AI関連

自動運転のメリット・デメリット

最近、ニュースやCMなどで取り上げられており話題となってきている自動運転ですが、自動運転とは何か詳しく話せる人は少ないのではないのでしょうか。
今回は自動運転とは何か、また自動運転のメリット、デメリットを紹介していきたいと思います。

自動運転とは何か

自動運転とは実は、世界的に定義が統一されておりません。
日本では自動化のレベルによって定義されており、レベル0〜レベル5までの6段階があります。
レベル0が常にドライバーが操作を行わなければいけないのに対し、レベル5は完全自動運転として定義されており、レベルが上がるにつれて自動化がされていくということになります。
レベル0〜2は人が主体となり、レベル3〜5はシステムが主体となります。
現在、日本では車間距離を一定に保ってくれる、車線を判断して直線の道や緩やかなカーブを曲がるといったレベル2が実用化されています。
海外ではアウディのA8が限定的な環境下、交通状況によって自動化してくれるといった車もありますが、日本ではレベル2までが法律で走行を許可されているので、グレードダウンして販売されています。
日本政府は2025年を目途にレベル5の完全自動運転を目指すとしています。
レベル5の実用化はまだありませんが、アメリカの自動車会社であるテスラのCEOであるイーロン・マスクは2020年にもレベル5の自動運転を可能にする。といっており、そう遠くない未来に完全自動運転が実用化されるかもしれません。

自動運転のメリット

自動運転の車の普及により、見込まれているメリットは下記になります。
1.交通事故の減少
2.渋滞の緩和
3.二酸化炭素の削減
1.交通事故の減少
現在発生している交通事故の要因は、判断ミスや前方不注意、脇見運転、居眠り運転など運転手の心身の状況によるものがほとんどとなっています。
自動運転は360度全方位の状況をカメラやセンサーで読み取ることにより、瞬時に適切な回避行動をとることが可能となっています。
反応速度は人間よりも遥かに高いことから、起こるはずだった交通事故も未然に防ぐことが可能です。
2.渋滞の緩和
自動運転は他車との連携をとり、道路状況の把握やルートの自動設定もできますので、人間が運転するよりも正確な車両の制御が可能となり大幅な渋滞の緩和が期待できます。
3.二酸化炭素の削減
自動運転になることによって車の燃費効率を最大限にまで高めることができ、有害ガスの排出を抑えることができます。
上記であげた3つが自動運転による大きなメリットとなりますが、その他にも最近問題となっている煽り運転の減少効果や、運転手が必要なくなることから運送業界での人手不足の解消といったメリットもあります。

自動運転のデメリット

自動運転の車の普及より、起きるとされているデメリットは下記になります。
1.事故発生時の責任問題
2.システムのトラブルやハッキングの問題
3.事故不可避時の判断
1.事故発生時の責任問題
人間が運転していた時に事故を起こしてしまった場合は当然運転手の責任となりますが、自動運転のシステムに任せて運転していた時に事故を起こしてしまった場合、責任の所在が運転手にあるのか、自動車メーカーもしくはソフトウェアメーカーにあるのかといった問題が出てきます。
今後は、どこまでが運転手の責任でどこからがシステムの責任なのかを明確に示す法整備を行っていく必要があります。
2.システムのトラブルやハッキング問題
自動運転はシステムで制御されているため、システムの不具合が発生すると予期せぬ事故などを起こしてしまう可能性があります。
大袈裟かもしれないですが、システムをハッキングしてわざと事故を起こしたりするなどのことが可能となり、テロや犯罪行為に使用されることもあるかもしれません。
3.事故不可避時の判断
自動運転が事故を起こす確率は必ずしも0%ではありません。
歩行者が右に複数人、左に1人だったケースでシステムが事故を避けきれないと判断した時、システムがどのように動くのか分かりません。
責任が複数人よりも1人の方が小さいと判断をして1人の方へハンドルをきる可能性もあります。
この問題は道徳的な問題と絡んでしまいなかなか解決できる問題ではないと思います。
いかがでしたでしょうか。
自動運転はどのようなものかということや、そのメリット・デメリットを紹介しましたが、他にも自動運転に関する情報はたくさんあります。
必ずしも自動運転の車が人の運転する車よりも良いとは限りません。
自動運転を普及させるためには、自動運転の車に適応した法律にするため現在の法律を見直す必要があり、自動運転には自動運転なりの解決しないといけない問題がたくさんあります。
しかし、自動運転が普及することによって今まで起きていた交通事故を減らすことができるなど、良いこともたくさんあります。
長距離の運転に疲れることなく同乗者と会話などを楽しみ目的地に向かうといったことも可能となり、今まで以上に旅行などを楽しむ機会が増えることもあるかもしれません。

会計・経理処理をAIでスピーディーに効率よくしよう前のページ

【SDGs】いつでもどこでも質の高い教育は受けられる次のページ

ピックアップ記事

  1. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  2. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  3. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  4. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…

関連記事

  1. AI関連

    ユーザーからみたAIチャットボット|メリットとデメリット

    人工知能(AI)を活用したチャットボットの利用や場面から、そのメリット…

  2. AI関連

    人工知能×Webがもたらす未来を予測してみた

    最近になってよく耳にする言葉のひとつに「人工知能(AI)」と言われてい…

  3. AI関連

    【ホームページ制作】採用はもうAI(人工知能)がやれば良い。

    巷ではAI(人工知能)の進化、活用が話題になっていますね。弊社でも…

  4. AI関連

    広告作成の効果測定や分析は人工知能(AI)とRPAにおまかせ

    広告を効果的に打つ為には、効果測定と分析を行うことが必要になります。で…

  5. AI関連

    無人コンビニとAI|省人化をAIは進めることができるのか?

    無人コンビニを人工知能(AI)の活用によって実現しようとする動きが日本…

  6. AI関連

    オフィスを快適に! IoT×人工知能(AI)の活用方法

    スマートホームなど、住宅のIoT化が進んでいる中、職場での環境を変える…

おすすめ記事

最近の記事

  1. DX(デジタルトランスフォーメーション)・デジタルシフトへの…
  2. テレワークだけでは足りない?デジタルシフトなど、アフターコロ…
  3. デジタル化が旅行・観光業を救う!?ウィズコロナ・アフターコロ…
  4. 非接触がこれからの常識。ウィズコロナ・アフターコロナはIoT…
  5. キャッシュレス決済はウィズコロナでのウイルス対策に繋がってい…

アーカイブ

  1. Web関連

    オンリーワンと地道なチューニング
  2. Web関連

    空腹注意! 飲食業界に関わって学んだこと!
  3. Web関連

    時間を忘れて楽しめる!無料診断サイトまとめ
  4. Web関連

    今さらながらノマドワーカーについて思う事
  5. Web関連

    webに張り付きで疲れている担当者にオススメ!ドクターフィッシュに会いに行こう!…
PAGE TOP