AI関連

AI教師ロボットが誕生!?教育現場で人工知能が活躍する最新の学習サービスと導入事例

0

労働人口の減少によって、様々な業界において人手不足が問題になっていますが、
教育の分野においても同様の問題に直面しています。
そうした状況において、人間に代わって人工知能が教育を担当する可能性が注目されています。
AIを教育現場に投入することで、人手不足を補いながら効率的な教育サービスを施すことが可能になります。

未来世界の教師ロボットが現実になったケースなど、教育分野におけるAIテクノロジーの活用例をご紹介します。

kyouiku_180604.jpg

AIが生徒の苦手な問題を分析するサービスが登場

教育分野におけるテクノロジーの開発を行う企業が、人工知能を活用したタブレット向けの学習用アプリを開発しました。

AIによる適応学習のサービス提供を実現

生徒の理解度に応じて、必要な学習項目や問題の難易度などを最適化する学習方法のことを適応学習といいます。
このアプリでは、AIが生徒の特徴にあわせた適応学習のサービスを提供することを実現しています。

生徒の学習状況をAIが分析して問題を出題

解答までのプロセス、解答に必要なスピード、勉強中の集中力など、
生徒に関する様々な情報をAIが収集し、生徒が理解していない分野を把握します。
その後、理解が十分ではない分野に関する問題を
アプリが集中的に出題し続けることで、生徒の学習精度を高める働きをします。

短期間で学習を終える成果を達成

このアプリは小学校から中学校までの教科書に準拠した学習内容をデータとして内蔵しています。
前の学年の分野に躓きがあれば、AIがそれに気付いて弱点を補強するように出題を工夫します。
生徒の弱点を集中的に補完していく効率的な学習メソッドによって、
このアプリを導入した学習塾では、中学修了までの学習範囲を平均9ヶ月ほどで終えるという成果を達成しています。

人工知能を搭載したロボット教師が教えてくれる学校が登場

イギリスのロンドンにある小学校では、数学を教えるAI搭載のロボット教師が登場しています。

7cc3fce084220deb81a4b6ca5c3aedbb_s.jpg

300人の学習効果を搭載したAI

ロボットに内蔵された学習データは、300人の教師と学生のマンツーマンの学習プロセスから取得されたものです。
プロセスの中から成功事例を抽出して人口知能に学習させることで、
実際の教育現場に対応できる指導力を持ったAI教師が誕生しました。

学習機能によって更にレベルアップする

ロボット教師の特徴は、AIに搭載されている学習機能によって、ロボット自身もデータを吸収してレベルアップできることです。
学生に関するデータを収集し続けることで、ロボット教師の指導能力は継続的に高まっていきます。
例えば、ロボット教師の導入当初は、学生の理解範囲を超えるレベルの指導をしてしまう場合がありましたが、
データの学習を重ねることで、適切な指導をすることが可能になりました。

生徒の苦手意識をロボット教師が克服

ロボット教師は豊富な学習データを活用して学生と対話することで、最適な個人指導のサービスを実施することができます。
例えば、それまで数学に苦手意識を感じていた生徒がロボット教師と学習したところ、
数学に対する恐怖心が改善したとのことです。
ロボット教師の成果に注目が集まったことから、イギリスでは正規カリキュラムへの採用も検討されているそうです。

人間の先生のコーチングもしてくれる人工知能が登場

生徒の学習用カリキュラムを作成するだけでなく、
人間の教師をサポートする機能も搭載したAIによる学習サービスが実用化されています。

生徒の学習カリキュラムをAIが作成

生徒の学習状況をAIが分析し、苦手な部分を抽出します。
その後、苦手な部分を集中的に学習させるためのカリキュラムをAIが自動で作成してくれます。
例えば、ある問題に正解するために必要な公式を生徒が理解していない場合、
公式を理解して使いこなすための動画や例題をAIが抽出し、それらを組み合わせることで独自のカリキュラムを作成してくれます。

教師のコーチングもしてくれるAI

このAIサービスの大きな特徴は、生徒の学習をサポートするだけでなく、
人間の教師の指導力を高めるためのコーチング機能を備えていることです。
生徒の様子を人工知能が分析し、
そろそろ問題に正解するので褒める準備をしてください、などのメッセージを教師に通知します。
人工知能のアドバイスに従って生徒に対応することで、
人間の教師は生徒に対する指導力を自然に高めていくことが可能になっています。

まとめ

AIの技術を教育分野に活用することで、労働力不足を補いながら効果的な教育サービスを実施することが可能になります。
生徒の理解度に応じた学習サービスを提供するAI、小学校で数学を教えてくれるロボット教師、
教師のコーチングもできる人工知能、などが実用化されています。

AIさくらさんは、教育分野において活躍するための様々な機能を搭載した高性能な人工知能です。
日本語だけでなく、英語や中国語などに対応しているので、
大学や言語学校などにおいて留学生の学習をサポートする際の心強い味方になってくれます。
また、文章だけでなく音声による自然会話をすることもできます。
ネイティブな発音で返答をすることが可能なので、言語学習のためのAI教師としても活躍してくれます。
AIさくらさんはミクロとしての学習サポートだけでなく、マクロとしての進路相談もできるのが特徴です。
生徒の性格や興味などの情報を入力することで、生徒の適正にあったカリキュラムを選択する機能を備えています。

0

人工知能(AI)を活用したマーケティング効果向上サービスツールとは?前のページ

AIサービスが実現する、人工知能導入による業務効率化の達成方法次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる

関連記事

  1. AI関連

    AIチャットボットが向いている分野

    人工知能(AI)についての基礎知識がなくても、使いこなせるのがAIチャ…

  2. AIさくらさん

    【人工知能(AI)×広告】人工知能(AI)を活用した最新の広告手法とは

    【人工知能(AI)×広告】ティファナの新ソリューション・AIさくらさん…

  3. AI関連

    【人工知能(AI)×インバウンド】人工知能によるホテル業界のインバウンド対策

    【人工知能(AI)×インバウンド】あるホテルでは、AIを使ったインバウ…

  4. AI関連

    【テレワーク×AI】今後も続くであろうテレワークとどう向き合っていくのか

    「テレワーク」「リモートワーク」「在宅勤務」、ここ数ヶ月の内に一気に聞…

  5. AI関連

    AIとARが開くSFな未来が、すぐそこまで来てる!

    みなさんは「セカイカメラ」ってご存じでしょうか。2009年に華々し…

  6. AI関連

    人手不足とAI

    近年、日本の少子高齢化が進むに伴い、労働における人手不足が深刻な社会問…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. AI関連

    公園の安全な環境を人工知能(AI)で作ろう
  2. サービス・新技術

    「モノ」から「コト」へ。変わる購買理由。
  3. Web関連

    今からでも遅くない!ECサイトについて学ぶ ~ショッピングカート編~
  4. Web関連

    【Web制作を成功に導く】企業、商品・サービスブランディング、商品サービスの認知…
  5. AI関連

    今さら聞けないAR、VR、MR
PAGE TOP