AI関連

【人工知能(AI)×小売業】AIで小売業の未来が変わる!

0

最近、さまざまな業界で、何かと話題になっている人工知能ですが、実際のいろいろな現場でどのように活用できるの?
となると、まだまだ手探りな状態なのではないでしょうか。

今回は、小売業界で人工知能がどのように活躍できる可能性があるのかを探ってみたいと思います。

買いたいけど買えない、これは大きなストレスです

今の時代は、物が売れない、プロモーションしても人が集まらないなど、小売業業界の企業はどこも苦戦しています。

では、なぜこんなにも苦労しているのでしょうか?

消費者ニーズと業界の変化を辿っていくと、そこにはいくつかの以下のような問題点が見えてきます。

・買い物はネット通販が主流になり、店舗での集客に限界がある

・消費者ニーズが多様化しており、実店舗だけでは対応しきれない

・ショールーミングが当たり前になり、消費者は安価な通販サイトに集中しやすい
・SNSを活用した口コミ・レビューによる分析・戦略が必須になってきている

など、さまざまな課題があります。

しかし、これらを解決できれば、店舗やECサイトの売り上げが飛躍的に伸びる可能性が十分にあると言えます。

そして、これを実現するのが人工知能です。

では、人工知能でどんなことができるようになるのでしょうか?

d3bfbe53ae9057991c3ea6a43fc5ff413ca3ced2.png

え?個人情報を知られずに買い物ができるってどういうこと!?

まず、一番大きいのは、Web接客と店舗での多言語接客。

インターネットユーザーのコアタイムは夜がメインとなっていますが、そんな時間にECサイトで買い物をしようと思ったとき、

疑問や確認したいことがあっても、運営側は業務終了しているため、対応してもらうことができません。

でも、人工知能なら、24時間365日、休まず接客することが可能で、しかも日本語だけでなく多言語で対応してくれます。

また、さらには、Amazon Payと連携させることができ、わざわざ購入するサイトで自分の個人情報を入力したり、

決済情報の入力をしたりする必要がありません。

つまり、買い物をするサイト上で、個人情報を登録する必要が無いため、個人情報を知られることなく買い物ができる

というワケです。

人工知能が店舗やECサイトの売り上げを飛躍的に伸ばしてくれる

人工知能が接客してくれることで、いつでも好きな時に欲しい情報を得ることができ、欲しい商品を購入することが
できるようになります。

しかも、多言語対応してくれるため、外国人でも自由に日本の商品を購入することもできてしまいます。

さらには、購入は日本の店舗やECサイトで行い、受け取りは自国のコンビニで!なんてことも可能になるのです。

これって、とてもすごいことだと思いませんか?

特に、他国のECサイトで買い物をするときに個人情報を晒すのはとても不安が大きいと思いますが、個人情報を晒すことなく

買い物ができるようになると、ものすごく大きな安心感が得られるため、利用者が一気に増える可能性を秘めていると思います。

競合他社が人工知能を導入し、売り上げを伸ばす前に、早めの活用を検討してみてはいかがでしょうか?

0

就職活動解禁直前!知っておくとライバルに差をつけられるメールマナー前のページ

業務効率化のために準備すべきこと次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  3. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. AI関連

    【人工知能(AI)×コールセンター】人工知能で顧客満足度向上と業務効率化を同時に実現

    【人工知能(AI)×コールセンター】AIさくらさん =人工知能(AI)…

  2. AIさくらさん

    【人工知能(AI)×顧客満足度】ユーザーフレンドリーなWebサイト接客に欠かせないAIさくらさん

    【人工知能(AI)×顧客満足度】ユーザーフレンドリーな問い合わせ解決方…

  3. AI関連

    【Web最先端】Webサイト×人工知能×マーケティング

    人工知能、もしくはAIという言葉を最近よく聞くようになりました。…

  4. AI関連

    人工知能が音楽を創る時代!?最新のAIクリエイティブテクノロジーに迫る!

    世の中にAIという言葉が生まれたのは1958年。人間が行っている行動や…

  5. AI関連

    AIサービスが実現する、人工知能導入による業務効率化の達成方法

    AIを活用したシステムやサービスを導入することで、業務効率化を達成する…

  6. AI関連

    AIはエネルギー問題の救世主か、破壊者か?

    人工知能(AI)が稼働するためには電気が必要です。何らかのエネルギーで…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. AIさくらさん

    【人工知能(AI)×証券】ユーザーの不満を解消する人工知能型サポートサービス
  2. Web関連

    WEB制作・システム開発と迷惑メール対策について
  3. Web関連

    Webサイトの表記ゆれ。あなたは気にしますか?
  4. Web関連

    Web制作会社が考える品質管理で重要な3項目
  5. AI関連

    家計簿にAI機能搭載で便利になる!
PAGE TOP