで、その効果のほどが伺えます。

こういった結果も含めて人の心理を紐解いていくと、「悩み相談」という分野に求められるのは、必ずしも正確な言葉の受け答えだけではないことがわかります。

 

お悩み相談ができるAIは既に登場している

文章や音声での会話ができるAIは、主にチャットボットと呼ばれています。

こういったチャットボットは既に広く出回っていますが、特に「会話で案内サービスができるロボット」などは、実際に見たことがある方もいるかも知れません。

なかには「お悩み相談」が可能なAIなども出てきており、恋愛相談や日々の愚痴を聞いてくれるキャラクターAIも誕生しています。

また、かつてLINEアプリ上に存在していたある「相談室」では、アニメキャラクターの特徴を押さえたAIの対応が好評を博していました。

 

さらに今では「相談」された内容を元に、メンタルヘルスの観点からその人の診断をして、的確なアドバイスをくれるAIも存在します。弊社のAIも、人に寄り添ってこころをケアするメンタルヘルスさくらさんというサービスを提供していますし、他にも様々なAIがあります。

人間以上に寄り添い、その人のこころの悩みを解消するAIは既に存在しているのです。

 

話を聞くのは必ずしも人である必要はない

人の心理として、不安や悩みはただ外に吐き出すだけでも効果があるとされています。
マインドフルネスの一種としても、寝る前や集中する前に不安に思っていることを紙に書き出すことで、頭の中をクリアにするという手法があります。

このことからも、必ずしも他の人に不安を受け取ってもらう必要はなく、なによりも外部に出してしまえる環境こそが重要であることがわかります。
上記で述べたような「悩み相談ができるAI」に一定の需要があるのも、こういった背景に裏打ちされていると見ることができます。

また、AIに悩みを相談することの大きなメリットとしては、「相談しても相手(AI)がストレスを感じることがない」というものがあります。
人が相手だと相談しづらいようなことも、AIが相手ならば気兼ねする必要がありません。
個人を特定しない環境であればプライバシーも守られるため、より安心できるのも嬉しいポイントです。

また、AIは設定次第では常にホスピタリティのある対応ができることも特徴です。
このことから、介護業界でも利用者の話し相手としてAIロボットを導入する施設が増えています。
こういった現場でAIが受け入れられている理由は、
「AIから話しかけてもらえる」「話しかけると返事をしてもらえる」
といったものが挙げられます。

一見当たり前のようにも思えますが、ただ安心して話ができる相手がいるというだけでも、満足感に繋がるということがわかります。

 

24時間・365日対応できることに大きな意味がある

他に悩み相談ができる場所としては、例えば病気や心の悩みなどが相談できる、無償の「電話窓口」も挙げられます。
これらは厚生労働省に掲載されているだけでも10数種類にも渡りますが、
残念ながらこういった電話は非常に繋がりにくいという欠点も存在しています。

それだけ悩みを抱えている人が多いにもかかわらず、対応を行うオペレーターが足りていないことと、
一件あたりにかかる通話時間が長い場合もあることが理由として挙げられます。

ですが「人とのコミュニケーションが得意なAI」であれば、
こういった現場にも導入することは現実的に可能であると言えるかもしれません。

このようなコミュニケーションが可能なAIは様々ありますが、
AI接客システム『AIさくらさん』の場合は音声での案内も可能なため、相談の一次対応を担うことが可能になります。

また、会話内容を文章にして記録することができるため、情報をリアルタイムで保存することも可能です。

しかし、時にはシビアな会話になることも多い電話窓口。
AIが実際に活躍できるのかという懸念を抱く方もいるかも知れません。
ですが、AIの対応は厳密に調節することができるため、相談員の経験などに左右されることがなく、
常に安定した案内が可能になるという強みもあります。

また、電話相談は実際に悩みを解決する手助けというよりも、耳を傾けることで心の荷を軽くしたり、
体の病気であれば適切な治療が行えるように案内を行うという側面が強いのが特徴です。

そのため、相手の話を根気強く聞き入れ、適した案内を選択して提供するといった場面では、AIは十分なポテンシャルを持っていると言えます。

これはメンタルヘルスにも当てはまることで、気軽に相談できるかつ、自分を否定せずに話を聞き入れてくれる存在は、場合によってはとても助けになる存在です。

なによりもどんなに優れた対応ができる相談員がいたとしても、相手に繋がらなければそのメリットは大幅に薄れてしまいます。
24時間・365日の間、いつでもひっ迫した状況に耳を傾けてもらえるという安心感の提供は、
それだけでも十分なホスピタリティたりえるものと言えるかもしれません。

 

まとめ

悩みを抱える場面の多い現代ですが、その程度は人により様々です。
気軽に不満を打ち明けたい人から、本格的に悩みを聞いてほしい人まで、潜在的には誰かに耳を傾けて欲しいと思う人は大勢いると考えられます。

ですが、医療や介護の現場にも導入が進んでいるAIは、これらのケースでも大きく貢献できるだけの能力を持っています。

とりわけ省人化や業務の効率化に取り沙汰されることの多いAIですが、
より多くの人の心を豊かにする技術としても、メンタルヘルスの分野では徐々に注目を集めています。

 

もしも、メンタルヘルスケアでお困りのことがあれば、気軽にご相談ください。

心の健康を保持・増進し、組織全体を支えることができるかもしれません。

メンタルヘルスさくらさん

 

0

【人工知能(AI)×家電】生活が便利で豊かになる!AI搭載の家電製品をご紹介前のページ

AIがアンチエイジング市場に大きなビジネスチャンスを生む次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. AI関連

    自動運転のメリット・デメリット

    最近、ニュースやCMなどで取り上げられており話題となってきている自動運…

  2. AI関連

    あなたの会社のRPAがうまくいかない3つの理由。幻滅期を乗り越えてRPAを利益化するには?

    「働き方改革」の追い風に乗って爆発的に普及した印象があるRPAですが、…

  3. AI関連

    人工知能(AI)でホテル業界の質向上を図ろう

    迫る2020年東京オリンピックに向けて、ホテル業界における「人手不足」…

  4. AI関連

    新しいユーザーインターフェイス(VUI)について考えてみる

    目次- Voice User Interface(ボイスユーザーイ…

  5. AI関連

    ボイズユーザーインターフェース(VUI)について

    概要一般的にユーザーインターフェース(UI)は、パソコンやスマート…

  6. AI関連

    業務効率化のために準備すべきこと

    最近、書籍やインターネットで業務効率化について取り上げられることが増え…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    こんなのアリなの!?世界で話題のプロモーション!
  2. Web関連

    正しいcanonical属性活用でGoogle評価を最適化!
  3. Web関連

    web制作に便利な iPhone アプリまとめ
  4. AI関連

    AIをブラックボックスにしないために〜透明性を確保するためには
  5. Web関連

    無料(フリーソフト)だけど高機能!人気・おすすめペイントソフト4選
PAGE TOP