AIさくらさん

【人工知能(AI)×リクルート】海外からの採用志望者を人工知能サービスで集める!

0

昨今、政府が外国人留学生を国内企業へ採用する動きを強めていることはご存知でしょうか?
2014年度に発表された日本再興戦略によりますと、
女性の活躍推進、若者・高齢者等の活躍推進と並び、外国人材の活用を進めることが記載されています。
日本での就職を希望する外国人の人数も年々増しており、
根強い日本企業への人気が見て取れます。
また、日本企業でも海外進出にあたり、「ネイティブな言葉を扱える人材を獲得したい、」「優秀ならば、出身・国籍問わず広く採用していきたい」といった意見が見受けられるようになりました。
今回は、そんな外国人向けの採用をいかに他企業より優位に進めていくかを考えてみたいと思います。

なぜ日本なのだろう?日本での就職を志望する理由は?

その前に、なぜ外国の方が日本での就職を目指しているのか理由を探ってみましょう。
…と、調べてみましたが、意外にも正確な数値や参照元を記載した結果が見つかりませんでした。
うーん、ネットで調べても答えが分からないというものがあるんですねぇ…。
項目のみになってしまいますが検索した結果、ちらほら見られた内容をご紹介しようと思います。
◆日本の文化が好き・興味がある。
◆所得が自国と比べて安定している・高い水準である。
◆グローバルなキャリアを積みたい。
◆結婚などで配偶者の国である日本に嫁いできた。
その他、たくさんの意見が見受けられました。
留学生として来日して、そのまま日本での就職を目指すという方もいれば、
留学後、帰国したが日本の良さが忘れられずに再度就職を目的として来日する方や、
思いがけないきっかけで来日する方もいるようですね。
また、日本では海外からやってくる留学生へ奨学金を全額負担するケースもあるため、
日本自体に興味はないけど奨学金が魅力的で留学先に選ぶケースや、
英語で受ける授業のみで単位や学位が取得できる学校が数多くあるため、
日本語はさっぱり分からないけど卒業できるといったパターンもあるようです。

みんなどこから来るの?出身国別での志望者は?

一口に外国人と言っても、世界には165もの国が存在しています。
その内、日本での就職を希望している方はどんな国からやってきているのでしょうか?
こちらもざっと調べたところ、下記のような結果になりました。
◆中国
◆韓国
◆ベトナム
他にも少数ながらヨーロッパ各国やアメリカといった国も見受けられました。
やはり近隣であるアジアの国から日本に来たいという方が多いようですね。

こんな多言語に対応できない!そんな時はAIさくらさんにお任せ!

ここまでの情報をまとめると、どうやら外国人を採用するためにこれといった言語や特徴はなく、
多くの言語でのアピールを行う必要があることが伺えます。
東南アジアの国々で多く使われている英語はもちろんのこと、
日本への就職希望者が多い中国語、韓国語は必須になるでしょう。
ヨーロッパ諸国の言語も国によって細かく分かれています。
かと言って、こんなに多くの言語に精通している方がいる会社さんも珍しいのではないでしょか?
また、各言語別に採用サイトを準備するのも、予算的に厳しいものがあるはず。。
そんな時はAIさくらさんにお任せください!
AIさくらさんは採用希望者からの質問に対して、文字と音声の2パターンで返答を行います。

例えば、中国のAさんが採用フローについて質問したいとき、AIさくらさんに質問したいことを打ち込んでもらうと
まるで画面の向こう側に人が待機していたかのような速さと正確さで返答が行われます。

これは、あらかじめAIさくらさんにFAQの内容を登録しておき、何回かのテストを行なったうちに
人工知能が「この問いにはこう返す」「この問いが来たら、直前の問いと合わせて考えると、この人が欲しいのはこんな内容の返答」と学習していくため、まるで人が答えているかのようなスムーズなコミュニケーションが可能になります。

また、文字だけではなく、音声でのやり取りも可能となっており、
一言で中国語と言っても北京語や広東語、フランス語と言っても本国のフランス語、カナダ訛りのフランス語と、
更に各国に合わせた言語設定が可能となっているため、使用できる国の範囲が広がります。

このAIさくらさんさえあれば沢山のリクルートサイトを制作したり、管理する必要がなくなりますね!
来たるグローバル時代に備えて今からAIさくらさんの学習を始めておけば、あなたの会社が人材確保で困ることはなくなります!
既に何社か導入を始めていますので、詳しいお話しが聞きたいという方はぜひお気軽にお問い合わせください!

0

どうなるVR競争?GoogleがVRゴーグル開発から撤退前のページ

CEOからの怪しい内容のメールにはご用心次のページ

ピックアップ記事

  1. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. AIさくらさん

    【人工知能(AI)×インバウンド】超えられない言葉の壁をAIさくらさんが解決

    【人工知能(AI)×インバウンド】近年注目されている日本のオタク文化。…

  2. AI関連

    飲食サービス業界のルーチンワークを人工知能(AI)で削減

    飲食サービス業の「人手不足」の問題と「離職率」の課題を、人工知能(AI…

  3. AI関連

    キャッシュレス決済で財布を持たずにお出かけできる時代がきた!

    みなさんは、キャッシュレス決済を活用されていますか?それとも現金派です…

  4. AI関連

    家計簿にAI機能搭載で便利になる!

    みなさん家計簿ってつけていますか?私は、つけていません。なぜならめ…

  5. AI関連

    デジタルシフトの波に乗れ!AIが人材不足の悩みを解決!

    現在AI(人工知能)というワードは当たり前に使われつつあり、AIを業務…

  6. AI関連

    人工知能(AI)を活用したマーケティング効果向上サービスツールとは?

    マーケティング業務に最新のAIテクノロジーを導入することで、煩雑なデー…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    WordPressを使った簡単なオリジナル(っぽい)フォトブログ制作2
  2. AI関連

    【人工知能(AI)×冠婚葬祭】24時間365日、人工知能でお客様へ手厚いサポート…
  3. SEO関連

    今更聞けないSEOについて知ろう!
  4. SNS関連

    Web制作会社がアパレル業界のSNS戦略について調査してみた
  5. Web関連

    企業の信頼性向上をCSRにより図りたい
PAGE TOP