AI関連

AIは人間の仕事を奪いにやってきたターミネーター!?

大ヒット映画「ターミネーター」は、人間が開発したロボットが意思を持ち、やがて自我に目覚めて人間を攻撃し始め、人間vsロボットの戦争が起こるというストーリーでしたが、今話題のAIってそんなコワイものなのでしょうか?
このままAIが発達していくと、人間が仕事を奪われてしまい、失業者が大量発生するのでは?といった類の話はよく耳にすると思います。
「AIの発達により、なくなる仕事と残る仕事」という内容の書籍やサイトも山ほど登場しており、論調的には、AIは人間の仕事を奪ってしまう侵略者かのようなものまであります。
では、本当にAIが発達すると、人間の行く末は、仕事を奪われて失業し路頭に迷うしかない・・・ということになってしまうのでしょうか。
今回は、そこを考えてみたいと思います。
が、その前に、まずはAIというもの自体の理解から始めましょう。
イメージが湧きやすいように、AIをいくつかに分類してみます。

特化型AIと汎用型AI

まずは、世の中に普及し始めているAIにはどのようなものがあるのかを見てみましょう。
AIには、大きく分類すると、特化型AIと汎用型AIがあります。
特化型AIは、特定の作業に特化して能力を発揮するAIです。たとえば、車や機械の自動運転や、将棋・チェスなどが挙げられます。
汎用型AIは、特定の作業だけでなく、人間と同等もしくはそれ以上の汎用能力を備えたAIです。学習したプログラムを応用して、いろいろな作業に幅広く対応ができます。
このふたつで見ると、世の中に普及し始めているAIの殆どは、特化型AIのほうです。

バーチャルAIと物理的AI

AIをビジュアルで分類すると、バーチャルAIと物理的AIに分けられます。
バーチャルAIとは、物理的なものとしては存在していないAIです。たとえば、アニメーションキャラクターのAIや、自動運転や将棋AIなどの技術を指すAIなどが挙げられます。
物理的AIとは、物理的に存在しているAIです。たとえば、ロボットや機械などの形をしており、そのもの自体が動いて仕事をこなします。

どんな仕事が奪われて、どんな仕事が奪われないのか?

では、本題に戻ります。
「仕事を奪われる」と言うとイメージはあまり良くないですが、実際に、AIが導入されることによって、人手があまり要らなくなるような仕事もあります。
たとえば、車の自動運転がしっかり普及すると、タクシー運転手や運送業のドライバーなどは、AIが代替えするため、「AIに仕事を奪われる」というイメージを持たれるかもしれません。
また、医師や弁護士といった職業でさえもAIに仕事を奪われる、とまで言われています。
AIが代替えできると言われているのは、以下のような仕事が挙げられます。

IC生産オペレーター、一般事務員、鋳物工、医療事務員、受付係、AV・通信機器組立・修理工、駅務員、NC研削盤工、NC旋盤工、会計監査係員、加工紙製造工、貸付係事務員、学校事務員、カメラ組立工、機械木工、寄宿舎・寮・マンション管理人、CADオペレーター、給食調理人、教育・研修事務員、行政事務員(国)、行政事務員(県市町村)、銀行窓口係、金属加工・金属製品検査工、金属研磨工、金属材料製造検査工、金属熱処理工、金属プレス工、クリーニング取次店員、計器組立工、警備員、経理事務員、検収・検品係員、検針員、建設作業員、ゴム製品成形工(タイヤ成形を除く)、こん包工、サッシ工、産業廃棄物収集運搬作業員、紙器製造工、自動車組立工、自動車塗装工、出荷・発送係員、じんかい収集作業員、人事係事務員、新聞配達員、診療情報管理士、水産ねり製品製造工、スーパー店員、生産現場事務員、製パン工、製粉工、製本作業員、清涼飲料ルートセールス員、石油精製オペレーター、セメント生産オペレーター、繊維製品検査工、倉庫作業員、惣菜製造工、測量士、宝くじ販売人、タクシー運転者、宅配便配達員、鍛造工、駐車場管理人、通関士、通信販売受付事務員、積卸作業員、データ入力係、電気通信技術者、電算写植オペレーター、電子計算機保守員(IT保守員)、電子部品製造工、電車運転士、道路パトロール隊員、日用品修理ショップ店員、バイク便配達員、発電員、非破壊検査員、ビル施設管理技術者、ビル清掃員、物品購買事務員、プラスチック製品成形工、プロセス製版オペレーター、ボイラーオペレーター、貿易事務員、包装作業員、保管・管理係員、保険事務員、ホテル客室係、マシニングセンター・オペレーター、ミシン縫製工、めっき工、めん類製造工、郵便外務員、郵便事務員、有料道路料金収受員、レジ係、列車清掃員、レンタカー営業所員、路線バス運転者
引用元:『日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能に~ 601 種の職業ごとに、コンピューター技術による代替確率を試算 ~』/2015年12月2日/株式会社野村総合研究所/(https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/news/newsrelease/cc/2015/151202_1.pdf)より抜粋

要は、人間がやるよりもAIのほうが正確に実行できて間違いがなく、効率が良いルーティンワークがある仕事です。計算したり、文字入力したりなどのデスクワークは、人間よりもAIのほうが正確で向いていると言われています。また、人間がいなくてもすべての作業をこなせてしまうような仕事は、おそらくAIに替わっていくでしょう。
逆に、AIがとって替わりづらいと言われているのは、以下のような仕事が挙げられます。

アートディレクター、アウトドアインストラクター、アナウンサー、アロマセラピスト、犬訓練士、医療ソーシャルワーカー、インテリアコーディネーター、インテリアデザイナー、映画カメラマン、映画監督、エコノミスト、音楽教室講師、学芸員、学校カウンセラー、観光バスガイド、教育カウンセラー、クラシック演奏家、グラフィックデザイナー、ケアマネージャー、経営コンサルタント、芸能マネージャー、ゲームクリエーター、外科医、言語聴覚士、工業デザイナー、広告ディレクター、国際協力専門家、コピーライター、作業療法士、作詞家、作曲家、雑誌編集者、産業カウンセラー、産婦人科医、歯科医師、児童厚生員、シナリオライター、社会学研究者、社会教育主事、社会福祉施設介護職員、社会福祉施設指導員、獣医師、柔道整復師、ジュエリーデザイナー、小学校教員、商業カメラマン、小児科医、商品開発部員、助産師、心理学研究者、人類学者、スタイリスト、スポーツインストラクター、スポーツライター、声楽家、精神科医、ソムリエ、大学・短期大学教員、中学校教員、中小企業診断士、ツアーコンダクター、ディスクジョッキー、ディスプレイデザイナー、デスク、テレビカメラマン、テレビタレント、図書編集者、内科医、日本語教師、ネイル・アーティスト、バーテンダー、俳優、はり師・きゅう師、美容師、評論家、ファッションデザイナー、フードコーディネーター、舞台演出家、舞台美術家、フラワーデザイナー、フリーライター、プロデューサー、ペンション経営者、保育士、放送記者、放送ディレクター、報道カメラマン、法務教官、マーケティング・リサーチャー、マンガ家、ミュージシャン、メイクアップアーティスト、盲・ろう・養護学校教員、幼稚園教員、理学療法士、料理研究家、旅行会社カウンター係、レコードプロデューサー、レストラン支配人、 録音エンジニア
引用元:『日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能に~ 601 種の職業ごとに、コンピューター技術による代替確率を試算 ~』/2015年12月2日/株式会社野村総合研究所/(https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/news/newsrelease/cc/2015/151202_1.pdf)より抜粋

AIが人間にとって替わることができないのは、斬新な発想や人間の経験や知見を基にした難しい判断が必要な仕事です。物理的・論理的なものではなく、たとえば芸術や哲学など、いわゆる抽象的なものは、AIが実行することは難しいと言われています。

AI「仕事を奪う」のではなく、「仕事を豊かにしてくれる」存在

前章で述べたように、AIが人間に代わって多くの仕事を担ってくれるようになっていくことは明白ですが、AIが人間の代わりをできる仕事は増えていくとしても、全てがAIに変わってしまうというわけではありません。人間とAIは、対立する存在ではなく、共存していく存在なのです。
人間だけでは人手が足りないところを助けてくれて、人間の経験や知見が必要とされるところに、必要な人員を割くことができるようになるのです。
人手が足りず業績が落ちてしまっていた企業でも、AIの導入によってこなせる業務が増えたことで、業績アップが見込めるかもしれません。
「AIに仕事を奪われてしまう」とネガティブに考えるのではなく、AIをうまく使いこなし、共存する方法を考えてみるのも楽しいことかと思います。

世界を変える17のゴール!ちょっとかっこいいSDGsのあれこれ前のページ

採用にもテクノロジーを!次のページ

ピックアップ記事

  1. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. AIに求められているものは、実は意外な物だった
  4. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる

関連記事

  1. AI関連

    テレワークで働き方改革?

    #目次___- コロナウイルスとテレワークについて- テレ…

  2. AI関連

    気付いてますか?ビジネスで愛されるタブレット端末

    世の中はタブレット端末で溢れている今や当たり前になったタブレット端…

  3. AI関連

    【必見】デキる人は使ってる!WBSを活用してスマートなタスク管理をしてみませんか?

    どうも、自粛太りに焦り、最近筋トレを始めたAIコンサルの淺井です。…

  4. AI関連

    働き方改革と企業が持つ問題を解決する新たな技術

    働き方改革と現在の状況・現在の実情近年、長時間労働などが問題視され…

  5. AI関連

    自動運転のメリット・デメリット

    最近、ニュースやCMなどで取り上げられており話題となってきている自動運…

  6. AI関連

    5G(第5世代移動通信システム)の影響

    5G(第5世代移動通信システム)は、有線LAN市場にどのような影響を与…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 意外と身近なVUI~必要なのはあなたの声だけ~
  2. ここまで来た!ARが魅せる未来
  3. キャッシュレス決済で財布を持たずにお出かけできる時代がやって…
  4. 「モノ」から「コト」へ。変わる購買理由。
  5. 家で学ぼう

アーカイブ

  1. サービス・新技術

    凄すぎた!CES2020に登場したVRゴーグル
  2. Web関連

    【Web制作】Googleが推奨するレスポンシブはホントにいいの?「レスポンシブ…
  3. Web関連

    地方移住×ローカルWEBメディア
  4. Web関連

    コンバージョンを上げるABテストとは!?
  5. Web関連

    【Web制作】モバイルファーストとは?スマホが手放せない現代でのWeb設計
PAGE TOP