AI関連

人工知能(AI) がデジタルマーケティング分野で期待される理由

0

昨今、人工知能(AI)がものすごい勢いで、さまざまな分野に活用され始めてきています。

実際、「人工知能」というキーワードは2016年に入ってから急激にトレンドを掴むようになってきています。

よくメディアでもチェスや囲碁などの世界で人工知能が人間を打ち負かすというニュースが話題になるぐらい、人工知能が賢くなってきています。最近では戦闘機にAIを搭載させ空中戦をシミュレーターで戦わせたようですがベテランのパイロット(人間)は惨敗だったようです。

医療分野にも活躍の幅を広げており、AIにより病名をわずか10分で見抜き正しい治療法を受けて命を救うという例も出てきているようですから、人工知能を使うことで今まで不可能だった新しい試みが今後増えていくことが予想されます!

今回はこの「人工知能」がデジタルマーケティングの世界ではどのように活用されていくのかについて紹介してきたいと思います。

ビックデータがあることで人工知能は活かされる

人工知能が我々、人間よりも優れている部分はどこであるのか。
そのことから先ずは考えていきましょう。

人工知能=機械なのだから何でも万能かといえば、まだそうではなく大量なデータ群を「識別」したうえで、そこから特徴や傾向などをもとにその先で起こり得ることを「予想」してくれる部分、ここが人間より優れています。
更に、その処理能力の精度がとてつもなく速くて正確だということは、人工知能のほうが圧倒的に優れているといえるでしょう。

この大量なデータ、つまりは「ビックデータ」という部分が重要です。

膨大な量のデータから関連性や傾向などを我々が時間や人をかけながらトライアンドエラーを繰り返せば正解にたどり着くことも出来るかと思います。
しかしながら「Web」は目まぐるしいほどのスピードで、改善を繰り返していかなければならない場所であるため、人の手を増やすよりもテクノロジーを活用したほうが効率が良くなります。

では、ビッグデータを人工知能の活用でどのようなことが出来るのかを見ていきましょう。

洋服探しも人工知能AIが見つけてくれる

AIの画像識別に関する技術もディープラーニングと言われる方法によって精度が飛躍的に上がってきたと言われています。
どういう事かというと、今までの学習方法は人間がそのものの「特徴」つまりは色やかたちなどの微妙な違いを定義してあげなければ人工知能も理解は出来ませんでしたが、このディープラーニングでは大量のデータから細かな特徴、パターンを識別させることができるようになり、対象物の「特徴」を人工知能が分析して似通ったものがどれであるかなども容易に当てることが出来るようになりました。
実際に、海外ではすでに下記のように撮影した写真から同じような洋服を検索して表示させるというアプリが出てきているようです。

ai_yokoyama02.png

投資、資産運用も人工知能AIにお任せ

金融業界に関しても、今後は人工知能を活用した新サービスを取り入れていく可能性は高まると思います。

今までの取引状況やマーケット情報、業界情報などのさまざまなデータと掛け合わせることで、今後起きることを予測したうえでユーザーにあった資産活用の提案や投資に関するアドバイスを提案に活かすことが可能になるのではないでしょうか。

すでにそうした取り組みは以下のサービスで進められているようです。

ai_yokoyama03.png

人工知能AIによりWeb完結型のサポートセンター

人間が入力する文章や話す言葉も人工知能が理解することも可能になってきました。
多くの企業では、顧客からの問い合わせの質問に対して対応する時間にかなりのコストを使っていると思います。

Webサイトに「よくある質問」というコンテンツを設けて、なるべくWeb上で悩みを解決してもらいたいというのが企業側の希望ではないでしょうか。

多くの質問と答えを人工知能に学習させれば、顧客がWebで質問を投げかけるだけで適切な答えが一発で返ってくるというやり方もできるようになります。
また、どのような質問が多いのかも記憶させておけば、どんなことで困っているのかなどトレンドを掴むこともできるようになります。

この自然言語処理においては、東京電力でも下記のように取り組みを進めていたりしています。

ai_yokoyama04.pngまとめ

ビッグデータを人工知能AIに学習させることでさまざまな分野で今後も新たな取り組みが生まれていくことが予想されます。

特にデジタルマーケティング分野では、このビッグデータが集まりやすい状況のためアイデアひとつで業界の常識を大きく変えることもできる可能性を秘めています。

海外の動向も踏まえて、今後も紹介しておきたいと思います。
それでは今日はこのへんで。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

マーケティングオートメーション
アンノウンマーケティング

0

【人工知能・AI×Webサイト運営】誰だか分からないユーザー情報を集めて、サイト運用のPDCAを回そう!前のページ

「一度だけ客」をリピーターに変身させる方法(3)次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. AI関連

    人工知能が音楽を創る時代!?最新のAIクリエイティブテクノロジーに迫る!

    世の中にAIという言葉が生まれたのは1958年。人間が行っている行動や…

  2. AI関連

    改めてキャッシュレス決済を考えてみる

    2019年10月からの消費税率引き上げに伴い始まったキャッシュレス消費…

  3. AI関連

    AIチャットボットが使われる理由

    人工知能(AI)の認知率が90%を超え、AIチャットボットの利用率も着…

  4. AI関連

    AI搭載ドローンが人の命を救う時代に

    ドローンの民間利用が本格的に始まったのは1990年代からです。軍事利用…

  5. AI関連

    【人工知能(AI)×EC・アパレル】ECサイトの常識を覆す!人工知能会話型エンジン

    【人工知能(AI)×アパレル】よく見かける「よくあるご質問(FAQ)」…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    最近よく聞くセルフサービスBIについて調べてみた
  2. Web関連

    【Web制作会社が考える】いまでは良い思い出・・・ってい言いたいIE6
  3. Web関連

    あの定番セキュリティ対策に根本的な脆弱性!? 実は危険な「秘密の質問」
  4. Web関連

    モバイルフレンドリーについて
  5. Web関連

    コーポレートサイト制作のコンテンツ群の中でも日陰な存在とは?
PAGE TOP